足首を痛めやすい原因と改善方法【ひねる動きをやり過ぎないこと】

足首を痛めやすい原因とは

ダンスを踊っていて足首を痛めやすいけど、どうしたらいいの?

という疑問に簡単に答えていきます。

足首を痛めやすい人は、ひねる動きを控えると良いです

一日中ずっと立ったまま、足首をひねるステップの練習が好きでたくさんやり込んでいる人は、気を付けた方が良いです

何故かと言うと、足首を痛めやすいからです。

じゃあどうしたらいいかと言うと、ひねる動きの練習時間を減らしてみてください

例えば、クラブステップの動きをやってみましょう。

素早くキレキレに動かしている人は、動きとしてはかっこいいんですが、足首を痛めやすいかと思います。

速い動きや大きな動きは、身体にとって負担が大きいからです。

もう少し突っ込んだ話をすると、ダンスの練習って、やり込むことは大事なんですが、ひねる動きに関しては、むしろ練習量を押さえた方が良いですよって話です

まとめると、足首をひねる動きは、毎日少しずつ練習するパターンに切り替えた方が、足首を痛めずにずっとダンスを続けていけるってことを覚えておいてください。

補足

チャールストン、クラブステップなど足首をひねる動きは、短時間の練習にして、毎日少しずつ続けるくらいが、身体にとって良いよって話です。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です