(CLUB)クラブダンスの基本技解説!カンナムスタイルのやり方も!

(CLUB)クラブダンスの基本

こんな方におすすめ

  • クラブでのダンスの踊り方を知りたい。
  • クラブで使えるダンスの動きを学びたい。
  • クラブでかっこよくダンスを踊りたい。

 
クラブダンスは自由

クラブダンスは、トゥワークだったり、カンナムスタイルだったり、ニッキー・ミナージュのダンスだったり、シアラ・プリンセス・ハリスの踊りだったり、時代ごとに流行っているダンスなどをクラブで自由に踊るものです。

80年代の踊りやオールドスクールで踊ってもいいし、もちろん最新のアーティストのミュージックビデオで出てくるような踊りを踊ってもいいかと思います。

どんなジャンルのダンスでもいいので、基本的な動きをしっかりマスターして、クラブでクールに楽しく踊ってみましょう。

この記事を読んでわかること

  • トゥワークのやり方
  • カンナムスタイルの踊り方
  • ニッキー・ミナージュっぽい踊り方
  • シアラ・プリンセス・ハリスっぽい踊り方

という感じで、クラブシーンで使える動きを、ざっくり見ていきます。

(CLUB)クラブダンスの解説動画

めちゃくちゃノリの良いダンサーTweetyさんの動画を見ていきます。

とてもわかりやすく解説してくださっています。

Tweetyさんが、動画内で説明して下さっている言葉をできる限り理解しやすいように、記事にまとめてみました。

「動画を見る→記事で動画の内容を文章で確認する」の作業に使えるようにしています。

「海外のダンス動画を見るのが好きだけど、動画の内容をまとめたものがあったら便利なのにな」という、僕自身の思いから、記事にまとめさせてもらいました。

Tweetyさんの言葉を、動画を見てしっかり胸に刻み込んで練習してみて下さい。

トゥワーク(How to Twerk)

www.youtube.com

トゥワークをマスターしていきましょう。

基本的な足のポジション

足のつま先が平行になった状態を、パラレルと言います。

足のつま先が外に向いた状態を、ターンアウトと言います。

トゥワークのやり方

  • まずは、両手を腰に添えます。
  • Tweetyさんによると、お尻が、どの方向に動くかしっかり理解する必要があるそうです。
  • 足をしっかり広めのスタンスに広げます→ひざを曲げます→足をターンアウトさせて、つま先を外に開きます。
  • ひざが足の裏の上のラインにくるようにします→パラレルはだめです→つま先をターンアウトさせます。
  • 腕をお尻の骨辺りに添えます。
  • お尻を前に動かすときに、親指で、お尻の骨をくいっと前に押し出すようにします。親指で押すときに、ヒップが前に動くようにします。
  • お尻を後ろに出したいとき→他の指を使って、後ろにお尻を引きます。スクワットポジションで、動かすのはお尻の部分だけです。
  • お尻を前に出すとき→親指を使って、お尻を後ろに引くときは、他の指を使います。

フォワードアクション

  • スクワットポジションをとって、両膝の上に手を置きます。
  • 手首をターンアウトして、指先を内側に向けます→パラレルじゃなくて、ターンアウトです。
  • お尻を、前に押していきます
  • そのまま、後ろにお尻を引いていきます。
テンポを速めてかっこよく

トゥワークのやり方を学んだところで、ゆっくりではなく、少しずつテンポを早めていきましょう→しっかりした速いテンポでやっていきます。

両腕をひざの上にターンアウトで置いて、お尻と身体のラインでアーチを作ります→お尻が後ろにアウトした状態です。

お尻をショボーンと下に落としたらダメです→お尻を、ダウンに、アンダーに落とすイメージで、トゥワークしていきましょう。

ゆっくりでもない、早すぎでもない、ちょうどいいテンポの音に合わせてやっていきましょう。

リズムは、タンタン、タタタンのリズムでやっていきます。

腕のシルエット

腰を深く落として、腕をサイドに軽く添えて、やってみましょう。

両腕を前で揃えてやってみてもいいでしょう。

トゥワークは、太もものトレーニングにもなります。

カンナムスタイル・ポニー(How to Do PSY Gangnam Style Pony)

www.youtube.com

一時期とっても流行った、カンナムスタイルの、ポニーを見ていきます。

カンナムスタイルのポニー

最初にやらなければいけないのは、ストンプです。

ミュージックビデオで、ストンプから始まってますよね?

