ダンス初心者向けの基礎技解説!身体の使い方も!

ダンス初心者向けの基礎技

こんな方におすすめ

  • ダンス初心者で、何から始めたらいいのかわからない。
  • ダンスに必要な基礎的な身体の使い方を知りたい。
  • ダンスっぽい身体の使い方を勉強したい。

 

ダンス初心者の方は、ダンスを始めてみたいと思っても、自分がどんなジャンルのダンスをやってみたら良いのかわからなかったりすると思います。

まずは、ジャンルを絞っていく前に、ダンスのための身体の使い方を覚えてみることをおすすめします。

というわけで、ダンス初心者の心構えとダンス初心者向けの基礎技をお伝えしていきます。

ダンス初心者の心構え

リズムにノル

ダンス初心者は、リズムにノッて踊ることを覚えていきましょう。

どんなにかっこいい振り付けで踊っていても、リズムがズレているとかっこ悪くなってしまいます。

リズムにノル感覚を、身につけていきましょう。

基本動作を覚える

初心者は特に難しい振り付けに目が言ってしまいがちですが、まずは、基本動作を覚えることです。

音楽に合わせて、手を動かして、足を動かして、ジャンプして、肩を動かして、胸を動かして、首を動かしてと、パーツごとに、リズムに合わせて踊ってみてください。

各パーツの使い方がわかってくると、ダンスを踊るのが楽しくなっていきます。

ダンスに慣れてくると、首の動きだけで一曲踊ってみても、すごくかっこいい感じになると思います。

では、ダンス初心者向けの基礎技をお伝えしていきます。

ダンス初心者向けの身体の使い方を動画で解説

がたいがよくてかっこいいKENZOさんの動画を見ていきます。

とてもわかりやすく解説してくださっています。

KENZOさんが、動画内で説明して下さっている言葉をできる限り理解しやすいように、記事にまとめてみました。

「動画を見る→記事で動画の内容を文章で確認する」の作業に使えるようにしています。

「ライジングダンススクールの動画を見るのが好きだけど、動画の内容をまとめたものがあったら便利なのにな」という、僕自身の思いから、記事にまとめさせてもらいました。

KENZOさんの言葉を、動画を見てしっかり胸に刻み込んで練習してみて下さい。

ジャンプをして足元にリズムを入れよう!

www.youtube.com

今回の動画は、ストリートダンス初心者の方のためのレクチャー動画です。

ストリートダンスは、いろんなジャンルがあり、どれをやったらいいかわからないかと思います。

ですので、ざっくりとダンスで必要な体の使い方に焦点を当ててみていきます。

脳からの伝達で身体を動かす

すべてのスポーツに共通していることですが、脳からの伝達で身体を動かすトレーニングをしていきます。

「手を握る、足を踏む」など「脳で考える→身体に伝達して動かしていく」という一連の流れを身体に覚え込ませていきましょう。

KENZOさんによると、例えば、野球のボールを投げるときに、スナップを効かせて投げるんですけど、この意識がいってないと、ただ単にふわっと投げるだけになってしまいます。

それをストリートダンスの動きに置き換えて、脳からの伝達をうまく身体に伝えて、ダンスにしていく練習をしていくといいそうです。

ということで、身体のパーツの動かし方を見ていきます。

ジャンプ

ジャンプは、スポーツをしているとよく使われる動作です。

どのスポーツでも走ったりするときに、足を踏み変えてジャンプしていくような動作をしますよね。

身体にリズム感を入れるために、ジャンプをしていきます。

ジャンプのときに、ベタ足でつかないように意識してください。

KEONZOさんによると、つま先に重心を置き、拇指球のあたりに重心をおいてジャンプしたらいいそうです。

バウンスをしていきますが、ダンスっぽくするために「バウンス+ステップ」の動作をやっていきます。

  1. 1エン2エンで、右にキックして、ジャンプします
  2. 3エン4エンで、左にキックして、ジャンプ
  3. これをべた足でやるんじゃなくて、つま先に重心を乗せてやってみましょう
  4. 常にバウンスしながら、ステップを踏んでみてください
  5. エンカウントで、バウンス動作を入れることを意識してみてください
  6. 3つめの項目

