ダンス基礎!頭の高さを変えずにかかとを上げる動きのやり方

こんな方におすすめ

  • 頭の高さを変えずにかかとを上げる動きのやり方を知りたい。
  • リズムのノリ方のバリエーションを増やしたい。
  • 簡単でかっこよくリズムにノれるやり方を知りたい。

 
この記事を読んでわかること

  • ダンスにはいろいろなリズムのノリ方がある
  • 頭の高さを変えずにかかとを上げる動きのやり方

僕は、週2回ダンススクールに通っています。

スクールのレッスンで先生の動きを見ていると、いろいろなリズムのノリ方をされます。

そこで、僕が先生を見ていて気づいた、頭の高さを変えずにかかとを上げる動きのやり方をまとめてみました。

ダンスにはいろいろなリズムのノリ方がある

ダンスにはいろいろなリズムのノリ方があります。

ヒップホップ、ガールズ、ワック、ロックと様々なジャンルに共通して使える「リズムのノリ方」というものがあります。

今回は、頭の高さを変えずにかかとを上げる動きのやり方を深掘りしていきます。

頭の高さを変えずにかかとを上げる動きのやり方

こんな方におすすめ

  • 簡単にかっこよくリズムにノリたい人
  • 頭の高さを変えずにリズムにノりたい人
  • 軽く動いているけど、リズムにノッている感じを出したい人
  • 腰と首のアイソレーションを使ってリズムにノリたい人

頭の高さを変えずにかかとを上げる動きのやり方

足を肩幅よりも広めに開いて立ちます。

軽く膝を曲げます。

膝を曲げたまま、かかとだけを浮かせます。

かかとを浮かせたまま+ひざを軽く外に動かします。

ひざを軽く外に動かすことで、頭を動かさずに、かかとだけを浮かせていきます。

ザックリいうと「かかとを浮かせる+ひざを軽く外に動かす→頭が動いていないけど、かかとだけ浮いている」という状態を作り出すイメージです。

かかとと膝だけが動いて、頭が固定されていることで、これだけでもかっこよくリズムにノッているように見えます。

この動きに、腰の前後の動きを足していきます。

「腰を前後に出す⇔引く」という動きを繰り返していきます。

さらに、首を使って頭を前に出す動きを足していきます。

頭の動きを足すことで、リズムにアクセントが生まれます。

リズムにアクセントが出ることで、リズムにノッている感じが出てきます。

補足

ダンス初心者の方は「かかとを浮かせる+膝を軽く外に出す+頭を固定する」動き自体ができない場合が多いです。

まずは、ゆっくりな動きでいいので、身体の使い方に慣れていきましょう。

体幹を固定させる

体幹を固定させる意識で行っていきます。

体幹が安定しないと、マリオネット人形のように全体がぶれます。

全体がぶれると「ギッコンバッコン」という感じになり、動きがダンスではなくなってしまいます。

足を使った動きができるようになったら、腰の動き、首の動きを足し算していきます。

動きを足し算することで、リズムにノッている感じがだんだん出てくるようになります。

まとめ

頭の高さを変えずにかかとを上げる動きは、様々なジャンルに共通して使えるダンスの基礎的な動きです。

しっかりマスターしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。