立っているときに、顔の位置が片方にずれてしまうときの対処法

立っているときに、顔の位置が片方にずれてしまうときの対処法とは

普通に立っているときに、顔の位置が片方にずれてしまうときの対処法ってどうしたらいいの?

という疑問に簡単に答えていきます。

立っているときに、顔の位置が片方にずれてしまう人は、胸を張ると良いです

普通に立っているときに、顔の位置が片方にずれやすい人が、顔を正面に持ってこようと頑張るのは、よろしくないです。

なぜかと言うと、顔の位置を動かすと余計に顔の位置が別の場所にずれていくからです。

じゃあどうしたら良いかと言うと、胸をグーッと張ってみて下さい

そのまま鏡をみると、顔の位置が自然と真ん中に来ているかと思います。

もう少し突っ込んだ話をすると、全体の骨格のバランスで顔の骨組みが大きい人は、ちょっとのずれでも位置が片方にずれているように見えてしまうって話です。

ですので、自分の骨格のバランスを理解して、顔の位置が片方にずれやすいとわかっているなら、胸をしっかり張ってスーッとした姿勢に見えるように心がけると良いかと思います。

最初のうちは、頑張って胸を張っている感じになるかもしれませんが、徐々に普通に胸を張った状態で立てるようになります。

さらに言うと、顔のバランスに対して身体の大きさが小さい人は、顔の位置が片方にずれて見えやすいので、筋トレして筋肉をつけていくのも良いかと思います

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です