あさくまろん

ダンサーが、ダンス初心者のための練習方法をガチでまとめてみた

f:id:asakumamasaru:20171111120155j:plain

ダンス初心者って、
何したらうまくなるか手探りな感じじゃん?

ボクも、
まずは師匠に基本的なことを教わってたなあ。

その後、いろんな先生に教わることで、
踊りのバリエーションが増えていくんだよね。

そうすると、どんな風に踊ったらかっこよくなるとか、
そういうのが自然とわかってくるようになるの。


振り付けを覚えよう

とりあえず、
どんなダンスでも振り付けはあるよね?

振りがおぼつかないと、上手い下手関係なく踊れないからね。

振り付けを覚えてることは、
ダンスをかっこよく踊るための前提条件になるかも、、、。

振り付けを覚えたぞってなったら、
そこからがホントのダンスのスタートなの。


アイソレーションを意識して練習しよう

アイソレーションってね、
身体の各部分を独立して動かすってことなの。

アイソレーションというのは、
ダンスの基本動作の中で、最も大事な動きなの。

胸のアイソレーション

・胸を出して

・肩を左に出して

・胸を凹まして

・肩を右に出して

って感じかな。

腰のアイソレーション

・腰を前に出して

・骨盤を左上に上げて

・腰を後ろに出して

・骨盤を右上に上げて

って感じだよ。

首のアイソレーション

顔は正面を向いたまま、首を使って顔を前後左右に動かすの。

・顔を左に出して

・顔を前に出して

・顔を右に出して

・顔を後ろに出して

という感じだね。

ストレッチのように頻繁に練習しよう

難しくてできないってなっちゃうかもしれないよね。

でもね、練習しているうちにだんだんできるようになってくるものなの。

ボクも、絶賛練習中(ドヤ顔)

アイソレーションに関しては、
ストレッチのように頻繁に練習しよう。

かっこよく踊りたいなら、アイソレーションは絶対必要になるの(ΦωΦ)


自分のダンスを動画撮影して客観的に見てみよう

自分じゃ、けっこううまく踊れてるつもりになっちゃうことってあるよね?

動画撮影すると、
自分がどれだけ踊れてないかが、ものすごくよくわかるの。

細かい動きがどうかっこよくないのか。エグいくらいわかるの。

自分でわかるようになれば、
逆にどうすればかっこよくなるのか研究したくなるよね?

ボクは、すごく研究したくなるタイプ。
師匠に質問して、かっこよくなる方法を相談して考え出していくの。

するとさ、だんだん同じ踊りが、前よりもっと上手く踊れるようになってくるの。

youtubeに動画をアップロードしてみよう

youtubeに動画をアップしたりすると、
他人からの反応もあって、ダンスがもっと楽しくなったりもするの。

ボクの動画で一番見られてるのは、
20000回以上再生されてたりする。

結構エグいくらい見られてるよね(ΦωΦ)

見ていただいてる方、いつもありがとうございます。



いろんな先生から教わろう

一人の先生が教えることができるものって、限界があるの。

それに、その先生が教えてくれることが、ボクにとって最良にわかりやすいとも限らない。

先生にも、得意不得意というものがあるの。

そこは、教わりながら見極めて欲しい。

ボクの師匠は、

・アイソレーション系

・瞬発力系

・パワーダンス系

・男子系

の動きが得意なんだよね。

ってことはだよ。
ここに当てはまらない系のジャンルの動きだったりは、それ以外の先生から教わったほうがいいってことになるの。

えっと例えばね。

・ガールズ系

・ラテン系

・ジャズ系

・ヒップ・ホップ系

・柔軟な動き系

の動きをボクは、他の先生に教わってるの(ΦωΦ)

あらゆる人があなたにとっての良い先生になる

ちなみにね、先生ってボクが言ってるのは、なにもダンスの先生に限らないの。

ボクの先生は、

・柔軟系のヒップ・ホップの先生

・ガールズ得意系のヒップ・ホップの先生

・ラテン系の先生

・ハワイアン系の先生

・ジャズ系が得意な女性

・かっこいい歩き方をモデルさんに教える仕事をしてる女性

・開脚の詳しいやり方を知ってる女性

と多岐にわたってる(`・ω・´)