 

KENZOさんによると、キック動作のポイントは、ひざから下をうまく使うことだそうです。

ヒザ下をリラックスさせて蹴ってみてください。

足と手を使って身体で音を鳴らしてみよう!

www.youtube.com

足と手を使ったリズムトレーニングを見ていきます。

ストンプ

ストンプとは、足を強く踏んで音を鳴らす動きのことです。

ストンプは、そもそも採掘現場の鉱山洞窟で、情報を伝達するために使われていた動きが、ダンスになったものです。

「ストンプ+クラップ」の動きで、音を鳴らしていきます。

  1. 1エン2エンで、右足・左足とステップを踏んで、手でクラップを2回打ちます。ステップをするときにつま先だと足音が鳴らないので、かかとを使ってベタ足で音を鳴らしていきます
  2. 慣れてきたら、リズムを変えていきます。右足・クラップ・右足タッチ・左足タッチ・クラップ、左足ストンプ・右足ストンプ・左足ストンプでリズムにノッていきます

 

徐々にスピードアップしても、リズムにノれるように練習してみてください。

肩の動かし方を使ってダンスをしよう

www.youtube.com

肩を使ったリズムトレーニングを見ていきます。

肩を上げたり肩を下げたりする、上下運動でリズムにノッていきます。

  1. 肩を緊張させるために、手で握りこぶしを作って、一緒に引き上げてみてください
  2. 慣れてきたら、肩だけにイメージを持っていきます。手はリラックスします
  3. 次は、リズムを入れていきます。1・2・3の3カウント目で、肩から身体を右に寄せます
  4. 4・5・6の6カウント目で、肩から身体を左に寄せます
  5. ひじを上げると、肩もうまく上がってきます
  6. これに、足のステップを足していきます。3カウント目とと6カウント目で、つま先を軸に、かかとを外に出していきます

ジャンプを使って身体にバリエーションを覚えさせよう

www.youtube.com

ジャンプの応用テクニックを見ていきます。

反復横跳び

スポーツテストなどで、反復横跳びをしたことがあると思います。

反復横跳びは、脳から身体への伝達をスムーズにするための訓練になります。

反復横跳びをイメージしたジャンプで、足の形を変えていく動きを見ていきます。

  1. 自分の中心線をイメージします
  2. 自分のイメージした真ん中のラインを越えるように、右サイドにジャンプします
  3. 自分のイメージした真ん中のラインを越えるように、左サイドにジャンプします
  4. 自分のイメージした真ん中のラインの延長線上に、前にジャンプします
  5. 自分のイメージした真ん中のラインの延長線上に、後ろにジャンプします
  6. 右足を前に出して足を開きます
  7. 左足を前に出して足を開きます
  8. 最後は、足を戻します
  9. ジャンプのポイントは、上半身も一緒に持っていかないことです。腕を逆方向に振って、上半身を残したまま左右・前後にジャンプします
  10. 足を前後に開くときは、腕を走るときのポーズにします

膝の屈伸と上半身の手の動き2つ同時に使ってみよう

www.youtube.com

次は、ひざの屈伸と腕の動かし方を見ていきます。

二つ同時に動かす

下半身と上半身を二つ同時に動かしていくというのが、ダンスをやっていく上では大事になってきます。

「足のステップ+胸を動かす+首でうなずく」など、上手なダンサーさんほど、複雑な動きを簡単そうにやっています。

まずは、2か所同時に動かす動きに慣れていきましょう。

「ひざの屈伸+指の動き」をやっていきます。

  1. ひざを曲げて、ひざを伸ばします
  2. それに、指の動きを足していきます。小さい頃に、指の動きをやったことがあると思います。左手で縦の直線を描いて、右手で三角形を描く動きです。このような2つ同時にやった動きを、膝の屈伸と合わせてやっていきます

