膝に優しい動きを心がける【ダンスのためのフィジカルケア】

膝に優しい動きを心がけるとは

ダンスと膝のケアって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

長くダンスを続けていきたいなら、膝に優しい動きを心がけると良いです

膝を使った動きをずっとやり続けていて膝を痛めがちな人は、行動を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、膝を使った動きをやりすぎると、膝が慢性的に疲労して、膝を故障してしまう可能性があるからです

もっと突っ込んだ話をすると、膝を使った動きを普段からずっとやってると、常に膝に負荷がかかり続けているので、ちょっとした動作のときなどに、膝を痛めやすい状態になってますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、膝に優しい動きを心がけると良いです

例えば、チャールストンやクラブステップの動きは、やりすぎないようにしましょう。

補足

自分は、チャールストンやクラブステップをたくさんやってるけど、膝なんてなんともないよって人は、この記事を読まなくても良いかと思います。

どうぞ、ご自身の練習スタイルを続けていって下さい。

何が言いたいかと言うと、膝をひねる動きっていうのは、長時間継続的に毎日のようにやっていくのは、人体の構造上よろしくないですよって話です。

はっきり言うと、チャールストンもクラブステップも、早い動きに対しての膝のひねりを使っているパターンが多いので、動作的に膝にものすごく負担がかかりやすいと考えてもらって良いです

強いて言うなら、振り付けとして、チャールストンやクラブステップが入っているなら、振りの流れの一つとしてやるくらいでちょうど良いかと思います。

補足

チャールストンやクラブステップが好きで、そればっかりやりたいんだよって人は、この記事を読まなくても良いかと思います。

どうぞ、得意な膝をひねる動きを、ご自身のスタイルとして続けていって下さい。

まとめると、長い人生を通して、ダンスをずっと踊り続けていきたいなら、膝を使った動きをあまり頑張り過ぎずに、膝に優しい動きを心がけると良いですよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です