ダンスでは、振り付けを覚えるよりも大事なことがある

ダンスでは、振り付けを覚えるよりも大事なことがあるとは

ダンスと振り付けの関係って、どういうものなの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスでは、振り付けを覚えるよりも大事なことがあります

ひたすら振り付けばかり練習している自分に満足している人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、どんなに振り付けを練習しても、ダンスが上達しないからです。

もっと突っ込んだ話をすると、いろんな振り付けを練習して、たくさんの振り付けを覚えても、一つ一つの技の練習をきちんと丁寧にやらないと、ダンスが上達しないよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、ダンスの基礎となる身体の使い方を練習したら良いです

例えば、正面を向いたまま、首を左右に動かしてみて下さい。

首がほとんど動かせない人は、首まわりが固い証拠です。

両手のひらをほほの近くに持ってきて、手のひらに頬が触れるように首を動かしてみましょう。

この首の動きを、首のアイソレーションと言います。

厳しいことを言うと、首のアイソレーション一つとっても、「首を左右に動かす」動きができないまま振り付けをいくら練習しても、首が動くようにならないよって話です

何が言いたいかと言うと、振り付けはあくまで人前でダンスを披露するためのものであって、そこにたどり着くまでには、丁寧な基礎練習が絶対に必要だよって話です

まとめると、振り付けを練習するよりも、ダンスの基礎となる身体の使い方を練習するほうが大事だよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です