ダンスが大好き

(Poppin)ポッピンダンスの基礎技解説②!ダイムストップのやり方も!

(Poppin)ポッピンダンスの基本
ポッピンダンスの基本技を簡単にまとめてみました。

ポッピンダンスについて書いたその他の記事も、参考にしてみてください。

アニメーションダンスについて書いた記事も、参考になるかと思います。

(Poppin)ポッピンダンスの解説動画

Jinoさんが、動画でポッピンダンスを教えてくださっていますので、彼の動画を参考に解説していきます。

レッグポップ(How to Do Pop & Lock Leg Moves)

www.youtube.com

レッグポップは、シンプルです。レッグポップをするときは、かかとを使います。足の筋肉を使ってひざの回りの筋肉をヒットさせることで、ひざをバックエンドフォースで、前後に動かすことでポップします。

ポップさせている足の反対側の足を、リズムに合わせて1・2・3・4で軽く上げて下ろしてと繰り返します。反対側の足でも同じことをやっていきましょう。

1・2・3・4でサイドにレッグポップを繰り返し入れていきます。レッグポップで全身を使うイメージを持ちましょう。

ひざを痛めないように、足全体の筋肉をしっかり使います。ポップさせている足の反対側の足を、エアーに、宙に浮かせてリズムをとってみましょう。

アームポップ(How to Do Pop & Lock Arm Moves)

www.youtube.com

アームポップは、めちゃくちゃシンプルです。ですが、とても精密でテクニックが必要です。たくさん練習しなければいけませんが、身体をポップさせることは、そんなに難しいことではありません。

しっかり練習してポップのイメージを掴んでいきましょう。まずは、シンプルなポップからやっていきますね。

アームポップをするときは、上腕二頭筋を使います。力こぶの筋肉のことですね。マッチョポーズをとるときに、使う部分です。ひじを曲げて、腕を宙に上げて、手の指先同士を向かい合わせてだらーんと指のちからを抜きます。その状態で、腕の筋肉をポップさせます。拳を握ってもいいかと思います。

ひじを曲げたままだったり、腕をサイドに伸ばした状態だったり、腕を卍型にしたり、いろんな腕のムーヴメントでローテーションして練習しましょう。

アームポップのコツは、肩を使わないことです。上腕二頭筋の筋肉を使います。手首も使ってポップをしてみましょう。

アームポップの簡単なルーティーンをお見せしますね。1・2でサイドにアームポップを入れて、3・4でひじを曲げてポップを入れます。5・6で卍型にしてポップを入れて、7で足を揃えて、8で腕をサイドに伸ばして軽くポップを入れます。

チェストポップ(How to Do Pop & Lock Chest Moves)

www.youtube.com

ポッピンのチェストポップは、クランピングのチェストポップとはちょっと違います。足を肩幅くらいに開いて、胸の筋肉以外使わないようにします。1・2・3・4で前・サイド・後ろ・サイドに胸をポップさせていきます。

キングコブラと呼ばれる動きをやってみます?ちょっと別のテクニックなんですが、チェストポップの練習になります。チェストポップとともに、胸のアイソレーションをしていきます。

8カウントで、時計の針のように、ストップモーションを入れてチェストポップをしながら、胸をロールさせていきます。

ネックポップ(How to Do Pop & Lock Neck Moves)

www.youtube.com

ネックポップは、ポッピンの中でもとっても小さな部分です。ですが、あなたが考えている以上に、役に立つムーヴメントです。首周りの筋肉を使っていきます。首を使って、顔を前に出してヒットさせ、後ろに出してヒットさせます。とっても小さな動きです。

ちょっと細かくやっていきますね。胸を前に出して、後ろに下げて、という動きに合わせて、ネックポップを入れていきます。胸のアイソレーションと一緒に、ネックポップを入れてみましょう。腕を使って、ちょっと不思議な感じも出していきます。

ダイムストップ(How to Do Pop & Lock Dime Stopping)

www.youtube.com

ダイムストップは、クールなテクニックです。ポッピンでは特に、ヴィジュアル的にかっこいいだけでなく、ダンスの締めに使ってもかっこいい動きです。ダイムストップは、アイソレーションの動きが入ってきます。

ビートに乗せてバウンスしたり、身体をバウンスさせたり、ストップモーションを入れる動きが、ダイムストップです。

ヒットを何度か入れて、間にバウンスを入れて、動きにストップモーションをいれていきます。ひじを使って、上体を下げていくときにもストップモーションを入れてみましょう。

簡単なダイムストップのルーティーンをお見せしますね。1で左手を上に上げてサイドに開いて、2で胸とかかとをアイソレーションでアップさせて、3でかかとを下ろして、4でゆっくり左を向いて、5でクイックに全身で左を向きます。

ボッピング(How to Do Pop & Lock Bopping)

www.youtube.com

ボッピングは、ちょっと難しいかもしれません。ですが、練習すれば出来るようになります。出来るようになれば、簡単になってきます。基本的に、ダブルで2回ずつポップします。

8カウントで、1・2・3・4で腕を前に出してダブルポップして、5・6・7・8で腕をサイドに出してダブルポップします。

足のヒットも一緒に足してみましょう。腕、足、胸、基本的にどこのパーツを使ってもいいかと思います。ボッピングは、ダブルフレズノと呼ばれる動きとだいたい同じです。

グラウンドムーヴ(How to Do Pop & Lock Ground Moves)

www.youtube.com

グラウンドムーヴは、ときにはハードに感じます。起き上がらないといけませんからね。グラウンドムーヴのバリエーションをお見せしますね。

足を回して、何度か回して、グラウンドムーヴを入れたり、足を前に出したまま、ゆっくりグラウンドムーヴを入れたりします。あなたの好きなやり方で、やってみてください。

アラウンド・ザ・ワールドと呼ばれる動きをやっていきますね。もしやるなら、しっかり練習する必要があります。最初は、床にダウンするだけでもけっこう大変です。身体を痛めないように、やり方を考えていきましょう。

動きは、エレクトリック・ブガルーのようなイメージです。腰や上体、足を回すようなムーヴメントが基本になります。

左足を伸ばして、右ひざを曲げて上体を下げていきます。そのまま左足を下に下ろして、両ひざを床について、身体を回しながら後ろに折り曲げていきます。

まとめ

ポッピンダンスは、レッグポップだったり、アームポップだったり、チェストポップだったり、筋肉を弾く動きが大事になってきます。身体を十分にストレッチして、筋肉が柔らかい状態で練習するようにしましょう。

ダイムストップやグラウンドムーヴなども入れていくと、ダンスとして、不思議なかっこいい踊りになっていきます。

トップへ戻る