左足から、始めていきます。

ジャンプして、ストンプします。

ひざを曲げて、ジャンプして、同時にストンプします。

反対側も同じようにします。

この動きを、シングルシングル・ダブルでやっていきましょう。

腕の動きは無しでやってみましょう。

カンナムスタイルのポニーの腕の動き

腕は、クロスさせて、馬に乗馬しているようなイメージでやっていきます。

最初の8カウントで、腕をクロスさせて、次に8カウントで、左腕をアップさせて、ひじを曲げて、腕を回していきます。

反対側の手は、胸の前にインしておきます。

カンナムスタイル・シャッフル(Do the PSY Gangnam Style Shuffle)

www.youtube.com

カンナムスタイルのシャッフルを見ていきます。

カンナムスタイルのシャッフル

最初に、両腕をヒップの横に添えます。

Tweetyさんによると、動くときは、はっきりとした姿勢を取ることが大事です→でないと、なんとなく、マヌケな感じになってしまうそうです。

腰に手を添えて、準備万端であるという態度で、自身を持ってやっていきましょう。

ひざを曲げて、右に傾いていきます。

そのときに、左足をサイドに上げます。

つまり、体重を右足の方向にシフトさせるということです。

1・2・3で腰に手を添えて、重心を落として、右にホップしながら傾いていきます。

慣れてきたら、腰に手を添えたまま、自信を持って、やっていきましょう。

その場で、ホップを繰り返していきます。

センターのまま、シャッフルしていきます。

しっかり床をホップすることを忘れないようにしましょう。

慣れてきたら、スワッガーっぽさを足していきます。

スワッガー

あなたなりのスワッガーな感じを足してみてください。

顔をサイドに向けて、自信を持っている雰囲気を醸し出して、ジャンプして、ホップしていきましょう。

最初はゆっくり、だんだん速くしていきましょう。

Tweetyさんによると、あなたに気がある相手のことを見ずに、前を見ずに、そっぽを向く感じでやるといいそうです。

その場でやってもいいです。

ですが、動けるような広いスペースがあるなら、移動しながらやっていきましょう。

4カウントをその場で、残りの4カウントでサイドに移動していきます。

カンナムスタイル・ガールズコーラス(PSY Gangnam Style Girls Chorus)

www.youtube.com

カンナムスタイルで、「Sexy Lady♪」の歌のパートがありますよね?

そこの一連の振り付けを学んでいきましょう。

すでに学んだ、シャッフルを使っていきます。

Sexy Lady♪前半パート

4回シャッフルをやります。

左と右に、スネークでサイドにボディーウェーブを入れます。

続けて、8カウントでポニーをやっていきます。

ここまでで、半分です。

ここから、「SexyLady♪」の歌のパートの後半部分をやります。

Sexy Lady♪後半パート

4回シャッフルをやります。

左足をサイドにまっすぐ伸ばして、左腕を左足に向かって伸ばしていって、左手で左足を撫でるようにして、左ひざを曲げたまま足をすらせてインしていきます。

左手は、徐々に身体に沿わせて上に向かって、身体をなで回すように上げていきます。

そのまま続けて、ポニーをやっていきます。

カンナムスタイル・エンディング(Do the PSY Gangnam Style Ending)

www.youtube.com

カンナムスタイルの、エンディングパートの一連の振り付けをやっていきます。

ポニー

最初のパートは、ポニーです。

8カウントで、腕をクロスさせるポニーをやります。

次の8カウントで、腕をアップさせて回すポニーをやります。

ジャンプして、右ひざに両手を置きます。

ジャンプしたあと、3回その場でバウンスします。

ヒップロールを、左にアウトで外回り2回入れます。

そのまま続けて、左ひざを3回前にアウトします。

リズムに合わせて、タン・タッ・タンでひざを前にアウトします。

左足は、ボールでつま先を浮かせた状態で動かします。

上体も足と一緒の方向に、アウトに動かしていきましょう。

チェストポップとスプリンクラー

早いリズムで、胸のチェストポップを3回入れます。

同じように早いリズムで、スプリンクラーを3回やっていきます。

左手を頭に添えて、右手を徐々にインしながら、頭を3回インしていく動作のことをスプリンクラーと言います。

頭の後ろにある手を、下におろしながらスイングして、胸の前に持ってきます。

左足を右サイドに大きく伸ばして、右を向いていきます。

腕は、足の動きと同時に右手と左手を大きくアウトに開いていきます。

左足を後ろに大きく下げて、左手をあごに下に持ってきて、右手を後ろの腰辺りに添えて、自信満々なポーズでフィニッシュです。

相手や観客などの目をしっかり見ましょう。

シアラのように踊る方法(Dance like Ciara in “You Got Me Good”)

