ダンスが大好き

自分でふくらはぎのマッサージ!腰痛の原因解消にも

自分でふくらはぎのマッサージ!腰痛の原因解消にも
足の固さやだるさを感じたときに、自分でふくらはぎのマッサージをしてみましょう。ふくらはぎやかかとが柔らかくなることで、足が軽くなりますし、腰痛の場合、症状が緩和されることがあります。背中と腰と足の筋肉は繋がっているので、足を柔らかくすることで、腰の痛みが和らぐこともあるのです。筋肉のつながりを理解して、上手に身体のセルフケアをやっていきましょう。

その他の身体を柔軟にするためのストレッチ記事も参考にしてみてください。

自分でふくらはぎのマッサージ解説動画

髪型がいい感じの前野真一郎さんの動画を参考にして、自分でふくらはぎのストレッチをする方法をマスターしていきましょう。

腰痛原因のふくらはぎを簡単に自分でゆるませる

www.youtube.com

腰痛の原因と関係する、ふくらはぎを自分でメンテナンスする、ケアする方法をお伝えしていきます。前回の動画で、腰痛の原因は、実は腰と離れた部分のふくらはぎの硬さが原因かもしれないと、お話しさせていただきました。

というのも、足のひざに痛みがある方であったりとか、夕方になると足がむくむというような方であったりとか、反り腰傾向になっていて腰の位置よりもひざが後ろに位置するような、腰が前だとしたらひざが後ろ側にあるような位置関係の方ですね。

そういったふくらはぎの重だるさがある方だったりとか、ひざに今現在痛みのある方だったりとか、反り腰傾向である方で、腰痛がある、腰に痛みがある方は、その原因にふくらはぎの硬さであったりとか、カチカチになっていることが関係しています。ここまでは、前回お話したところです。

今回は、そのふくらはぎの、腰の痛みの原因となっているふくらはぎを自分でどういう風にケアしていけばいいのかというところをお話ししていきます。実際のやり方なんですが、椅子に座ってください。椅子に座ったまま、片足をもう片方の足に乗せてあぐらをかきます。足の付根にあるくるぶしの、ちょうど指一本分後ろのところがペコっと凹んでいると思います。凹んでいるところから、ふくらはぎの上の方向に向かって、ひざに向かって、凹んでいるところ、骨のきわをゴリゴリと押してみてください。両手のそれぞれの4本指でもいいし、親指でもいいです。

僕自身もそうなんですが、ふくらはぎがパンと張っているような方だったりとか、足に疲れがある方とかというのは、骨のきわの凹んでいるところをマッサージするだけでも、結構痛みが出たりします。ただ、痛みが出ても、ふくらはぎの硬さはほぐしていく必要性があります。指でもいいし、もしくはちょっと太めのペンの後ろ側の丸みのある部分を使って、骨のきわをグリグリグリグリとなぞるように、骨にベチャッと引っ付いてる筋肉を引き剥がすようなイメージで、マッサージしていきましょう。

もう一つやっていただきたい部分が、かかとの部分です。かかとの骨の部分です。手のひらでガバっとつかんで見てください。親指の近くのくぼみのある部分、母子球の部分を、かかとの骨の出っ張っているところに引っ掛けて、グリグリとねじるようにかかとの骨をほぐしていきます。実際には関節があるんですが、その関節自体をほぐしていく、骨の部分をほぐしていきます。だいたい、30秒から1分程度やっていただくと、足首回りがフッと楽になるかと思います。

かかと部分のマッサージをやったあとに、先程のふくらはぎの骨のきわのマッサージもやってみましょう。立ったときの足の軽さがぜんぜん違ってくると思います。僕自身がやっていて、しっかり変化を感じ取れていますので、是非、ご自身でもやってみてください。

腰痛の原因はふくらはぎにあるかもしれません

www.youtube.com

腰とふくらはぎって、あんまり関係なさそうだなって思われるかもしれません。実は、腰痛の原因が離れたところのふくらはぎであったりだとか、もうちょっと下のかかとであったりだとか、足底、つまり足の裏の部分に痛みの原因があったりする方が結構います。何故、腰痛とふくらはぎの部分が関係しているのかを、お話ししていきます。

動画でお見せしているように、人間の身体の解剖図を見てみるとわかりやすくなります。人間の身体というのは、筋肉のつながりで表面は覆われています。筋肉同士が繋がって連結しあっているからこそ、骨をしっかり立たせる、バランスをとって立たせるということが出来ています。

動画部分で青で示したようなところが、人間の身体の後ろ側の筋肉のつながりを表しています。よく見ていただくと、腰回りの青の部分が腰の筋肉ですが、腰の筋肉から下に青の部分をたどっていくと、ふくらはぎの部分まで連結しているという、一連のつながりがおわかりいただけるかとおもいます。

このように、解剖学的な視点から、実際に腰とふくらはぎの筋肉は連動していることが明らかになっています。腰回りの筋肉の硬さは、最終的にふくらはぎの筋肉に終着することがわかるかとおもいます。ですので、ふくらはぎの部分に硬さがあると、腰の筋肉をギュッと下の方向に引っ張ってしまって、腰の筋肉が下にグッと引っ張られることで、腰にストレスが常にかかって、腰痛に繋がってしまうというような方が案外多くいらっしゃいます。

あなたの腰痛の原因はもしかすると、根本的にな原因は、ふくらはぎの部分であったりとか、ふくらはぎのもうちょっと下のアキレス腱の部分の硬さが原因だったりするかもしれません。腰痛の原因というのは、80%がよくわからないといわれています。ですので、腰から離れたところにも、腰痛の原因があるかもしれないということを覚えておいてください。