すべての要素が、バラバラなようで、ダンスという1つのところに集約してるイメージ。

こうやって書いてみて改めて分かることがあってね。
ボクは、ジャズ系のしなやかな動きがすごく自然にできちゃうんだなってわかる。

自分自身も、しなやかにかっこよく動くのが、大好きだし。(ドヤ顔)

先生は、多ければ多いほど学べることも多くなって、ダンスがブラッシュアップしていくはずだよ。

いっぱい先生になる人を見つけると、
ダンスがもっともっとうまくなってもっともっと楽しくなっちゃうの(ΦωΦ)


基本ステップや基本動作を覚えよう

どのジャンルにも共通して、
基本ステップや基本動作っていうのがあるの。

・シングルシングル・ダブル

・グレイプバイン

・Vステップ

・ボックスステップ

・バッククロス

・サイドランジ

・スライド

・ターン

・ヒールタッチ

ざっと書いてみたけど、ほんとにものすごくいっぱいあるんだよ。

どんなダンスを極めるにしても、
基本ステップや基本動作は最低限身につけておきたい必須項目なの。

逆に言うとね、基本動作や基本ステップを覚えてると、
どんなジャンルのダンスでも、それなりにかっこよく踊ることができちゃうんだよね。

これって、めちゃくちゃかっこいいよね(`・ω・´)

ボクが目指してるのも、そういうタイプのダンサーなの。

なんでもかっこよく踊りたいの(`・ω・´)

どんなジャンルが来ても、自身持って、
「ボクを見て(キリッ)」って感じで踊りたいの(`・ω・´)

冗談っぽく言っちゃったけど、
基本ステップと基本動作はほんとに覚えておくといいよ。

ダンスが凄く楽しくなって、もっともっと踊りたくなっちゃうの(ΦωΦ)



身体を鍛えて筋肉をつけよう

ダンサーって、みんな一様に筋肉質だよね?

女性のダンサーが細身に見えても、脱いだら実は筋肉がスゴイなんて、よくある話。

踊ってても、ある程度の筋肉は鍛えられるけどね。

ほんとにうまくなりたいなら、
ガチで鍛えて筋肉をつけるのが、ボクのおすすめ。

ボクは、2016年8月からジムに通い始めて、
2017年11月現在で、体重がだいぶ減ったの。

どう変わったかって言うとね、
83キロ→65キロまで減った(ΦωΦ)

1年で-18キロ!!ジムで運動すれば誰でもダイエットできる - あさくまろん

見た目がかっこよくなる

体型的にはね、

・二重あごが→シャープな尖ったあごになった

・脂肪で膨らんでたお腹が→腹筋が4つに割れた4パックになった

・たるんでた大胸筋が→真ん中のラインもはっきりわかるようなきれいな大胸筋になった

・筋肉質になって、腕の血管が見えるようになった

・背中が、逆三角形になった

こういう変化が起こってきてるの。

一年前とはね、別人になっちゃったの。

会う人みんなに、

・めっちゃスタイル良くなったね

・顎が全然前と違う(笑)

・お腹バッキバキに割れてきたね

・胸筋だいぶついてきたんじゃない?

・なんかエグザイルみたいな体型になってきたね

って言われちゃう感じなの(ΦωΦ)

見た目的にかっこよくなるっていうのも、嬉しい。

ダンスがかっこよくなる

でもここで一番言いたいのは、
ダンスが踊りやすくなるっていうことなの。

・体重が軽くなると踊りやすいっていうのもある。

・筋肉がついたから、動きが俊敏になるっていうのもある。

・同じ動作をしても、筋肉がある方が、かっこよく踊れるっていうのもある。

ポッピン系のダンサーを見てるとわかるんだけどね。

みんなガタイがいいの。

筋肉で、自分の身体をコントロールして、かっこよく踊ってるの。

かっこよく踊るためには、筋肉が必要。

筋肉があると、見た目的にもかっこよく見える。

ね?筋肉ついたら、かっこよくなる気がしてきたでしょ?

