軽いアイソレーションは、ボディーケアに使える【ダンスのためのフィジカルケア】

軽いアイソレーションは、ボディーケアに使えるとは

ダンスのアイソレーションとボディーケアって、どういう関係があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

軽いアイソレーションを、ボディーケアに使うと良いです

アイソレーションって身体に負担がかかって良くないって思ってる人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、軽い動きのアイソレーションは、身体のコンディションを良くしてくれるからです

もう少し突っ込んだ話をすると、アイソレーションをしなりよりも、アイソレーションを習慣的にしている方が、身体の状態は良い方向に向かいますよって話です。

例えば、ちょっとだけ肩に違和感が出そうな予感がするときってありますよね

このままだと、明日以降に肩が痛くなりそうっていう予兆です。

そのときにどうしたらよいかと言うと、軽く肩のアイソレーションをしてみると良いです。

具体的に何をするかと言うと、

  • 立ったまま
  • 座ったまま
  • 座って両手を床につけた状態
  • 床に膝を付けた腕立て伏せの姿勢

などの姿勢で、肩を前回しに回したり、後ろ回しに回してみて下さい。

ちょっとした違和感だったり、違和感が出そうな予兆がしたときに、今お話した肩のアイソレーションをやることで、翌日以降も肩を痛めることなく普通に過ごすことができるかと思います

さらに言うと、筋肉痛でもないのに肩の痛みや違和感が出るのは、筋肉の緊張状態が解けずに、翌日以降も緊張が継続してしまっているからです。

何が言いたいかと言うと、筋肉が緊張状態になって緊張が解けないまま過ごしてしまうと、翌日以降に痛みなどの違和感として肩に不快な症状が出てしまうので、事前に肩のアイソレーションをして、筋肉の緊張を解してあげると良いですよって話です

まとめると、肩を含めた身体のパーツに違和感が出そうなときは、その部分を軽くアイソレーションさせて、筋肉の緊張状態を解いてあげると良いですよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です