ブログ月間10万PV達成!アクセスアップのコツを解説!

こんな方におすすめ

  • ブログのPVを増やしたい。
  • ブログのアクセスをアップさせたい。
  • ブログを人に見てもらうために必要なコツを知りたい。

 
この記事を読んでわかること

  • ブログを続けているとアクセスが増える時期がある
  • ブログのアクセスを増やすためのコツ

先日以下のようなツイートをしました。

2018年10月のブログ月間PV、10万PV達成!!

今月も、淡々とダンス記事を仕込んでいくスタンス。

僕のブログは、2018年10月の一か月間で、約10万PVでした。

月間で、10万回見られたことになります。

初心者ブロガーの頃の僕から考えたら、かなりのアクセス数だと思います。

ということで、ブログ月間10万PV達成することができたポイントをまとめてみました。

僕のブログ歴と使用メディア

ブログを始めたのは、2016年4月くらいでした。

使用している媒体は「ライブドアブログ→はてなブログ→ワードプレス」という感じです。

今は、ワードプレスに落ち着いています。

本格的に長めのしっかりしたブログ記事を書き始めたのが、2017年の12月くらいからなので、そこからアクセスが徐々に上がってきたイメージです。

「ワードプレスに変えた+バズる記事を書いた時期が重なった」ことでアクセスが一気に爆増しました。

具体的には「はてなブログで月間2万PV→ワードプレスに変えたら4万PV→56000PV→10万PV」という右肩上がりのアクセスアップの流れです。

ブログを続けているとアクセスが増える時期がある

ブログを続けているとアクセスが増える時期があります。

ブログを続けているとアクセスが増える時期がある

ブログは、続けている人が少ない媒体です。

同時期にブログを始めた人が、3ヶ月、半年、1年と立つと、ほとんどいなくなります。

そこで、辞めずにずっと続けていると、ふとした時にアクセスが増えてくる時期があります。

アクセスが増えてきたら、グーグル先生にブログを認められた証拠だと考えていいかと思います。

アクセスが集まるブログには、益々アクセスが集まっていきます。

「アクセスが増える→ブログ自体の価値が上がって、グーグルからの評価が上がる→益々アクセスが増える」という流れになります。

さらに、ブログのアクセスを増やすためのコツについて深掘りしていきます。

ブログのアクセスを増やすためのコツ

ブログのアクセスを増やすには、コツがあります。

文字数2000文字以上のボリュームのある記事を書く

文字数2000文字以上のボリュームのある記事を書くと、アクセスが増えます。

文字数が多いほうが検索上位に表示されやすい

僕の経験上、文字数が2000文字以上の記事を書くと、徐々に検索順位が上がっていく感じがします。

5000文字から9000文字くらいだと、さらに上位に表示されやすいです。

検索してみて「500文字から1000文字程度で、上位に表示されてる他人のブログ記事」を見つけたら、チャンスだと判断します。

もっとボリュームのある記事を書いて、検索上位を狙えます。

「自分が書こうとしているキーワードを検索→短文記事が上位にきている→もっと細かい解説を入れて長文を書く→検索上位を狙う」という流れです。

この記事なんかは、3400文字ですが、検索でたくさんの方に見られています。

背中を柔らかくするストレッチのやり方を解説!

