踊れていない自分の動画を撮影して、先生や先輩に見てもらう【ダンス上達のためのレベルアップ理論】

踊れていない自分の動画を撮影して、先生や先輩に見てもらうとは

ダンスにおいて、踊れていない自分の動画を撮影して、先生や先輩に見てもらうって、どういう意味があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

踊れていない自分の動画を撮影して、先生や先輩に見てもらうと良いです

ダンス上達のためには、鏡を見ながら、鏡に映る自分の動きを確認しながら踊ることが、とても大事です。

ただ、自分では出来てるつもりでも、実際に動画撮影してみると、思っていたより全然踊れてないことが多いですよってことを覚えておいてください。

何がいいたいかと言うと、ダンスをレベルアップさせるためには、動画撮影をしたり、その他にもいろいろな方法があるって話です。

ということで、ダンス上達のためのレベルアップ理論についてお話していきます。

ダンスを上達させたいのに、踊れていない自分の動画を撮影していない人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、踊れていない自分の何がダメなのか、わからないまま練習しても、いつまで経ってもダンスが上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、できていない自分の動きの、何がダメなのか、自分自身と直接向き合うことができないと、今以上にダンスが上達しないですよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、踊れていない自分の動画を撮影して、先生や先輩に見てもらうと良いです

例えば、動画撮影しながら、あなたの苦手な動きをやってみてください

ダンス初心者の人は、首のアイソレーション、胸のアイソレーション、腰のアイソレーションなどをやってみると良いです。

首を左右に動かそうとして、片方の肩が上がったり、体幹がグラグラぶれてしまう人は、身体が固い証拠です。

体幹がぶれないように、首を動かす範囲を小さくして、少しずつ練習すると良いです。

僕は、ふわっとお話してますけど、はっきり言うと、先生や先輩にみてもらったときには、たくさんのダメ出しをされるはずです。

何がいいたいかと言うと「駄目だしされるのが嫌だから、下手な自分の動画は見せられない」ってなると、ダンスがいつまで経っても上達しないですよって話です

ぶっちゃけて言うと、ダメ出しされるってことは、その部分を練習して改善すれば、伸びるって教えてくれてるんだよって考えてもらうと良いです。

まとめると、踊れていない自分の動画を撮影して、先生や先輩に見てもらい、できていない部分をダメ出ししてもらい、動き方を改善していけば、徐々にダンスが上達していきますよってことを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です