ベントオーバーローイングで膝を伸ばしきってしまう場合の改善方法

ベントオーバーローイングで膝を伸ばしきってしまう場合の改善方法とは

ベントオーバーローイングで、いつも膝を伸ばしきってしまうんだけど、どうしたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ベントオーバーローイングで膝を伸ばしきってしまう人は、膝と上半身の動きを連動させると良いです

ベントオーバーローイングで膝を伸ばしきってしまう人、やり方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、膝が曲がっている方が、安定してしっかり広背筋をストレッチできるからです。

もう少し突っ込んだ話をすると、動作の間中膝はずっと曲げたままにしたほうが良いし、ほんの少しの膝の上下運動を入れたほうが良いですよって話です

バーベルのベントオーバーローイングの例でお話しますね。

具体的に言うと、オーバーグリップで上から握った状態で、胸に向かってバーを引きます。

膝を曲げた状態から、バーを引くときにほんの少しだけ膝を伸ばしつつ、脊柱起立筋で上半身を支えて、胸をグーッとそらして顔を上に上げていきます。

わかりやすく言うと、バーを引くときにほんの少しだけ膝を伸ばすんですが、膝をピンっと真っ直ぐ伸ばすわけではないし、膝を伸ばしっぱなしで動作を行うわけでもないよって話です。

そして、バーを下げるときに、膝を少しだけ曲げつつ、胸も元に戻します。

胸を戻すことで、脊柱起立筋の緊張がゆるんで、腰の負担も抜けていくってイメージです

まとめると、ベントオーバーローイングで膝を伸ばしきってしまう人は、膝と上半身の動きを連動させると良いってことを覚えておいて下さい。

筋トレのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっと筋トレについて詳しく知りたい方は、

筋トレに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です