ダンス上達のために、上半身裸になり筋肉の付き方を動画で撮影すると良いです

ダンス上達のために、上半身裸になり筋肉の付き方を動画で撮影するとは

ダンスと自分の筋肉の状態って、どういう風に考えたらよいの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンス上達のために、上半身裸になり筋肉の付き方を動画で撮影すると良いです

男性で、自分の筋肉がどういう状態で動いているのか見たことない人は、ちょっと考え方を変えた方が良いです

何故かというと、自分の筋肉の付き具合を見ることで、自分の動きがどういう状態なのか理解できるからです。

もっと突っ込んだ話をすると、身体の使い方の特徴は、筋肉の状態がそのまま反映されてますよって話です。

じゃあどうしたらいいかと言うと、上半身裸の姿になって、自分の筋肉の動きを動画に撮影すると良いです

注意

女性の場合は、タンクトップやチューブトップなどの、できる限り筋肉の動きがわかる服を身に付けて撮影すると良いです。

例えば、胸を張ったきれいな姿勢になってみて下さい

正面から見て、グーっと胸を張ったときの筋肉の動きを確認しましょう。

そして、後ろから見たときの、胸を張って肩甲骨を寄せたときの筋肉の動きを確認してみて下さい。

なぜ正面と後ろからの両方を確認するかというと、胸と背中が動いている状態の筋肉がはっきりわかるからです。

僕も上半身裸で動画撮影したんですが、背中と胸を比べたときに、胸の筋肉がはっきり違いがわかるくらい強い状態でした

背中は、地道に鍛えて少しずつ強くしていく必要があるなと実感しました。

そして、背中を使った動きがまだまだできていないので、背中の動きの練習に加えて、背中の筋肉も少しずつ強くしていった方が良いなと気づくことができました。

何が言いたいかというと、毎日のように風呂に入ったりシャワーに入ったりして、洗面所の鏡に映る裸の自分を見ていて、自分の身体を分かったつもりになってますが、動画に撮ったりして客観的に見ないと、実際は全然わかってないですよって話です

まとめると、上半身裸になってみて、自分の筋肉の付き具合をチェックすることで、現状の自分の身体の状態がわかり、どういうことをしたら、今よりもダンスが上達するのかわかってきますよってことを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です