(CLUB)クラブダンスの基本技解説②!サイドルックのやり方も!

(CLUB)クラブダンスのベーシック(基本)
(CLUB)クラブダンスは、ごくごく基本的な動きだけでも、楽しめるダンスです。足でビートをとって、指のスナップを効かせて、クラップを入れて、簡単なステップを踏んで、音楽に合わせて、楽しく踊っていきましょう。

セクシーダンスについて書いた記事も、参考になるかと思います。

クラブダンスについて書いたその他の記事も、参考にしてみてください。

(CLUB)クラブダンスの基本解説動画

ジョークが大好きでいつもノリノリなTweet Boogieさんの動画を見ながら、クラブダンスを楽しく学んでいきましょう。

ビートの取り方(How to Find the Beat)

www.youtube.com

他の何よりも先に、ビートのとり方を学んでいきましょう。

歌を聞いたときに、まず最初は、足で床をタップしてビートをとっていきましょう。クラップやダンスなどよくわからなくても、とりあえず一番いい方法は、足で床をタップすることです。1・2・1・2とシンプルなリズムを足でとっていきます。足でリズムをとりながら、2のときに、クラップを足していきましょう。もしくは、指先のスナップを効かせて、2で音を鳴らしていきましょう。クールに決めたいなら、背筋を真っすぐ伸ばして、かっこよくリズムをとっていきましょう。猫背になって、だらーんとしてるとかっこ悪いですからね?しっかり背筋を伸ばして、クールに決めます。

さて、いい感じにビートが取れてきたでしょ?クラップしながらドロップしてみたり、指をスナップしてみたり、自分なりにアレンジしていきましょう。

首を縦に振るやり方(How to Do a Head Nod)

www.youtube.com

首を縦に振って、ビートをとっていきましょう。顎が前に出ていくと、チキンステップになりますからね?あごの角度に注意しましょう。角度は、斜め下向きです。首を前に、縦に軽くふるときに、同時にひざも軽く曲げていきます。今度は、首を後ろに振っていきます。ひざも使っていくんですが、首を後ろに振るときは、ひざを真っすぐ伸ばします。エンカウントで、膝を曲げていきましょう。

中くらいのテンポでやって、慣れてきたら速いテンポでやっていきます。前と後ろに首を振って、自由にリズムをとっていきましょう。

サイド・トゥー・サイド(How to Do a Side-to-Side)

www.youtube.com

サイド・トゥー・サイドという、ベーシックな2ステップをマスターしていきましょう。クラブに行ったときに、いろんなことをしようとしなくていいです。シンプルに考えて、楽しく音に乗っていきましょう。

まず、ひざを曲げます。ひざを曲げてダウンして、アップして、と繰り返していきます。そのまま、サイドに2ステップを踏んでいきます。中くらいのリズムから、徐々にテンポを速くしてやっていきましょう。サイド・トゥー・サイド、簡単でしょ?ぜひ、やってみてください。

ステップ・トゥー・バック(How to Do a Step-to-Back)

www.youtube.com

ベーシックな2ステップの、ステップ・トゥー・バックを学んでいきましょう。左足から、ステップを踏んでいきます。右足を、左足のバックにクロスしてステップを踏みます。右足を左足のサイドに戻します。反対側も同じようにやっていきます。左足を右足のバックにクロスしてステップを踏みます。左足を右足のサイドに戻します。バックにクロスするときに、軽くひざを曲げましょう。あんまり深く曲げると、ランジになって逆に変になりますからね?ひざを軽く曲げる程度にしましょう。ひざを軽く曲げて、軽くバウンスしていきます。

ステップ・トゥー・バックのコツは、センターでアップ、バッククロスで軽くダウンすることです。腕は、ひじを曲げて、軽く身体のサイドに添える感じで、胸の高さくらいに上げてリズムに乗っていきましょう。

トラベル・フォワード(How to Travel Forward)

www.youtube.com

2ステップの、トラベルフォワードをマスターしていきましょう。

ひざを曲げて、右足から、斜め前にステップを踏んで足を真っすぐ伸ばします。すぐに膝を曲げて左足で、右足を追いかけます。反対側も同じようにします。膝を曲げて、左足から、斜め前にステップを踏んで足を真っすぐ伸ばします。すぐに膝を曲げて右足で、左足を追いかけます。

トラベル・フォワードのコツは、フロントに足を出すときに足を伸ばしてアップのリズムをとって、足を揃えるときにダウンのリズムをとることです。

トラベル・バックワード(How to Travel Backwards)

www.youtube.com

ベーシックな2ステップの、トラベルフォワードを学んでいきますよ?トラベル・フォワードと反対に、後ろにステップを踏んでいきます。ひざを軽く曲げて、右足から、右斜め後ろにステップを踏んで足を真っすぐ伸ばします。肩も足も、同じ方向に向けていきます。すぐに膝を曲げて、左足で右足を追いかけます。反対側も同じようにします。

