ダンスが大好き

シーウォーク(C-walk)の基礎技解説②!Vステップのやり方も!

シーウォーク(C-walk)の基礎技解説②!Vステップのやり方も!
シーウォークのVステップを覚えると、いろんなバリエーションの動きに対応できるようになります。クラブステップ、チャールストン、クリップウォーク、ステップバックなど、すべてVステップの動きを応用したものです。

基本となる動きをしっかりマスターして、いろいろな動きに対応できるように、ひたすら基本を練習してみてください。

シーウォークについて書いたその他の記事も、参考にしてみてください。

ハウスダンスについて書いた記事も、参考になるかと思います。

シーウォーク(C-walk)の基礎技を動画で解説

ギャグ線の高い柊さんの動画を参考にして、シーウォーク(C-walk)の基礎技をマスターしていきましょう。

家で練習できる「Vステップ(カニ歩き)」を覚えよう

www.youtube.com

今回お話しするのは、カニ歩き、あるいは、Vステップと言われる動きです。Vステップは、どういう動きをするときに役立つか、どういうステップでアドバンテージを得ることが出来るのかお話します。

例えば、クラブステップとか、クリップウォークやステップバックとか、みんな大好きチャールストンとかも、Vステップの動きに含まれます。Vステップは、つま先とかかとを使う動きの、基礎になります。

基礎を鍛えるための動きが、Vステップです。バスケットボールでも、コントロール力を高めるために、ドリブルや、ハンドリングをしますよね。それと、同じものだと思っていただけたら幸いです。

どんな動きかと言うと、しごく簡単です。つま先とかかとを使って、左右に動いていく簡単な動きです。

まず、足でハの字を作ってください。内股で、女の子になってください。今、つま先が、向かい合った状態になっているかと思います。片方の足を、かかとを軸に、開きます。反対側の足を、つま先を軸に、内側に開きます。

正面から見たときに、自分から見たときに、足の形がアルファベットのVになるようにしてください。Vの字から、ハの字に足の形を戻していきます。今度は、つま先を軸に、足を外側に開いていきます。

反対側の足は、かかとを軸に、内側に開いていきます。ハの字に、戻りましたね。右側に来すぎたので、同じようにして左側に戻っていきます。

まずは、片足ずつ、ゆっくりやってみてください。足を地面にくっつけたまま動かさないように注意しましょう。つま先を上げて、かかとを上げて、Vの字と、ハの字を作ってみてください。ひざを上下に動かすイメージです。

片足ずつ出来るようになったら、両足同時にやってみてください。両足のときも、地面をするんじゃなくて、しっかりつまさきとかかとを上げて、やっていきましょう。

靴によっては、やりにくいので、出来るようであれば、靴下や裸足でやってみてください。バッシュとかの5000倍は、やりやすいと思います。

Vステップは、広いスペースを必要としないんで、家や自分の部屋でも練習ができます。駅で電車を待っているときに、しれっとやってもいいかと思います。

ポイントをまとめておきます。

  1. 内股、外股、どちらからスタートしてもOKです
  2. 最初は、片足ずつ、慣れてきたら、両足同時にやっていきましょう

NGポイントをまとめておきます。

  1. ベタ足になったらダメです
  2. 左右のラインから動きがずれるのもダメです

Vステップは、基礎的なものだと最初にお話ししました。ですが、どんどん動きを極めていけば、単体でもステップとして使えるようになります。

Vステップが出来るようになったら、クラブステップや、クリップウォーク、チャールストンが出来るようになります。是非、覚えてみてください。

超おすすめ!色んなジャンルで使える「Vステップバック(クリップウォーク)」のやり方

www.youtube.com

Vステップバックというステップについて、お話ししていきます。またの名を、ヒップホップ的には、クリップウォークとも言います。

先程、Vステップというステップについて、お話ししました。カニ歩きのような動きでしたよね。その動きで、足を後ろに持ってくるのが、Vステップバックです。

ヒップホップ的には、クリップウォークと呼ばれ、全部まとめてシーウォークと呼ぶとか、いろいろ流派によって違ってきます。今回は、Vステップバックで統一させていただきます。

