ベントオーバーローイングの基本フォーム【難しいので練習が必要です】

ベントオーバーローイングの基本フォームとは

ベントオーバーローイングの基本フォームってどうやったらいいの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ベントオーバーローイングのやり方

最初に言っておくと、デッドリフトがしっかり出来るようにならないと、ベントオーバーローイングは難しいです。

まずは、デッドリフトのお辞儀を覚えてください

そして、お辞儀の姿勢で息を吸いながら胸郭を広げていき、バーを胸骨の下の辺りに引きます。

バーを引きながら、胸を張っていきましょう。

バーを引くときの意識は、シーテッドローイングで使われるような、ローイングのときの意識で行なっていきます。

簡単に言うと、バーを引くときだけ胸を張るようにしましょうって話です

そのときに膝を少しだけ緩めて、膝を少し上げる動きも同時に行っていきましょう。

最初から膝を軽く緩めておいて、少しだけ膝を伸ばす意識が大事です

膝を伸ばしきるのはよろしくないので、少しだけ緩めるのがポイントです。

さらに言うと、肘を気持ち斜め下に向かって引くと、広背筋に刺激が入りやすいかと思います。

もう少し突っ込んだ話をすると、胸を張る動作と、膝の軽い伸縮を同時にやる必要があるので、習得に時間がかかりますよって話です。

そして、バーを下ろすときは、背中が丸まらないように、平らな背中を意識すると良いです

バーを下ろすときに、腰の緊張を少しだけ解くようにしましょう。

正確なフォームを覚えるまで、軽い重量で練習するのが良いかと思います

まとめると、デッドリフトと、ローイングの要素がミックスされているので、かなり難易度が高い種目だと考えて良いです。

筋トレのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっと筋トレについて詳しく知りたい方は、

筋トレに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です