www.youtube.com

シアラの「You Got Me Good」のミュージックビデオの振り付けを見ていきます。

腕をトゥエルのように、アップ・ダウンするパートの動きをやっていきます。

シアラ・プリンセス・ハリスは、腕を使って、足を使って踊っています。

高度な、難しい一連の流れになります。

Tweetyさんによると、泥まみれで汚れたような、トラックに囲まれているような、ものを蹴り飛ばすような場所で踊るようなイメージだそうです。

足の動きからやっていきましょう。

足の動き(チャールストン)

足首を外に向けるようにターンアウトします。

足首をインします。

ボールのような、つま先立ちの足の動きをします。

今の動きを宙でやっていきます。

左足で、足をアウトで浮かせて、インで落とします。

右足も同じようにします。

いわゆる、ヒップホップのチャールストンの足の動きをやります。

チャールストンの足の動きで、右足、左足と交互に動かして後ろに下がっていきます。

腕の動き(トゥエル)

内側に手先を回転させて頭の横に持ってきます。

この動きを、トゥエルといいます。

ロックダンスで使われる動きです。

手のひらが、頭のサイドに来て、上を向くようにします。

今度は、外回して手先を回転させて、手を腰の辺りの戻します。

手先をフリップさせるときのコツは、自分の体に向かって、手先を回転させることです。

もう一つ、トゥエルの回転位置は、肩のラインの高さで手先を回転させることです。

足と腕の動きを一緒にして、やっていきます。

足は、チャールストンで、腕はトゥエルで足と腕を一緒に動かしていきます。

ニッキー・ミナージュのように踊る方法(Dance like Nicki Minaj in “Super Bass”)

www.youtube.com

ニッキー・ミナージュの「Super Bass」のミュージックビデオから、キュートでセクシーな動きを学んでいきましょう。

とってもシンプルな女性らしい動きになってます。

腕の動き

ひじを曲げて、腕をアップして、手先を肩のラインの高さに持ってきます。

キツキツの位置に寄せるんじゃなくて、離れすぎたルースな位置じゃなくて、ちょうどいい具合の位置に手先を持ってきます。

手先は、拳を握ります。

左に5回、腕を振っていきます。

同時に足で、ステップ、トゥギャザーの繰り返しでステップを踏んでいきます。

Tweetyさんによると、腕が、常に左でストップするような、ちょっと忙しい腕のムーヴメントをイメージしたらいいそうです。

2つ目のパートにいきます。

ディップ

ちょっとディップして、ちょっと見ます。

Tweetyさんによると、パーティーに行くときなど、髪を振り乱して髪型を崩したくない、セクシーでキュートなイメージで行きたいならちょっと左にディップするといいそうです。

上体を下げて、肩で下から上にすくい上げるような動きをディップと言います。

ディップする時は、ディップする方向を見ます。

反対側にもディップしていきます。

ちょっとフィラートして、誘うようにしましょう。

最後は、センターに戻ります。

Tweetyさんによると、ディップする時のコツは、少し背中でアーチを描くことだそうです。

艶めかしい動きを演出します。

ニッキーミナージュのように、かっこよくSuper Bassを踊ってみてください。

おすすめの関連記事

クラブダンスについて書いたその他の記事も、参考にしてみてください。

(CLUB)クラブダンスの基本技解説!カンナムスタイルのやり方も!


↑今ここ

(CLUB)クラブダンスの基本技解説②!サイドルックのやり方も!

セクシーダンスについて書いた記事も、参考になるかと思います。

(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説!ヒップロールのやり方も!

(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説②!ワブルのやり方も!

(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説③!ビヨンセのような踊り方も!

(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説④!ウィリーバウンスのやり方も!

まとめ

クラブダンスは、トゥワークや、カンナムスタイルのように、その時代ごとに流行っている、または流行っていた踊りを踊るものです。

これと言った決まりがあるわけではありません。

トゥワークで、お尻のセクシーな使い方をしっかりマスターしましょう。

カンナムスタイルで、簡単なダンスのノリを覚えてみてください。

なんとなく、踊り方に慣れてきたら、自分なりにフリースタイルで、新しい動きを作り出して、音楽を楽しんでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。