ふくらはぎの調整方法

www.youtube.com

腰の硬さからくる、足のむくみについてお話していきます。前回の部分で、かかと回りの組織の硬さをとっていくことで、足の疲れやすさやむくみを解消するためのすべになるということをお伝えしてきました。今回は、かかとの少し上の部分である、ふくらはぎの調整方法をお話していきます。

ふくらはぎの筋肉は、一つだけかなと思われているかもしれません。実際は、細かい足首だとか、足の指に関係する筋肉もふくらはぎの筋肉の下側に走っていたり、ついていたりします。なので、足のふくらはぎまわりというのは、いろんな筋肉や組織が密集している部分です。

狭い空間に密集しているような状態になるので、ちょっとした硬さが作られるだけでも、細かい血管などを締め付けて、流れが悪くなって、血の巡りが悪くなって、脚の疲れやむくみに繋がったりします。なので、ふくらはぎを調整する意義というのは、非常に大きいのかなと思います。

で、実際のふくらはぎの自分での調整方法をお話ししていきます。椅子に座って、片方の足をもう片方の足に乗せて、脚を組みます。自分のふくらはぎをたどっていって、山になっている部分があると思います。筋肉が盛り上がって、山になっている部分です。足首に近い側で、ペコっと一番最初に凹むところがあります。

凹みの部分を、前に向かって、親指を重ねてグーッと押していきます。で、しっかりと前にグーッと押した状態で、グリグリとマッサージするかのように揺すっていきます。これを、1分半から3分くらいやってみてください。だんだんふくらはぎのまわりの部分が緩んでくるのがわかるかと思います。

もう一つのやり方は、自分の片方のひざにふくらはぎのペコっと凹んだところを乗せる方法です。ひざでグリグリとマッサージするかのように揺すっていきます。自分の指で押すパターンと、自分のひざでマッサージするパターンの2つのパターンがあります。これをやっていただいたあとに、立ってもらって足踏みしたときに、脚の軽さが全然違ってきます。

あとはしっかり、片足立ちだったりをやったときに、自分で調整した足の方は、しっかり地に足が着く感じがあったりします。足の疲れやすさの解消に、腰痛の際のストレッチに、是非やってみてください。

踵の調整方法

www.youtube.com

腰の痛みからくる、脚の疲れやすさについてお話していきます。前回の動画で腰の痛みからくる、脚の疲れやすさについてお話ししてきました。腰の痛みには、かかとも関係していることもお話ししてきました。腰回りが固くなると、全身の筋肉組織は繋がっているので、腰の固さが影響してお尻の固さに繋がりますし、その下の太もも、ふくらはぎ、で、ふくらはぎの筋肉はかかとに付いているので、かかとの固さにも繋がってきます。

唯一人間の身体で、床面と接している部分がどこかと言うと、足の部分になります。常にかかとだったりとか、足の部分はストレスや負担がかかりやすい状態になっているので、より固さが作られやすいです。なので、踵の部分の固さをとって上げることで、下から上に向けて柔らかさを取り戻していくことが大事になってきます。そこで、かかとの調整が必要になってきます。

で、かかとの部分を調整するとふくらはぎや太ももの筋肉もある程度、固さを緩ませることが出来ます。脚の裏の甲面を走っている血管を圧迫していることからくる、脚の疲れやすさやむくみの解消にも効果があります。かかとの調整方法を、自分でできるメンテナンスの方法をお話ししていきます。

かかとの調整方法は、非常にシンプルです。イスに座ってください。片方の脚にもう片方の脚を乗せて、あぐらをかきます。かかとの骨がある部分を、指先でグッと押してもらうと、痛みが出る部分があったり、固かったりする方がいるかと思います。その場合は、脚のむくみや疲れが溜まっている原因は踵の部分になってきます。

かかとの固さがわかれば、次に親指の付け根の母子球の部分の下のあたりに、凹んでいる部分があると思います。ポコッとふくれた山の部分の下の、凹んだ部分です。凹んだ部分を指でグッと押さえて、揺さぶるように振動を加えていきます。そうすると、脚のかかとにつながる筋膜の部分が緩んでくるので、グリグリとマッサージするように指先でほぐしていきます。だんだん柔らかさが出てきます。

もしくは、ボトルやペットボトル、テニスボールのようなものを床においた状態で、母子球の下のところをグリグリとマッサージしてみてください。だんだん足裏部分の固さがとれてくるかとおもいます。当然足裏の固さが取れるので、かかと回りの固さもほぐれてきます。僕自身が脚が疲れ気味なので、今動画でやっただけでもだいぶかかとが緩んでいるのがわかります。

このようなやり方で、脚の疲れだったり、むくみの原因となる足裏の固さの解消をすることができます。是非一度、足裏の固さをとるマッサージをやってみてください。

まとめ

背中と腰と脚の筋肉が連動していることが、わかったかと思います。腰の痛みの原因が、脚から来ていることもあるんです。ふくらはぎをほぐして、かかとをほぐして、母子球の下部分をほぐして、脚をしっかりケアすることで、腰痛が改善することもあります。

また、腰痛がなく、ふくらはぎ周りが固いなと感じるときでも、ふくらはぎのマッサージは役に立ちます。ちょっとでも足や腰に違和感を感じたら、今回お伝えした方法でふくらはぎやかかとをほぐしてみてください。

トップへ戻る