ボクは、週6日ジムに通ってるの。

だから、いつもダンスと筋トレはワンセット。

どっちもやってるから、相乗効果で、 ダンス上手くなってきてると自分で思ってるの(ΦωΦ)

いつも「ボクを見て(キリッ)」って感じで、自信満々で踊ってるの。

そしたら、もっともっとうまくなると思うの(ΦωΦ)


開脚の練習をして身体を柔軟にしよう

ダンスのうまい人って、
身体の柔らかい人が多いよね?

柔軟運動に開脚を取り入れてるダンサーさんを見かけるんだけど、やっぱりダンスうまいの。

ボクが、あの人ダンスうまいなって思う人は、開脚をやってるの。

だから、ボクも開脚をやり始めたの(ΦωΦ)

そうするとね、少しずつだけど、身体が柔らかくなってきたの。

開脚練習の種類

ボクが教わったのは、

・横の開脚の練習

・前後開脚の練習

・前屈の練習

・立ったままの前屈の練習

・立ったままタオルを使って足を足の裏から横上に伸ばしていく練習

こんな感じかな。

呼吸を意識しよう

でね、呼吸法も大事になってくるの。

鼻で息を吸って、口で息を吐きながら身体を伸ばしていくの(`・ω・´)

フーって息を吐きながら、自分の限界へ挑戦していくの。

でまた、鼻で息を吸って、ふーって吐きながら痛いとこまで伸ばしていく。

それぞれを10回ずつくらいやるのが、ボクの習慣。

特にね、
立ったままタオルを使って足を伸ばす開脚は、その姿勢自体が、すごくかっこいいの。

だからね、できるようになると、物凄くかっこよくなるっていうのがよくわかるの。


リズム感を養おう

おんなじ踊りを踊ってるのに、
かっこいい人とそうじゃない人がいるよね?

これね、リズム感の違いなの。

リズム感がないと、どんなにかっこいい動きしても、かっこよくないの。

びっくりするくらい、全然かっこよくないの。

逆にね、
リズム感があると、ものすごく簡単な動きしてても、
すごくかっこいいの。

ボクが目指してるのはね、簡単な動きしてても、物凄くかっこよく見える人(ΦωΦ)

ダウンとアップを覚えよう

リズム感はね、

・ダウン

・アップ

この二つの練習をすれば、だれでもうまくなるの。

リズム感がないって人でも、だれでもうまくなるの。

練習すれば必ずリズム感が良くなる

ボクはね、人にダンスを教えてあげることがあってね。

この人リズム感がないなって思ってもね、練習すればうまくなるよって、教えてあげてるの。

最初はみんな下手で当然なの。

天性の才能がなくても、練習すれば、誰でも上手くなれるの。

だから、諦めないで、リズム取りの練習をしてほしいの。

ボクもね、

・アサクマさん、リズムに乗ってくださいね

・アサクマさん、リズムを良く聞いてくださいね

って師匠に散々言われてきたの。

それでもめげずに練習し続けてたの。

そしたらね、いつのまにか、リズムに乗れるようになってきたの(ドヤ顔)

自分がリズムに乗れるようになってくると、人がリズム取れてるかどうかも、客観的にわかるようになってくるの。

リズムのとり方

リズムはね、

・足を蹴り出したり

・その場で足踏みしたり

・ステップタッチをしたり

・ダウンしたり

・アップしたり

色んな取り方があるの。

自分の好きなリズムのとり方をみつけて、常にリズムを取るといいと思うの。

まとめ

・振り付けを覚えよう
・アイソレーションを意識して練習しよう
・自分のダンスを動画撮影して客観的に見てみよう
・いろんな先生から教わろう
・基本ステップや基本動作を覚えよう
・身体を鍛えて筋肉をつけよう
・開脚の練習をして身体を柔軟にしよう
・リズム感を養おう

ざっと書いてみたけど、
それぞれの要素が、バラバラなようで、1つに集約するイメージが大事なの。

できるところから順次取り入れてみて、
徐々にやることを増やしていってみてね。

やればやるほど、ダンスはうまくなっていくよ。

だから、
諦めずに毎日毎日練習し続けてほしいの。

練習した分だけ、間違いなくあなたのダンスは上達していくの。

トップへ戻る