ダンスで足とお尻を連携させるサイドウォーク【アイソレーションの連携】

ダンスで足とお尻を連携させるサイドウォークとは

足とお尻を連携させるサイドウォークって、どういう動きなの?

という疑問に簡単に答えていきます。

足とお尻を連携させるサイドウォークのやり方

普段からアイソレーションをきちんと練習している人は、応用となる動きを動作に取り入れていくと良いです

なぜかと言うと、ダンスを表現する段階では、基礎的な動きから、人に見せるための動きにレベルアップしていく必要があるからです

ということで、足とお尻を連携させるサイドウォークのやり方についてお話していきます。

足は、サイドに出すだけです。

足をサイドに出したら、お尻を連携させて出した足の方に持っていきます

お尻だけ行ってるので、上半身が残っていますので、最後に上半身をサイドに持っていきましょう

お尻の持って行き方を、真っ直ぐなラインでガツッと持っていくと、動きにメリハリが出るかと思います。

同じ動きで、90度の円を描くようにお尻をヌルっと持っていくと、ヌルヌルっとしたダンスに使えます。

何がいいたいかと言うと、足とお尻を連携させるサイドウォークができるようになると、ヌルっとした動きにも、ガツッとした動きにも対応できますよってことを覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です