振り付けは、身体の使い方を覚えるための最強の教材です【ダンス上達に大切なこと】

振り付けは、身体の使い方を覚えるための最強の教材とは

ダンスの振付と身体の使い方って、どういう関係があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

振り付けは、身体の使い方を覚えるための最強の教材と考えると良いです

なんとなく振り付けを練習してるだけの人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、ただ意味もなく振り付けを練習しても、ダンスが上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、どれだけ振り付けをやり込んでも、身体の使い方ができてないと練習の意味がないですよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、振り付けを通して、身体の使い方を学んでいくと良いです

例えば、振り付けに、胸を回す動きが出てきたとします。

なんとなく胸を回してる振りをして、胸を回す動きができてないのにごまかしている人は、身体の使い方ができていない証拠です。

胸のアイソレーションを、きちんと丁寧に練習しましょう。

何が言いたいかと言うと、首を動かす振りだったり、腰を動かす振りだったり、首と胸と腰を連動させる振りだったり、振り付けとして出てくるものは、なんとなくごまかしてやり過ごすんじゃなくて、身体の使い方の教材としてきちんと活用すると良いですよって話です

はっきり言うと、ダンスをやり込んでいる上手なダンサーさんと、ダンスをやってるけどいつまで経っても上達しない人との差は、身体の使い方ですよって話です。

同じ振り付けで踊っているのに、上手な人とそうでない人が全然違う動きになるのは、振り付けに必要な身体の使い方をしっかり勉強しているか、適当に流しているかの差が出ていると考えてもらうと良いです。

わかりやすく言うと、振り付けを覚えているか覚えていないかではなくて、身体の使い方ができているか、できていないかだよって話です。

話を戻していくと、ダンスがなかなか上達しないって悩んでいる人は、振り付けに出てくる身体の使い方を一つずつ丁寧に勉強してみると良いです。

まとめると、首の動き、胸の動き、腰の動き、足さばき、指先の使い方、目線、重心の移動、肩の角度、身体の角度、姿勢など、お手本とする振り付けと自分の違いはどこにあるのか、丁寧に勉強することで、少しずつダンスが上達していきますよってことを覚えておいて下さい。

補足

じゃあ、どういう振り付けをお手本にしたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

一言でいうと、アイソレーションがたくさん使われているような、ダンスの基礎となる身体の使い方をきちんと入れ込んだ振り付けをお手本にしたら良いです。

はっきり言うと、手足の大きな動きでごまかしている振り付けは、ダンス上達には役に立たないと考えて良いです。

ぶっちゃけた話をすると、日本のアイドルグループの振り付けよりも、韓国のアイドルグループの振り付けのほうが、確実にダンス上達のための良いお手本になりますよって話です。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です