帽子を深めにかぶって、自分に集中する【ダンス上達のための集中力理論】

帽子を深めにかぶって、自分に集中するとは

ダンスにおいて、帽子を深くかぶるって、どういう意味があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

集中力を高めたい人は、帽子を深めにかぶって、自分に集中すると良いです

ダンスを上達させるためには、集中力を高めていくことがとても大事です。

何がいいたいかと言うと、なんとなくダラダラと練習しても、いつまで経ってもダンスが上達しないですよってことを、覚えておいてください。

じゃあどうしたらよいかと言うと、集中力を高める方法を知って、実践していくと良いです。

ということで、ダンス上達のための、集中力理論についてお話していきます。

ダンスを上達させたいのに、周りの人の行動が気になって、気が散りやすく集中力が続かない人は、行動を改めると良いです

なぜかと言うと、周りを意識しすぎて、なんとなくぼんやり練習しても、ダンスが上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、他人が何をしているか、どんなことを話しているか、他人にどう思われるかとか、そういうことを気にしているうちは、いつまで経ってもダンスが上達しないですよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、帽子を深めにかぶって、自分に集中すると良いです

例えば、つばの曲がった、普通のキャップをかぶってみてください

つばの両端部分を少しずつ曲げていき、キャップを深めにかぶれるようにしましょう。

そして、深めにキャップをかぶって、周りの人が物理的に見えにくくなるようにしてみてください。

鏡の前に立ち、キャップを深めにかぶっているあなたに見えているのは、視界のほとんどがあなた自身だけです。

もっと言うと、あなたの目の動きを横から見たときに、他人からは、どこを向いているのかわからないくらいにすると、さらに良いです。

何がいいたいかと言うと、キャップを深めにかぶることで、視界が強制的に狭くなり、見える範囲のことだけに自分自身の意識を集中しやすくなり、集中した状態で練習することができるようになりますよってことを覚えておいてください

わかりやすい例でいうと、エグザイル系ダンサーの「山本世界」さんは、好んで帽子をかぶられていますよね。

なぜかと言うと、帽子をかぶっていると、自分の動きに集中できるからです。

もっと言うと、ポッピン系のダンサーさんで、テンガロンハットみたいなのをかぶってたり、シルクハット系の縦に短い帽子をかぶってたりするのは、自分自身が意識を集中しやすくなるからだと考えてもらうと良いです。

ちなみに、ブレイクダンサーさんがビーニー帽をかぶっているのは、ヘッドスピンの動きで頭皮がこすれたら、毛髪に宜しくないので「ハゲを予防するためだ」って、おっしゃってましたw

まとめると、集中力を高めたい人は、帽子を深めにかぶって、視界を狭くして自分自身の動きに意識を集中すると、少しずつ集中力が上がっていき、練習の密度が高まっていき、徐々にダンスが上達していきますよってことを覚えておいてください。

補足

帽子をかぶっている人すべてが、帽子を使って意識を集中しているかと言うと、そうでもないです。

なぜかと言うと、ただなんとなく好きだからファッションとしてかぶっているって人も、大勢いらっしゃるからです。

何がいいたいかと言うと、帽子を上手に使うと、集中力を上げて練習に取り組めるし、人前でも集中してパフォーマンスをすることができますよって話です。

もっと言うと、帽子をそのままダンスの動作のパフォーマンスの一つとして使うこともできますよってことも、覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です