ベントオーバーローイングで常に腰に負担がかかっているときの改善方法

ベントオーバーローイングで常に腰に負担がかかっているときの改善方法とは

ベントオーバーローイングをやると、腰に負担がかかって痛いんだけど、どうしたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ベントオーバーローイングで常に腰に負担がかかっている人は、膝の使い方を覚えたら良いです

ベントオーバーローイングをやると腰が痛くなる人は、フォームを改めたほうが良いです

なぜかと言うと、腰を痛めるということはフォームが間違っているからです。

じゃあどうしたら良いかと言うと、膝を軽く曲げてほんの少しだけ伸ばす動きを取り入れたら良いです

バーベルを使うときの話をしますね。

具体的に言うと、膝を軽く曲げたまま、オーバーグリップで上からバーを握ります。

膝をほんの少しだけ伸ばして、バーを胸に向かって引き寄せつつ、胸をグーッと張って顔を正面に向けてみて下さい。

脊柱起立筋に負荷が乗ってくるはずです。

そして、ほんの少しだけ膝を曲げつつ、バーを下げていき、胸を元の状態に戻していきます。

わかりやすく言うと、バーを下げたときに、胸を戻して、膝を少しだけ曲げることで、腰への負荷が抜けて腰が楽になりますよって話です

もう少し突っ込んだ話をすると、足には常に負荷がかかっているので、ベントオーバーローイングをやることで、足の筋肉も自然と鍛えられるってことを覚えておいて下さい。

筋トレのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっと筋トレについて詳しく知りたい方は、

筋トレに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です