デフラワーのやり方【ワックダンスで腕の動きに特化した練習をする】

デフラワーのやり方とは

デフラワーってどういう風にやったらよいの?

という疑問に簡単に答えていきます。

デフラワーのやり方についてお話しします

ダンスの根本となる基礎動作は、美しい立ち姿であり、歩く姿勢であり、アイソレーションです

そして、それらがきちんとできるようになったら、腕の動きに特化した練習などもしていくと、表現力が上がっていきます。

さらに言うと、ワックダンスをやることで、腕の動きに特化した練習をすることができると考えてもらうと良いです

ということで、ワックダンスのデフラワーのやり方についてお伝えしていきます。

ポイントはいくつかあって、身体の軸、腕を高く上げる、指先の意識、手首の回し方など一つずつ覚えていくと良いです。

➀まず、その場にスッと立ちます

猫背になって首が前に出てしまう人は、軸が安定していない証拠です。

胸をグッと張って、きれいな姿勢で立つようにしましょう。

➁次に、胸を張った姿勢を維持したまま、腕を高く上げていきます

腕を高く上げられない人は、肩回りや胸が固い証拠です。

肩・胸を柔らかくするストレッチを行ってみて下さい。

➂そして、手の甲側の手首同士を合わせます

指先が広がらないように、指をそろえておくと良いです。

➃手首をグルーっと時計回りに回していきます

手のひら同士を向かい合わせましょう。

手に平同志が向かい合ったら、手首の内側同士をくっつけつつ、手で花を咲かせます。

花が咲いたら、手首を時計回りに回していき、最初の状態に戻ります。

手首が動いている軌道は、8の字です。

もっとわかりやすく言うと、∞の字を描くようにすると良いですよって話です。

ハッキリ言うと、手首を動かす軌道を覚えてしまえば、あとは身体のシルエットだったり、指先だったりの、見せ方を工夫すればよいですよって話です

まとめると、身体の軸、腕を高く上げる、指先の意識、手首の回し方など一つずつマスターしていけば、デフラワーができるようになるってことを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です