(Belly)ベリーダンスの基礎技解説④!エジプシャンのやり方も!


ベリーダンスでは、ヒップスカート、ベール、シンバル、剣、ステッキなどの小道具を使って、ダンスに彩りを添えていきます。

それぞれの道具の使い方をしっかり覚えていきましょう。

(Belly)ベリーダンスの基礎解説動画

へそ出しウェアーがとても似合っているIrina Akulenkoさんの動画を参考にして、(Belly)ベリーダンスの基礎をマスターしていきましょう。

チューチュー・シミー(How to Do a Choo-Choo Shimmy)

チューチュー・シミーという技を、学んでいきましょう。

ひざを曲げたままにして、胸をリフトアップして、尾てい骨をダウンさせます。

右足左足と交互に、ステップを踏んでいきます。

ステップを徐々に速くしていって、ステップを踏むごとに、お尻をアップさせていきます。

つま先立ちで、常にひざは曲げた状態を保ちます。かかとを床から浮かせてつま先立ちになると、動作がやりやすくなります。

重心を足の内側にもってきましょう。頭をダウンしたりアップしたりして動かさないように、注意しましょう。

慣れてきたら、サイドに移動しながらなど、自分なりのムーヴメントでやってみてください。

ウォーキング・シミー(How to Do a Walking Shimmy)

ウォーキング・ヒップ・シミーと呼ばれる動きを、マスターしていきましょう。

準備する前に、ひざを曲げた状態を保ったままスタートします。

右左交互にヒップリフトを入れていきます。なめらかにゆっくりやっていきましょう。

ひざの動作よりも、ヒップの動作をしっかり意識していきます。ひざは、歩くときに使っていきますからね。obliquesを、腹斜筋をしっかり感じてやっていきます。胸をしっかりリフトして上げたままにします。下の腹筋をしっかりタックして、内側にインしたままやっていきます。

お尻の動きを続けながら、片足のかかとを上げていきます。

可能な限り、左右のお尻の動きを変えないようにします。片足だけが少し高い位置になりますが、お尻の動きは変えないように意識しましょう。慣れてきたら、足を床から離していきます。反対側の足に添えてもいいし、前にホバーして浮かせてもいいです。

さらに慣れてきたら、片足ずつ上げていって、ゆっくり前に歩いていきます。

ウォーキング・ヒップ・シミーのコツは、リラックスして、シミーを続けていくことです。胸を上げて、肩を後ろに下げて、腕を軽くサイドに広げて、エナジーを集めるようにします。

ベーシック・エジプシャン(How to Do the Basic Egyptian)

ベーシック・エジプシャンという技を、学んでいきましょう。

ニュートラルポジションをとります。

ひざを曲げたままにして、胸をリフトアップして、下の腹筋を引っ込めます。

右足を前に出してつま先で床にタッチして、戻して、左足を前に出してつま先で床にタッチして、戻します。

常にひざは曲げたままにすることを、意識しておきましょう。足を前に出すときに、足を前に出す方のお尻をツイストしてアップさせます。腕は、右手を前に出して、左手を頭の上に乗せます。

ベーシックエジプシャンのコツは、ツイストするときに、一度後ろに軽くツイストしてから、前にツイストすることです。

あくまでもベーシックなエジプシャンの動きなので、自分なりのムーヴメントを作り出して自由にやってみてください。

オポジット・ヒップ・プッシュ(How to Do Opposite Hip Pushes)

オポジット・ヒップ・プッシュと呼ばれる動きを、マスターしていきましょう。

ひざを曲げたままにして、下の腹筋を引っ込めて、胸をリフトアップして、腕をサイドにアウトして、肩を後ろに下げます。

左足でサイドにステップを踏むと同時に、右足のかかとを床から浮かせて、右のお尻をアップさせます。右足でステップを踏んで、両足を揃えます。反対側も同じようにします。右足でサイドにステップを踏むと同時に、左足のかかとを床から浮かせて、左のお尻をアップさせます。左足でステップを踏んで、両足を揃えます。

オポジット・ヒップ・プッシュのコツは、胸郭から上を動かさないようにすることです。

慣れてきたら、進行方向に両手をプッシュしてみたり、自由にムーヴメントを作っていきましょう。

ヒップスカーフの使い方(How to Use a Belly Dancing Hip Scarf)

ヒップスカーフの使い方を、学んでいきましょう。

よくあるスクエアタイプのヒップスカーフを使っていきます。

たいていコインが付いています。鏡の前で練習するときに、見た目的にお尻の動きがよりわかりやすくなりますので、ヒップスカーフを使っての練習をオススメします。おしゃれにもなるので、練習が楽しくなりますよ。

是非、ヒップスカーフを使ってみてください。

シンバルの使い方(How to Use Cymbals)

シンバルの使い方を、マスターしていきましょう。

よくあるタイプのフィンガー・シンバルを使っていきます。丸い形をしていて、使い方のバリエーションは豊富にあります。

4つのシンバルを、親指と中指にはめて使います。

親指と中指にはめたシンバル同士を接触させて、音を鳴らします。音楽を聞きながら、リズムに合わせて使っていきましょう。

剣の使い方(How to Use a Sword)

剣の使い方を、学んでいきましょう。

ベリーダンスでは、ダンサーの柔軟性やバランス感覚を観客に見てもらうために、剣を使っていきます。

とても美しい小道具で、ちょっと危険な感じを観客に見せることが出来て、観客を魅了するためにとても役に立ちます。腕で指先を使って刀身を支えてバランスをとったり、肩やお尻やひざで剣のバランスをとったりします。一番よく使われるのが、頭の上に剣を乗せてバランスをとることです。

剣が落ちないようにバランスをとったまま、いろいろなムーヴメントをやっていきます。

ステッキの使い方(How to Use a Cane)

ステッキの使い方を、マスターしていきましょう。

ステッキは、バランスを取ったまま踊るために、ベリーダンサーがよく使うアイテムです。

特にエジプト地域では、伝統的にステッキが使われています。とても楽しいアイテムで、トゥエルして回したりして、いろいろな使い方が出来ます。

頭に乗せてバランスをとったりもします。肩にもせたり、トゥエルして回してみたり、自由に自分なりのムーヴメントを作ってみてください。

ベールの使い方(How to Use Belly Dancing Veils)

ベールの使い方を、学んでいきましょう。

一般的な、ベリーダンスのベールを使っていきます。

大抵は、シルクやシフォンなどの軽い素材で作られています。

腕を使って、自由自在に動かせるように、軽い素材で作られています。

ベールは、とてもリリカルで、美しい素材で、音楽に美しい彩りを与えてくれます。

おすすめの関連記事

ベリーダンスについて書いたその他の記事も、参考にしてみてください。

(Belly)ベリーダンスの基礎技解説!ヘッドスライドのやり方も!

(Belly)ベリーダンスの基礎技解説②!ベリーロールのやり方も!

(Belly)ベリーダンスの基礎技解説③!フィギュアエイトのやり方も!

まとめ

ヒップスカーフや、ベールを使うことで、ベリーダンスのムーヴメントにエレガントさを加えることが出来ます。

剣やステッキを使うことで、ダンサーのバランス感覚を観客に見せることが出来ます。

それぞれの小道具の特徴をつかんで、自分なりのムーヴメントを作り出してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。