文章の幅を広げるための方法を解説【自分にできることを組み合わせる】

こんな方におすすめ

  • 文章の幅を広げたい。
  • いつも同じ場所で同じことをしがち。
  • ブロガーとしてもっと成長したい。

いつもと同じ場所で、同じことばかりしてませんか?

いつもいる場所って、居心地がいいですよね。

ですが文章を書く人間として、実はものすごくもったいないことをしているんです。

では、どうしてもったいないのでしょうか?

記事にまとめてみました。

食べていくためのブログの書き方をガッツリ学びたい方へ

とり急ぎ、食べていくためのブログの書き方をガッツリ学びたい方は、ブログ飯 個性を収入に変える生き方をポチっておきましょう。

「いつもと同じ選択」を変化させる

同じ場所で、同じことばかりを繰り返してませんか?

いつもいる場所って、居心地が良いですよね。

人間は、本能的にいつも同じ場所に居たいし、いつも同じことをやる性質を持っています

ですが、実はブロガーとしてものすごくもったいない生き方をしているんです。

きっと、あなたの居続けているコミュニティーは

  • 家族(家)
  • 学校
  • 町内
  • 働いている会社
  • サークル
  • ジム

この6つの中の1つに該当しているでしょう。

ネットや趣味の領域だと

  • ブロガー仲間
  • ネトゲ仲間
  • ダンス仲間
  • 筋トレ仲間

など、何千何万ものコミュニティーがあり、あなたはその中の1つに所属しているはずです。

ここで冒頭の質問に戻りますが、

いつも同じコミュニティーで、同じことばかりをやってませんか?

きっとあなたは、なんとなく居心地がいい場所にずっと居続けてますよね。

だって、楽なんだもん。

こう考えているでしょう。

ですが、実はブロガーとして圧倒的に生産性のない生き方をしているんです。

できれば、ブログ記事の生産性を上げるためにいつもの日常をちょっと変化させてみて下さい

いつもと違うペペロンチーノを食べる

いつも同じコンビニで、同じペペロンチーノばかり食べてませんか?

僕は、ペペロンチーノが好きなので、毎週必ずコンビニで購入して食べています。

ですが、ちょっと変化をさせつつペペロンチーノを購入するように心がけています。

理由はシンプルで、

ブログの生産性が上がる

からです。

例えば

いつもセブンイレブンのペペロンチーノを食べるなら

ファミリーマートのペペロンチーノを食べてみる

これだけで、セブンとファミマのペペロンチーノの違いを比較して、1記事がっつり書くことができます。

さらに、

ローソンのペペロンチーノを食べる

近所のスーパーのペペロンチーノを食べる

作業を体験することで「ペペロンチーノ」ジャンルの全体像が見えてきます。

僕が記事にするなら

  • コンビニのペペロンチーノは、圧倒的に○○の商品がおいしい!その理由を解説
  • なぜコンビニのペペロンチーノは高くても売れるのに、スーパーの安いペペロンチーノは売れないのか

実体験をもとに、理由を検証しつつ記事を仕込んでいくでしょう。

いつも「セブンのペペロンチーノ」ばかり食べていた日常をちょっと変化させただけで、今まで気づかなかった周辺情報を発見できるんです。

自分にできることを組み合わせる

1つの分野だけに、固執してませんか?

もしあなたが、1つの分野に圧倒的な才能があるから、どうぞそのまま突っ走り続けて下さい。

僕のアドバイスを読む必要はないです。

ですが、この記事を読んでいるあなたはそうではないでしょう?

であれば、1つの分野だけにこだわるのではなく、自分にできることを組み合わせてみて下さい。

例えば僕の場合

ダンスが好きで、いつも練習している

ブログ記事を書くのが好きで、いつも文章の書き方を書籍から学びつつ記事を書いている

ストレッチが好きで、どうすれば身体が柔らかく快適になるか考えている

筋トレが好きで、短時間で効率的に筋肉を鍛える方法を模索している

この4つを組み合わせて、ブログ記事を書いてます。

それぞれの分野を組み合わると

  • ブログ記事の書き方をいつも考えているので、ダンスの練習方法の記事を短時間で一気に書ける
  • 「ダンスに必要な柔軟性を養うためのストレッチ」の記事が書ける
  • 「身体のラインを美しくするための筋トレ効果が見込めるダンスの動き」の記事が書ける
  • 「ダンスの動きをレベルアップさせるためにどんな筋トレをすればいいのか」記事が書ける

一つの分野にこだわっている人よりも、読者から必要とされる可能性が圧倒的に広がっていきます。

さらに言うと、ダンスがものすごく上手い人は、文章を書くのが苦手なパターンが多いです。

そして僕は、ものすごく上手いダンサーに比べてダンスの能力値はあまり高くないけど、文章を書くのが得意です。

だからこそ、僕の持っている文章能力を使ってダンスの練習方法を記事にすることで、読者に読んでもらえているんです。

○○芸人から学ぶ

テレビで売れている芸人さんを見ていると

  • 家電+芸人
  • 家事+芸人→家事えもん
  • アニメオタク+芸人
  • クイズ王+芸人

など、芸人の肩書に+αが乗っかっているパターンの方が増えてきましたよね。

理由はシンプルで、ただの芸人としてはたいして面白くもないので、生きていけないからです。

じゃあ、彼らはどうしたのか?

芸人としての肩書に、自分の持っている複数の能力を組み合わせる選択肢を選んだんです。

例えば

芸人としては売れてないけど、家事能力が人一倍高い

家事芸人「家事えもん」になって、芸人枠でテレビに出演しつつ、家事の才能をメディアで表現していく

流れで、家事えもんは家事芸人として売れていきました。

家事えもん自身にとっては、要領よく家事ができるのは当たり前でも、メディアの視聴者から見たら「家事えもんは家事能力がずば抜けて高い人」として、一目置かれる存在になったんです。

自分が普段やってることは当たり前と考えず、もっと自分の能力を分析してみて下さい

1つの分野に秀でてなくてもいいんです。

自分にできることをいろいろ組み合わせることで、あなたがブロガーとしてレベルアップできる可能性は広がっていくはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です