トラベル・バックワードは、バックに足を出すときに足を伸ばしてアップのリズムで、足を揃えるときにダウンのリズムを意識することです。簡単でしょ?フォワードとバックワードを組み合わせて、楽しくリズムをとっていきましょう。ステップの間で、しっかりひざを曲げることを忘れないようにします。肩の力を抜いて、クールに決めてみてください。

フォワード・シミー(How to Forward Shimmy)

www.youtube.com

フォワード・シミーという、ベーシックなクラブのムーヴメントをマスターしていきましょう。

左足から、前にステップを踏んでいきます。右足を前に出すときに、同時に両ひざを曲げます。右足からステップバックして、左足で右足を追いかけます。さあ、どこでシミーが入るでしょうか?シミーは、ステップフォワードのときと、ステップバックのときに入ってきます。シミーは、肩を前に出す動きです。左肩から、交互に前に出していきます。

フェミニンな踊りでも、マッチョな踊りでもないです。2つの違ったやり方をお見せしますね。まずは、女性のための動きです。腕をしっかり下げたまま、軽く卵を握るようなイメージでシミーをしていきます。キュートに見えるように、髪の毛から汗が飛び散らない程度にクールに決めましょう。男性は、腕を軽く下ろした状態で、手のひらを広げて力強いイメージでやっていきます。シミーするときは、目の前にいる相手をしっかり見つめるようにしましょう。

フォワード・シミーのコツは、肩を動かし続けることです。手をももの上に添えても、リラックスした雰囲気がでてクールに見えますよ?

サイド・ルック(How to Do a Side Look)

www.youtube.com

サイド・ルックと呼ばれる動きを、マスターしていきましょう。プリティーでイージーな、本当に基本中の基本のような動きです。ダンスフロアーでどうしたらいいかわからなくなったら、とりあえずサイドルックをやってみてください。

足で動いていく方向を見ます。肩の高さに腕を上げて、進行方向と反対側に腕を流していきます。右にステップを踏むときは、右を見ます。腕は、移動する身体の反対側に流していきます。腕をセンターに戻して、前を向きます。反対側も同じようにします。

サイドルックのコツは、ステップするときにひざを軽く曲げることです。足がまっすぐなままだと、かっこよく見えないですからね?2カウント目でセンターを向くときに、指のスナップを効かせて音を鳴らしてみましょう。

ロッキンムーヴ(How to Rock a Dance Move)

www.youtube.com

ロッキンムーヴをやっていきましょう。ロッキンとは、身体を揺らす動きのことです。

足を真ん中で揃えます。ひざを軽く曲げます。上体を、前に後ろに揺らします。ひざを曲げたまま動き続けます。ちょっとファンキーに動いていきましょう。サイド・トゥー・サイドに身体を前後に揺らしながら、左右に揺らしていきます。ロボットのように背中をまっすぐしたまま動くとかっこ悪くなりますからね?肩の力を抜いて、リラックスしてやっていきましょう。中くらいのテンポで始めて、徐々にテンポを速くしてやっていきます。

ドギー(How to Dougie)

www.youtube.com

ドギーをマスターしていきましょう。

足を肩幅よりも広めに開きます。軽く膝を曲げて、右足から左足の側にインしていきます。身体を軽くアップさせて右足で、右にステップを踏んでアウトします。反対側も同じようにします。左足から、右足の側にインします。身体を軽くアップさせて左足で、左にステップを踏んでアウトします。

エンカウントからスタートして、シングルシングル・ダブルのリズムでやっていきます。ドギーのコツは、イン・アウトの繰り返しをイメージすることです。腰に手を添えてやってみましょう。片手を腰に添えてもいいし、そのままもう一方の手を頭に添えてもいいです。頭を軽く振りながら、スワッグしてやってみましょう。

リズムアクセントをバックに持ってきて、少し後ろにリーンしてみましょう。ゆっくりとしたテンポでやると、気持ちよくなってきます。時間をかけて、ゆっくりリズムに乗っていきましょう。肩を払う動作をやってみたり、自由に動いてみてください。

ジャーク(How to Jerk)

www.youtube.com

ウエストコーストで作られた最も有名なダンスは、ジャークですよね?斜めの角度でやってみますので、私の足をよーく見て練習してみてください。

最初に、左足でホップしていきます。同時に右足でキックします。左足で前にホップすると同時に、右足を後ろに振ります。右足を下ろすと同時に、左足でキックします。左足を後ろに振ると同時に、右足で前にホップします。左足で下からすくうようにして、右足を蹴り出していきます。

リズムは、ホップ・エン・キック・ホップ・エン・キックの繰り返しです。慣れてきたら、上半身を使っていきます。エンカウントで前に行くときに、ほんの少し上半身を前に持っていきます。リズムは、ダウンではなく、エンカウントでアップを入れていきましょう。腕を腰に当ててもいいし、自由に踊っていきましょう。下から指ですくい上げるような動きもかっこいいいですよ?

