振り付けは必要になったら覚えればいい

振り付けは必要になったら覚えればいいとは

ダンスの振り付け練習よりも大事なことってあるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスの振り付けは必要になったら覚えれば良いです

ダンスで振り付けの練習ばかりしてしまう人は、考え方を改めた方が良いです

何故かと言うと、振り付けをいくら覚えても、ダンスは上達しないからです。

例えば、自分の好きなダンサーの踊りをコピーしてみて下さい。

腕の動きや足の動きに注目していると思いますが、どんなに練習しても同じような動きにはならないですよね。

理由は簡単で、振り付けの練習をしているだけの人は、身体の内側から動かすための、ダンスの基礎的な練習をきちんとしないからです。

もう少し突っ込んだ話をすると、上手いダンサーほど、手足のテクニックではなく、身体の内側を使って身体の中からあふれ出てくるように、身体を動かしてますよって話です。

じゃあ何を練習したらいいのかって言うと、立ち姿、歩き方、左右のバランスを整える、首だけを動かす、胸だけを動かす、腰だけを動かす、身体を連動させて動かすなどの、ダンスを踊る前にしっかりやっておくべき根本的な体の使い方の練習をしたらい良いかと思います

振り付けを覚えるのは、基礎的な体の使い方をしっかりやり込んだ後で良いです。

ハッキリ言うと、振り付けは練習の最後の仕上げとして行うくらいで良いということを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です