なぜボディーウェーブがきれいにできないのか【ダンスで身体を連動させて動かす】

なぜボディーウェーブがきれいにできないのかとは

ダンスのボディーウェーブができないんだけど、どうしたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

なぜボディーウェーブがきれいにできないのかについてお話します

ダンスにおいて、身体のパーツを動かす練習をすることは、最も大事な基礎になります。

首が動かせて、胸が動かせて、腰が動かせて、各パーツが動かせるようになってから、最後の仕上げとして、一般的によくあるステップや振り付けの練習に入ると良いです。

ということで、身体のパーツを動かすための基礎である、ボディーウェーブについてお話していきます。

ダンスを上達させたいのに、ボディーウェーブができないっていう人は、少しずつ身体の使い方を変えていった方が良いです

なぜかと言うと、ボディーウェーブはダンスの基礎動作であり、基礎ができていないとどんなに振り付けを練習しても、ダンスが上達しないからです。

もっと突っ込んだ話をすると、ボディーウェーブはあらゆるジャンルのダンスの基礎となる身体の使い方なので、できないままでいると、いつまで経ってもぎこちない動きの踊りになってしまいますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、ボディーウェーブをきちんと丁寧に練習すると良いです

例えば、普通にボディーウェーブをやってみて下さい。

胸が前に出ない人は、肩と胸が固い証拠です。

腰が前に出ない人は、足と腰回りが固い証拠です。

何が言いたいかと言うと、ボディーウェーブの練習と同時並行で、身体を柔らかくするストレッチをやっていくと良いですよって話です。

そして、ボディーウェーブをやるためには、2つポイントがあります。

まずは、ジャズダンスのボディーウェーブ基礎練習でよく言われることなんですが、上から落ちてくる水滴を避けるように動いてみて下さい。

どういうことかと言うと、1つ目のポイントは

  • 頭で床をえぐるように前に突っ込んでいき
  • 頭が戻るときに、胸が前に出ていき
  • 胸が戻るときに、腰が前に出ていき
  • 腰が戻るときに、膝が前に出ていき
  • 膝を戻して、まっすぐな姿勢に戻ります

頭からつま先まで、一連の動作を流れるようにつなげていくと良いです。

2つ目のポイントは、

頭の動き、胸の動き、腰の動き、膝の動きそれぞれのパーツごとの動きを、1つずつ丁寧に練習していくことです。

何が言いたいかと言うと、2つのポイントをしっかり押さえて練習していけば、徐々になめらかなボディーウェーブができるようになりますよってことを覚えておいて下さい。

なぜボディーウェーブができないのかっていう話になると、身体の柔軟性が足りていないってこと、身体をどういうふうに流していけば良いかわかっていないこと、そして身体の各パーツごとの動作練習がきちんとできてないってことが、主な原因になってますよってことを覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です