引きこもりの人へ【人生の悩みとダンスの関係】

引きこもりの人へとは

引きこもりの人とダンスって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

引きこもりの人は、ダンスをすると良いです

引きこもっていて何もすることがなくて無気力な人は、少しずつ行動を変えていくと良いです

なぜかと言うと、引きこもってしまうと、現状を維持しようとする力が働いて、何もしたくなくなってしまうからです

もっと突っ込んだ話をすると、人間は現状を変えようとすると、遺伝子レベルで拒否反応を起こすので、引きこもれば引きこもるほど、さらに引きこもりが加速してしまいますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、引きこもりになってしまった人は、ダンスのアイソレーションをすると良いです

例えば、首を前後左右に動かしてみて下さい。

首が後ろに動かせない人は、首周り・肩周りが固い証拠です。

首を柔らかくするストレッチをやっていきましょう。

そして、首を左右に動かせない人も、首・肩・胸が固いです。

首の左右の動きに関しては、首を左右に動かしていくことで、少しずつ首周りを柔らかくしていきましょう。

何がいいたいかと言うと、引きこもってる人は、膨大な時間を持て余してるので、首のアイソレーションをずっと練習したら、首が動かせるようになって、いつのまにか普通の人ができない身体の使い方ができるようになリますよって話です。

もっと具体的に言うと、首を動かせるようにして、胸を動かせるようにして、腰も動かせるようになると、自分の身体が徐々に動くようになり自信がついてきて、身体を動かしていると徐々に人間はやる気ホルモンが出てくるので、もっと他のことにも挑戦する気持ちが生まれてくるよってことを覚えておいて下さい

補足

なぜ首・胸・腰を動かせるようにする練習が良いかと言うと、その場から動かなくて良いので、どこでも練習できるからです。

そして、普通の人は、首も、胸も、腰も固いので、ほとんど動かすことができません。

何がいいたいかと言うと、引きこもって、せっかく時間を持て余しているのなら、ダンスのアイソレーションを暇つぶしにずーっとやっていくと、普通の人よりも時間に余裕があるので、早い段階でアイソレーションがきちんとできるようになりますよって話です。

補足

アイソレーションとは、身体のパーツを、パーツごとに独立させて動かしていく動作のことを言います。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です