ダンスでは、激しいEDMにのらなくてもトランス状態になれる

ダンスでは、激しいEDMにのらなくてもトランス状態になれるとは

激しいEDMを聞いてハードに身体を動かさないと、トランス状態になれないの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスでは、激しいEDMにのらなくてもトランス状態になれます

アップテンポのEDM音楽を聞いて激しく動かないとトランス状態になれないって思う人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、ゆったりとした音楽で身体を動かしても、トランス状態になれるからです。

もっと突っ込んだ話をすると、ゆるいテンポのR&Bやヨガの音楽に合わせてからだを動かすだけでも、心と身体が落ち着いた状態のままトランス状態になれますよって話です

じゃあどうしたらよいかと言うと、ゆっくりとしたテンポの曲を聞いて身体を動かすと良いです。

例えば、ヨガの音楽を聞いて、身体を動かしてみて下さい

動きがカクカクなってしまう人は、身体が固い証拠です。

身体を柔らかくするストレッチを取り入れて、少しずつ身体を柔らかくしていきましょう。

さらに言うと、できる限り身体をヌルっと動かせると良いです。

何が言いたいかと言うと、普段から柔らかく体を使えるようにしておくと、ゆっくりとした音楽に乗れますって話です。

そして、身体を柔らかく使えるようになると、徐々にゆったりとした音楽にのって身体を動かせるようになり、集中力が高まっていきます

なぜかと言うと、ゆっくりとした音楽には、ゆったりとした身体の使い方がマッチするからです。

さらに、集中力が高まっていくと、ゆったりとした動きでも、トランス状態になれますよって話です

まとめると、激しいEDM音楽にノッてハードに身体を動かさなくても、ゆったりとした音楽に合わせてヌルっと身体を動かせるようになると、徐々にトランス状態になることができるよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です