ステップをしながら身体の重心を乗せてみよう

www.youtube.com

足元のステップと重心をかけていく動きをお伝えしていきます。

  1. 1エン2エンで、右にステップします
  2. 3エン4エンで、左にステップします
  3. 足先だけにならないように、身体の体重を移動してあげます。右足が行った位置に、体重が乗るようにして、左足が行った位置に、体重が乗るようにします
  4. この重心にプラスして、右足から左に踏み込む足のボックスの動きを入れていきます。重心をしっかりと、出した足にかけてあげます

ステップをしながら手首の動き・腕の動きを使ってみよう

www.youtube.com

足元のステップと腕の動かし方をお伝えしていきます。

腕の振り方は、スイングしたり、上げたり、ひじだけ固定して回したり、いろんな動作があるんですけど、その中でも手先をぐるぐる回す動作があります。

  1. 手先をぐるぐる回しながら、クラップを入れていきます。手のひらと、手先で叩きます。手首の運動と、手先の運動ですね
  2. これをリラックスさせてください。リラックスした状態で、動かしてあげます
  3. この動作に、足元のステップを足していきます。前に出す足は、左足・右足と交互につま先でつく感じにします
  4. 次は、右腕を外から持ってきて、内側の胸に持ってきます
  5. 左腕も外から持ってきて、内側の胸に持ってきます
  6. 腕の動きに、足のステップも足していきます。今度は、つま先ではなくて、かかとにしましょう。身体の重心も、少し斜めにします。イメージは、サッカーボールを蹴るときの感じです。うまく体重を乗せるときに、ひねりだったり、前に重心をかけたり、こういう動作をやっていくとダンスが上手くみえてくると思います

ステップをしながら身体を回転してみよう

www.youtube.com

次は、足元のステップにプラスして、身体の回転の動きを足すやり方をお伝えしていきます。

日常動作の中で、身体を回転したり、振り返ったりすると思うんですけど、それをステップをしながらやっていきます。

  1. 右に、足の音を鳴らしながら4歩動きます。ダンスのグレープバインの動きです
  2. 左に、足の音を鳴らしながら4歩動きます
  3. ヒップホップでは、スマーフと言います。スマーフ(SMURFS)とは、肩を左右に振りながら、身体の軸の中心を外して、振り子のようにリズムを取る動作のことです。グルーヴにノッている感じの動きです
  4. 4歩のステップを使って、回転していきます。ターンをするわけじゃなくて、ステップをしながら身体を回転させていきます
  5. ポイントは、最後の足のステップで、リズムを止めないことです。リズムをバウンスさせるのが、ポイントになります
  6. かっこよくするために、回るときに、腕を開いて・閉じて・開いて・最後は肩に持っていきます。片手のときは、肩に合わせるようにします

膝の屈伸と重心を意識しながらステップをしてみよう

www.youtube.com

膝の屈伸と足をスライドさせる動きを足すやり方をお伝えしていきます。

足の裏に雑巾がついてたら、床が拭けちゃう感じの動きです。

  1. スライドして、ひざを上げる動作をやっていきます
  2. スライドするときに、ひざを曲げないと、足が遠くなっちゃいますね。ひざを曲げることによって、足が地面に吸い付くような感じになります
  3. 1・2で、右足を曲げたときにスライドします。足を戻します
  4. 3・4で、右足のひざを上げて、戻します
  5. 5・6で、左足を曲げたときにスライドします。足を戻します
  6. 7・8で、左足のひざを上げて、戻します
  7. ポイントは、スライドするときに、軸足に重心が乗っていることです。右足でスライドするときは、左足に、重心が乗ってます。軸足を曲げて、重心を乗せていきます
  8. 手の動きも足していきます。肩を入れて、ひじを入れていきます。ひざとひじを一緒に上げていきます

 

