あさくまろん

検索流入を意識した、htmlの基本的な使い方をまとめてみた

検索流入を意識した、htmlの基本的な使い方をまとめてみた

こんにちは、ブロガーのアサクママサルです。
ボクは、
ブログを書き始めて、半年ほどになります。

最近、検索流入を意識して記事を執筆中。
htmlを活用することで、
検索流入の増加につながることがわかってきました。

検索上位に入る記事は、

  • 文章自体が、読者のためになっていて
  • htmlの構成が、グーグル先生から見てわかりやすくなっている

2つのポイントが重要であることは、間違いありません。

ということで、
htmlの基本的な使い方を公開しちゃいます。検索流入を意識したものを。

htmlタグを使って文字列を構造化する

htmlタグは、
ただひたすらに書かれた文字列を、構造化するために使います。

例えば、

  • hタグで、見出しを作って
  • strongタグで文章内の重要箇所を構造的に強調して
  • pタグで段落わけをして
  • aタグでアンカーテキスト(ハイパーリンク)を作る

タグごとに、文章を構造化する役割が与えられています。

検索エンジンから見て、
htmlの構造がわかりやすくなっていれば、SEO的に評価が上がるわけです。
結果的に、
検索順位の上昇につながっていきます。

hタグで見出しを作る

hタグとは、見出しのことです。
検索エンジンにキーワードをアピールするときに使えます。

ブログ記事のタイトルが、
h1で構成されていることがほとんどなので、
実際の記事下ではh2から使っていくことになるでしょう。

hタグの順番を正しく並べる

hタグは、順番を正しく並べる必要があります。

「h2→h3→h4」と、徐々に数字を大きくしていきましょう。

<h2>ここに見出しテキストを入力</h2>
記事文章、、、
<h3>ここに見出しテキストを入力</h3>
記事文章、、、
<h4>ここに見出しテキストを入力</h4>
記事文章、、、


はてなブログの場合、
既存の見出し機能が、h3h4h5の3つで構成されてます。
でね、
記事タイトルが、h1で構成されてます。
間の、h2タグが歯抜け状態。

ですので、
自分でh2の見出しタグをつけるクセを付けておきましょう。

検索エンジンは、見出しタグの有無と順番を見ている

見出しタグを使わず、
のべつまくもなしに文章を書くことは、SEO的にあまりオススメしません。

検索エンジンは、
見出しによってキーワードの整理された文章を好みます。
読者からしても、
見出しによってわかりやすく整えられた文章は、読みやすいものです。

見出しタグがあることで、

  • 検索エンジンからの評価が上がるし
  • 読者からの見やすい評価も上がるし

見出しタグを使わない理由が見つかりません。
ぜひ使ってみましょう。見出しタグであるhタグを。

ul,li,olタグを使って、箇条書きをしてみよう

ul,li,olタグは、リストタグと呼ばれます。
3つのタグを組み合わせて、箇条書きをするときに使います。

基本的には、

<ul>
  <li>1つめの項目</li>
  <li>2つめの項目</li>
  <li>3つめの項目</li>
</ul>

ulタグの中に、liタグを、入れ子状態にして使用。

番号順にして数字を割り振りたいときは、

<ol>
  <li>1つめの項目</li>
  <li>2つめの項目</li>
  <li>3つめの項目</li>
</ol>

olタグの中に、liタグを、入れ子状態にして使用してください。

検索エンジンは、箇条書きをリストタグでしか判断できない

検索エンジンは、
記事内の記述が箇条書きであることを、リストタグでしか判断できません。

逆に言えば、
・(点)を箇条書きの代わりに使用しても、検索エンジンは箇条書きと判断しないということです。

  • 文章の途中に突然・(点)が来ているぞ
  • よくわからない文章だな
  • 検索から除外しよう

検索エンジンは、シビアに判断するかもしれません。

リストタグの箇条書き機能を活用して、
検索エンジンからも読みやすい記事作成を心がけてみましょう。

strongタグの正しい使い方

strongタグは、
テキストを構造的に強調させたいときに使います。
間違っても、
文章を太字強調するためにstrongタグを頻発させてはいけません。

  • この記事はstrongタグばかり使っているぞ
  • 変な構造の記事だな
  • 検索から除外しよう

検索エンジンは、構造のおかしな記事を好みません。

文字を太字装飾して目立たせたいときは、
CSSで太字に装飾しましょう。

まとめ

  • htmlタグを使って文字列を構造化する
  • hタグで見出しを作る
  • hタグの順番を正しく並べる
  • 検索エンジンは、見出しタグの有無と順番を見ている
  • ul,li,olタグを使って、箇条書きをしてみよう
  • 検索エンジンは、箇条書きをリストタグでしか判断できない
  • strongタグの正しい使い方

ざっとまとめてみたけど、
タグを正しく使うことで、文章の構造が美しくなります。
グーグル先生は、
とても大好きなんです。html構造のきれいな記事が。


  • hタグの見出し
  • ul,li,olタグの箇条書き

hタグやul,olタグは、
htmlの基本中の基本なので、
実際に記事作成しながら、使い方をマスターしていきましょう。

参考にした記事。