アイソレを入れつつ、サイドステップで歩く【ダンス基礎】

アイソレを入れつつ、サイドステップで歩くとは

アイソレーションと歩く動きって、どういう関係があるの?

という疑問に、簡単に答えさせていただきました。

アイソレを入れつつ、サイドステップで歩くと良いです

アイソレーションはアイソレーションで、歩く動きは歩く動きでって別々に練習している人は、少し考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、歩きながらアイソレーションできると、その動きはそのままダンスの動きになるからです。

もっと突っ込んだ話をすると、歩きながらアイソレができるようになれば、ヌルヌルっと動けるようになりますよって話です

じゃあどうしたらよいかと言うと、サイドステップで前後に歩きながら、アイソレを入れると良いです

サイドステップで肩が前後に動いてしまう人は、体幹がぶれている証拠です。

胸をグーッと張って、胸を張ったままサイドステップをやってみましょう。

アイソレーションができない人は、身体が固い証拠です。

首のアイソレ、胸のアイソレ、腰のアイソレを、地道に練習していきましょう。

さらに言うと、体幹をぶらさずに歩ける人、アイソレはきちんとできる人、それぞれ個別にはできる人がいるかと思いますが、両方を合わせたときにできないのは、もったいないですよって話です

はっきり言うと、アイソレがきちんとデキる人は、サイドステップで体幹をぶらさず動く練習をすれば、わりと早い段階で、アイソレしながらサイドステップで歩けるようになるかと思います。

そして、アイソレがきちんとできない人は、地道に練習して、身体をパーツごとに動かせるようになっていくと良いです。

何が言いたいかと言うと、サイドステップで歩きながら、アイソレができると、歩く動き自体がそのままダンスになっていき、ダンスの基礎レベルが上がっていき、どんなジャンルでも対応できるようになるって話です

アイソレしながら歩く動きは、ジャズダンス、ワックダンス、ラテンダンス、kpopダンスなど、幅広いジャンルに使えます。

もっと言うと、三浦大知さんと一緒に仕事をされているダンスグループのシットキングスなども、歩きながらのアイソレーションをきちんとこなされてますので、どんな動きをしていても美しいですよね。

まとめると、サイドステップで歩きながら、アイソレーションをできるようになると、歩く動きがそのままダンスになりますよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です