重心のポイントは、重心をまっすぐ下に降ろすことです。

そして足の裏を、床と平行にスライドさせてあげることです。

膝を上げるときは、つま先を上げて、少し緊張させてあげます。

足でコンパスのように円を描きながらステップをしてみよう

www.youtube.com

段々とステップを覚えてきたということで、ちょっとむずかしいステップをお伝えしていきます。

ハウスダンスの動きで、ベースになってる動きがあるんですけど、右足から踏み込む動きをやっていきます。

  1. 右足を、左足を超えて前に出します。そのまま右足を後ろに引いて、右・左・右で移動します
  2. 同様に、左足を、右足を超えて前に出します。そのまま左足を後ろに引いて、左・右・左で移動します
  3. この時大事なのは、重心の方向転換です。自分の体の重心が、センターにはいるんですけど、それを方向転換していきます。ひねりの動きが入ってきます。身体のひねりが、シルエットをかっこよく見せます
  4. それと同時に、腕を大きく振って動かしていきます
  5. 上半身の動きと、下半身のリズムを変えていきます

身体の重心を大きく移動させながら身体を大きく使ってみよう

www.youtube.com

重心移動を大きく使った動きをお伝えしていきます。

体育の授業などで、反復横跳びをやったことがあると思います。

これをダンスのステップにしたような動きです。

  1. 屈伸した状態から、ステップしていきます
  2. 移動の距離を、肩幅くらい、大きく動いていきます
  3. その動きに、腕の振りも付けていきます
  4. ひざが伸び切ったときに、右腕も上げて、そのまま下ろしていきます
  5. リズミカルに動きたいので、ジャンプして着地するときに、左・右の順で着地します
  6. もっと手を大きく動かしたいので、動きをプラスしていきます。ジャンプしたときに手を上げて、振り下ろすときに、床をタッチします。後ろの手は腰元くらいに添えます

脳と身体のトレーニングで、3つの動きをスクエアをキープしながらやってみよう

www.youtube.com

ちょっとむずかしい動きをお伝えしていきます。

スクエア

ドイツの伝説的ダンサーの、ニールス・ストーム・ロビツキー(STORM)という方が考案した動きです。

基本的に人間の身体でスクエア(四角形)に動かすことってないですよね。

スクエアとは、角(かど)があるような動きです。

そのスクエアをやる動きプラス、ひじのキープと、リズムを変えてやっていきたいと思います。

これは、ダンス的なトレーニングというよりも、脳・頭の中のトレーニングプラス、身体の形をキープするということが大事になってきます。

  1. 前に手を出して、手首から先を曲げて、スクエアを描いてください。直角です
  2. このまま、ひじを畳んで内側に入れます
  3. ひじをキープしたまま、上にあげます
  4. そのまま前に出します
  5. 次は、また中に入れます
  6. ひじをキープしたまま、上にあげます
  7. そのまま前に出します。ここまでで7つです
  8. ひじをキープしたまま、上にあげます
  9. ひじを畳んで内側に入れます
  10. そのまま前に出します。ここまでで10です
  11. ひじをキープしたまま、上にあげます
  12. ひじを畳んで内側に入れます
  13. そのまま前に出します。ここまでで13です。全部で13個のルーティーンになってます

 

ポイントは、ひじをキープすることです。

ダンスにおいて、何かをキープしながら踊るというのは、大事なことです。

例えば、ハンドウェーブで手をキープすると、不思議な動きになります。パントマイム的な要素ですね。

  1. さらに、左右の手を一つずつずらしていきます
  2. 足元の動きを足していきます。ポッピンでいう、サックウォークです。前に進むような動きです
  3. 足元のステップをしながら、上半身のリズムを変えてしまう。しかも左右の手を一つずつずらすという、3つの動きをやっていきます

ストンプを重心を変えながらリズミカルにやってみよう

www.youtube.com

先程お伝えした、音を鳴らすストンプの発展技をお伝えしていきます。

身体の重心の掛け方とリズムを覚えるための動きです。

  1. 右足に重心を置いて、右・左とストンプします。左足は、あとからついてくるようなイメージです
  2. 左足に重心を置いて、左・右とストンプします
  3. 右足と左足の重心を切り返すときに、着いた足で、ジャンプしましょう

 

ポイントは、ひざをリラックスさせることです。

手を自分の腰元くらいに持ってきて、手でひざをタッチしてあげるとわかりやすいです。

そうすると、足の入れ替えがスムーズになると思います。

おすすめの関連記事

ダンス初心者向けに書いたその他の記事も、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。