自分なりのブログ記事構成のパターンを決める

自分なりのブログ記事構成のパターンを決めて記事を書くと、アクセスが増えます。

自分なりのブログ記事構成のパターンを決める

検索から来た読者は、もっと内容を深掘りするために、ブログ内のその他の記事も深掘りしてくれます。

「検索して記事を閲覧する→わかりやすい記事だなと判断する→同じ著者の他の記事ももっと読みたくなる」というイメージです。

きてくれた読者をどんどん拾っていくために、ブログ記事の構成を統一しましょう。

記事の流れが統一されていると、読者はどんどん次の記事を読んでくれます。

「文章の構成がわかりやすい記事+その他の記事も文章の構成が統一されている→どんどん次の記事を読みたくなる」という流れを作っていきます。

僕の場合は、ネット上でブログ記事の構成を無料で公開してくださっている方の記事を参考にして、記事の構成を考えています。

慣れてきたら、自分なりにアレンジして変化させていきます。

読みやすいブログの記事構成をマネする

「このブログ読みやすいな→ブログの記事構成をコピーする→自分のブログ記事構成に活用する」という流れを作っていきます。

あなたが読みやすいと思うブログ記事構成は、他の人も読みやすいと考えるはずです。

読みやすいブログの記事構成を、ガンガンマネしていきましょう。

自分が熱中してやっていることを記事にする

自分が熱中してやっていることを記事にすると、アクセスが増えます。

自分が熱中してやっていることを記事にする

僕の場合は、ダンスに人生の残りの時間を費やしています。

ですので、ダンスに関連して、ダンスの技、ダンスのジャンル別の技の紹介、ストレッチ、筋トレなど、ダンスと関係のあることを記事にしています。

いつも、ダンスをもっとうまくなりたいと考えています。

ダンス上達には、身体の柔らかさが必要なので、ストレッチについて、熱心に調べます。

調べたり、ジムのトレーナーさんから聞いたことを、動画を撮って実践して、記事にします。

また、ダンス上達には、自分の身体を支えるだけの筋肉が必要なので、筋トレについて調べて、記事にまとめたりします。

ダンス上達には、ダンスの技を細かく理解する必要があります。

僕は、ダンススクールに週2回通っているので、そこで教わったことを動画にとって実践して、記事にします。

「自分が熱中していることを動画に撮る→文章にまとめて記事にする」を繰り返していくイメージです。

どんな分野においても、初心者が全体の大半を占めています。

僕が熱中しているダンスも同様です。

底辺ダンサーの僕がダンスを練習していて感じたことを記事に書きます。

練習していてどういうところが間違いやすいのか、初心者はどうしたらうまくなるのかを書きます。

ダンスについて検索する人の大半は「ダンスを始めた+どうしたらうまくなれるのか悩んでいる」という人です。

ですので、検索の大半を占めている初心者に向けた記事を書くことで、アクセスアップを狙っています。

「底辺ダンサーの僕が練習して身につけたことを記事にする→同じような初心者ダンサーが検索して記事を見てくれる」という流れです。

過去記事のリライトをする

過去記事のリライトをすると、アクセスが増えます。

過去記事のリライトをする

過去記事を定期的に、見直しています。

今現在の文章構成と、過去記事を書いていたころの文章構成が変わっている場合もあります。

文章構成を変えた方が読みやすいかもと感じたら、迷わずリライトします。

リライトすると、文章の構成が見やすくなります。

ザックリいうと「リライトする→文章が読みやすくなる→アクセス数が増える」という流れです。

過去記事に追記する

過去記事を見直しましょう。

記事を書いた当初よりも、自分自身の知識が増えていることに気が付きます。

増えた分の知識で、記事に追記していきましょう。

追記することで、記事がより深みのあるものになります。

検索してきたユーザーは、薄っぺらい記事よりも、深みのある記事を好みます。

ザックリいうと「過去記事に追記する→文章に深みが出る→アクセス数が増える」というイメージです。

ワードプレスの有料テーマを利用する

ワードプレスの有料テーマを利用すると、アクセスが増えます。

ワードプレスの有料テーマを利用する

僕は「ライブドアブログ→はてなブログ→ワードプレス」という流れでブログ媒体を変えていきました。

特に、ワードプレスの有料テーマを導入したことで大きな変化が起きました。

冒頭でも書きましたが、具体的には「はてなブログで月間2万PV→ワードプレスに変えたら4万PV→56000PV→10万PV」という右肩上がりのアクセスアップの流れです。

「ワードプレスに変えた+バズる記事を書いた時期が重なった」ことで、アクセスが爆発的に増えていきました。

ワードプレスの有料テーマは、ブログ記事の装飾が簡単にできるようになっています。

記事が簡単に装飾できるので、記事を書くことに集中できます。

ザックリいうと「記事の装飾が簡単にできる+簡単なわりにきれいな装飾ができる→記事を書くことに集中できる」というイメージです。

有料テーマ「ストーク」

僕が使っているワードプレスの有料テーマは、WordPressテーマ「ストーク」です。

スマホ用のレイアウトがすでに出来上がっているので、何もしなくてもきれいに表示されます。

パソコン用にも、いろいろな表示方法が用意されています。

有料サーバー「エックスサーバー」

ワードプレスの有料テーマとセットで、有料サーバーを契約しています。

僕が使っている有料サーバーは、エックスサーバーです。

表示速度等で特に困ることもないのでおすすめです。

「ストーク+エックスサーバー」という組み合わせは、一般的に使われているので、運営に支障が出ることもないです。

独自ドメイン「お名前ドットコム」

僕は「ストーク+エックスサーバー+独自ドメイン」の組み合わせでブログを運営しています。

独自ドメインは、お名前.comあたりが有名でおすすめです。

無料ドメインは、ブログ記事の内容で「ドメイン提供側が認めることのできない」なにがしかの問題があると、ドメイン提供側からドメイン自体を即削除されることもあります。

ザックリいうと「無料ドメイン=他人のふんどしを履いてブログを運営→他人が勝手に削除することができる→安心して運営できない」というイメージです。

ブログを長く続けていくなら独自ドメインは、必須です。

独自ドメインであれば、自分がドメインの主(あるじ)なので、誰かの意思で勝手に削除されることもありません。

まとめ

ブログのアクセスアップのためのポイントをまとめてみました。

ブログのアクセスが伸びずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。