BTSの中で、一番動きにキレがあるのは、、、そう「彼」ですよね。

BTSの中で、一番動きにキレがあるのは、、、?その理由とは

シリーズで、kpopアイドルのダンスはなぜすごいのか、どうしてあんなスゴい身体の使い方ができるのかについて、お話しさせていただいてます。

BTSの中で、一番動きにキレがあるのは、、、そう「彼」ですよね。

こんにちは。

くまさんです。

ダンスをさせていただいてます。

ストレッチをさせていただいてます。

筋トレをさせていただいてます。

シリーズで、kpopアイドルのダンスがなぜすごいのか、彼ら彼女らはどういうことを意識して踊っているのかについてお話しさせて頂いています。

そして、kpopアイドルが意識していることは、とてもシンプルなことで、単純なことだからこそ、毎日のように欠かさず、彼らはとてつもない努力を積み重ねていってるんだよって話でもあります。

何が言いたいかというと、彼ら彼女らの動作の秘密を解き明かしていくことで、あなたも彼らのようにシンプルなことを淡々と続けていくだけの、ダンスへのあふれるような愛があれば、ダンスが上達していきますよって考えてもらうと良いです。

BTSは、韓国語で방탄소년단(バンタンソニョンダン)と呼ばれています。

そして、방탄소년단(バンタンソニョンダン)をアルファベットで表現すると、Bang Tan Sonyeondanになります。

頭文字をとって、BTSと言われるようになりました。

ですので、BTSと言うこともあれば、バンタンと言うこともあります。

ということで、今回は、BTSの中で、一番動きにキレがあるのは、、、そう「彼」ですよね、という内容でお話していきます。

BTSのメンバーは、人前でずっとダンスを披露し続けているので、ジミンも、ジョングクも、ブイも、ジェイホープも、シュガも、ジンも、ラップモンスターもみんな、動きにキレが有ります。

ですので、誰の動きが一番好きで、誰の動きのキレが一番好きかっていう話になると、あなたが一番好きなバンタンメンバーの動きが、あなたにとって一番動きのキレがあるBTSメンバーだって考えてもらって良いです。

ただし、普段から毎日のようにきちんと基礎練習をやり込んでいるダンサーが、BTSメンバー7人の踊りを客観的に見たときに、誰の動きが一番、キレがあるように見えるのかは、また別の話です。

ということで、じゃあバンタンの7人、ジミン、ジョングク、ブイ、ジェイホープ、シュガ、ジン、ラップモンスターの中で、誰のダンスが一番キレがあるのかっていう話をしていきます。

結論から言うと、ジェイホープが、一番ダンスにキレがあります。

何故かというと、ジェイホープは、バンタンメンバーの中で一番、動きの緩急をきちんと意識してダンスを踊っているからです。

ジェイホープ君の動きのキレについては、BTSのジェイホープの動きを見て「すごいなあ」って思うでしょ?彼は、ある一つのことを意識しているんです。の記事で、細かくお話ししていますので、ぜひ目を通してみて下さい。

簡単に言うと、動きのキレというのは、キレキレに動くだけでなく、動きの緩急を上手に使っているって考えてもらうと良いです。

バンタンのジェイホープは、メンバーの中でもずば抜けて、緩急を表現するのが上手です。

それは、ジェイホープが、心からダンスを愛していて、ダンスを人前で披露するときは、動きの緩急を意識しようという強い思いを持って、ダンスと向き合っているからです。

もっと突っ込んだ話をすると、あなたがジェイホープのようにキレキレに踊ろうとしても同じようにならないと思います。

何故かというと、ジェイホープほど、あなたはダンスを人前で踊り込んでいないし、彼ほどダンスに対して熱心にまじめに、真摯な姿勢で向き合えていないからです。

BTSのジェイホープは、毎日のように地道にダンスの基礎練習をきちんと行っているからこそ、キレを使った動きの緩急を表現できてるんだよってことを覚えておいてください。

ということで、BTSの中で、一番動きにキレがあるのは、、、そう「彼」ですよね。という記事見出しの答えは、ジェイホープでした。

では、くまさんでした。

ありがとうございます。

その他のKPOPアイドル関連記事

BTSのジミン

BTSのジミンは、なぜあんなに首が左右に動くのか秘密を知りたい人だけ、記事をみてください。

BTSのジミンの立ち姿がかっこいい理由は、あることを意識しているからです。

BTSのジェイホープ

BTSのジェイホープの動きを見て「すごいなあ」って思うでしょ?彼は、ある一つのことを意識しているんです。

TWICEのモモ

TWICEのモモのように、腰を柔らかく動かしたいですか?だったら、これをやると良いです。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見るたびに、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで、ダンスを心から愛して、生涯ずっとダンスと共に過ごしてくれたら良いなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です