ジャークの動きを、リジェクトということもあります。どちらでもわかるようにしておきましょう。

www.youtube.com

ポップ(How to Pop)

www.youtube.com

ポッピンの動きを、学んでいきましょう。

腕を上げます。ポッピンは、基本的に筋肉の収縮と解放
を繰り返す動きです。最初に、腕を使っていきます。具体的に、上腕二頭筋と、前腕を使っていきます。腕を上げて力を入れて、リラックスします。筋肉を収縮させて、開放します。リラックスするときは、100%完璧に力を抜いて筋肉を開放してください。

リズムは、フレックス・リリース・フレックス・リリースの繰り返しです。

上腕三頭筋を使って、筋肉の収縮と解放をやってみましょう。腕を真っ直ぐ前に伸ばします。ひじをロックせずに、リラックスさせます。90度にひじを曲げると、上腕二頭筋と前腕のポップがやりやすくなります。まっすぐに伸ばすと、上腕三頭筋のポップがやりやすくなります。

足のポップは、大腿四頭筋を使っていきます。いわゆる、太ももの筋肉です。筋肉を収縮させて、開放します。ダウンのリズムを入れたりしないでください。軽くひざが自然にバウンスするくらいにとどめておきましょう。前にではなく、後ろに対してポップを入れていきます。上半身の力を抜いて、リラックスしてやっていきましょう。両手、両足同時に筋肉の収縮と解放をやっていきます。足のポップをするときに、ひざを後ろに下げようとしないことです。ひざを痛める原因になります。足の筋肉の収縮と解放のときに、自然とひざが動く程度にしておきましょう。

両手両足を同時にポップさせる動きを、フレズノと言います。フレズノをやっていきます。右、左と重心をシフトさせてやっていきましょう。片方の腕をダウンさせておきます。旅行させたり、だらしなくしたり、眠らせたり、クルーズさせたりしないようにしましょう。ダウンしている腕も、筋肉の収縮と解放を常にやっていきます。

ポッピンのダブルフレズノのコツは、両手、両足の4箇所が常にポップしているイメージでやることです。サイドからサイドにシフトするとき、ダウンもアップも入れずにやっていきます。

ロボットダンス(How to Dance the Robot)

www.youtube.com

ロボットダンスの基本を、学んでいきましょう。

ゆっくり右を見ます。つま先を浮かせて、顔と同じ方向を向けます。肩から、右手を顔の高さに上げます。左手も、肩の高さに上げます。胴体を使って、前にリーンして上体を傾けていきます。腕のポジションを変えないようにします。ひざを曲げたらだめですよ?前にリーンするとき、同時に正面に顔を向けます。そのまま、空中に座ります。左にターンします。左を向いたまま、前にリーンして上体を傾けます。正面を見ます。腕の高さを左右で入れ替えます。上体を起こします。身体を前に向けます。

ロボットダンスのコツは、動きの滑らかでないロボットを想像しながらやってみることです。

ランニングマン(How to Do the Running Man)

www.youtube.com

いつもクラブに行ったとき思うのが、いろんな人がランニングマンをやろうとするんだけど、いつもショッピングカートのような感じで終わってるんですよね。要するに、ランニングマンになってないってことです。きちんとしたダンスになったランニングマンをマスターしていきましょう。

右ひざを上げてホップします。右足を下ろすと同時に、左足を後ろにスライドしてランジします。左ひざを上げてホップします。同時に右足を真ん中に持ってきます。左足を下ろすと同時に、右足を後ろにスライドさせます。

同時に腕も動かしていきます。右ひざを上げてホップするときに、両手を前に出します。左足を後ろにスライドさせるときに、腕も後ろに引きます。腕を引くとき、腕で足を後ろに引くようなイメージでやります。

キドゥンプレイ(How to Do the Kid ‘n Play)

www.youtube.com

キドゥンプレイと呼ばれる動きを、学んでいきましょう。左足で前にステップを踏みます。右足をアウトして、インします。右足が浮いた状態になりますが、通常はパートナーとやります。パートナーとかかと同士が、触れ合うようにします。右足、左足とステップバックしていきます。

上半身は、ひじをアウトして、インします。鳥じゃないし、チキンじゃないですからね?ひじをアウトして、インしてと、繰り返していきます。

キドゥンプレイは、基本的にチャールストンとほぼ同じような動きです。

まとめ

クラブダンスは、ビートを簡単にとってみたり、首を縦に振ってリズムに乗ったり、サイド・トゥー・サイドで簡単にステップを踏んでみたりと、すごくシンプルな動きで楽しめるダンスです。トラベルフォワード、トラベルバックワード、サイドルックなどのごく簡単なステップを覚えて、音楽に合わせて楽しく踊っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。