腰を入れて歩く【ダンスの根幹になってる身体の使い方】

腰を入れて歩くとは

ダンスで美しく歩くためには、どうしたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスで美しく歩くときは、腰を入れて歩くと良いです

ダンスで歩くときになんとなく普通に歩いている人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、歩いているシルエットも、ダンスの一部だからです。

もっと突っ込んだ話をすると、歩く姿勢が美しくなると、ダンスの動き全体が良い方向に変わっていきますよって話です

じゃあどうしたらよいかと言うと、腰を入れて歩くと良いです

腰を入れたときに身体の軸がぶれてしまう人は、体幹が弱い証拠です。

胸をしっかり張って、体幹がぶれないようにまっすぐ歩くようにしましょう。

さらに言うと、無理しないくらいに、少しだけ腰を入れるくらいで歩く練習をすると良いです

徐々に慣れてきたら、腰をしっかり入れて歩いたらよいかと思います。

何が言いたいかと言うと、体幹をぶらさずに腰を入れて歩くと、歩く姿が美しくなりますよって話です。

アーティストで言うと、アリアナ・グランデや、ジャネット・ジャクソンなどが腰を入れて歩いています

歩くこと自体がそのまま踊りになっているのが、彼女たちのダンスを見ているとわかります。

さらに言うと、ダンスの練習中や練習前後で歩くときに、軽く腰を入れて歩く習慣を身につけると良いかと思います。

まとめると、体幹を固定して、腰を入れて歩くと、美しい歩き方になりますよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です