激しい動きだけが、ダンスではない

激しい動きだけが、ダンスではないとは

ダンスって、激しい動きが大事なの?

という疑問に簡単に答えていきます。

激しい動きだけが、ダンスではないです

キレキレに踊ることばかりを意識している人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、激しい動きだけがダンスではないからです。

もう少し突っ込んだ話をすると、軽く身体を動かしたときの動きが雑だと、激しく動いても雑になるよって話です

例えば、ダンスをきちんと練習していない野球部の人がキレキレに踊っても、ダンスをきちんとやり込んだ人のようにならないですよね。

理由は簡単で、ダンスに必要な流れるようなゆっくりとした身体の使い方や、基礎的な練習をしていないからです。

はっきり言うと、キレキレな激しい動きは、人前で披露するための振り付けのときだけに必要だと考えたら良いです

じゃあ普段の練習をどうしたらよいかと言うと、脱力してゆっくり身体を動かしてみて下さい

例えば、その場でサイドステップを踏んでみましょう。

手足だけを激しく動かしている人は、身体が固い証拠です。

足を出す前に腰を入れて、腰と足を連動させてみて下さい。

肩が前後や上下にぶれてしまう人は、体幹がぶれている証拠です。

胸を張った姿勢で立ち、胸を張った状態をキープしたままサイドステップを踏んでみて下さい。

何が言いたいかと言うと、ゆっくりサイドステップを踏むだけで、身体の使い方がきちんとできているかすぐに分かりますよって話です。

まとめると、キレキレに激しく動くのではなく、できる限りゆっくり身体を動かすことで、ダンスの根本となる基礎的な身体の使い方がわかるようになってきますよってことを覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です