足を内股にして、ハの字にします。サイドに外側の足を開いていきます。反対側の、内側の足を、後ろに入れ込んでいきます。開いたら、元に戻します。反対側も同じように、開いて、戻します。

クラブステップよりも簡単だと思います。この動きを、ダンスのステップっぽくしていきましょう。

後ろに引く方の足を、つま先立ちにして、スタートします。ですので、体重を外側の足に乗せます。足を開いたら、後ろに引いた足をつま先立ちのままにしておきます。

ずっとベタ足だと、鈍い感じの動きに見えてきます。

動きを軽やかにするために、後ろに引く方の足を、つま先立ちにすることを意識してください。つま先で線を引く様なイメージで、足を後ろに引いていきます。

慣れてきたら、横に動いたり、前に振ったり、入れ替えておしゃれにしたり、いろんなバリエーションを組み合わせてみてください。

彼女を作るよりカンタンな「Vフロント」を3分で覚えましょう

www.youtube.com

Vステップの派生技である、Vフロントについて、お話していきます。

VステップやVステップバックと同じ種類の動きです。

足を斜めに出して、かかとを着けていきます。かかとをつけるときに、反対側の足を、つま先を軸にして開きます。クラブステップの、斜め前バージョンをするイメージです。

反対側も同じように、足を上げて、かかとを着けていきます。かかとをつけるときに、反対側の足を、つま先を軸にして足を開きます。足を上げるときに、跳びながら続けていくイメージです。

なるべく、足を小股というか、足を離さないでやったほうが、スピードにノッたときに、不思議に見えてきます。変わり種として、大きく足を開くのはありだと思います。ですが、通常は、足を離さないで、斜めに出してあげるくらいでいいかと思います。


ステップを融合して君だけの「クラウンホップ改」を作ろう

www.youtube.com

今回は、一瞬だけ難しいステップをやります。その名も、クラウンホップバックです。クラウンホップというのを先程お話しました。Vステップバックというのも、別の動画でお話しました。

Vステップバックは、Vステップをバックにするという、そのままの動きです。クラウンホップと、Vステップバックを足して、2で割って、潰さなかったみたいな動きが、クラウンホップ改です。

感のいい人は、すでに気づいているかもしれません。クラウンホップの最後のキック、足出しがなくなっています。足出しがなくなって、最後がVステップバックになっています。

ですので、クラウンホップとVステップバックができれば、無意識で出来るかと思います。

コツとしては、後ろに入れ込んだ足を、ベタ足でやらないほうがいいと思います。ベタ足でやっちゃうと、身体が制御できなくなりますし、後ろ足の筋肉が張っちゃうので上半身が遊べなくなっちゃいます。

後ろ足を、つま先で着くようにしてください。後ろ足の筋肉と関節が緩んで、動きやすくなります。上半身で、ダウンを入れたり、アップを入れたりと、遊びができるようになります。

クラウンホップも、Vステップも簡単に組み合わせることが出来ます。遊びができるんです。是非、この二つの融合技を楽しんでみてください。

Cwalk中級「シャッフルステップバック」でドヤれ!

www.youtube.com

今回は、シャッフルステップバックという技について、お話ししていきます。

以前、シャッフルという動きをお話ししました。

www.youtube.com

シャッフルは、足を前後に入れ替える動きです。これをアレンジしたのが、シャッフルステップバックです。

シャッフルでは、つま先をついて足を入れ替えました。身体が今正面を向いていますが、これを斜めにして、体全体を斜めに向けて、足を前後に入れ替えます。今度は、反対側に移動して、体全体を斜めに向けて、足を前後に入れ替えます。

最初は、軽く小さくジャンプしながら、足を入れ替えていく練習をしてください。この間隔を、だんだん短くしていきます。5くらいの刻みを、3刻みにして、徐々に刻みを小さくして、最終的には、1回ジャンプを入れて、足を前後に入れ替えていきます。

一歩のジャンプのあとに、足を前後に入れ替えたら、シャッフルステップバックの完成です。

最初は、刻みのジャンプで、足の前後の入れ替えをやってみてください。だんだん間隔が短くなってきて、出来るようになってくるとおもいます。

ポイントは、足を後ろに引いたときに、前に出てくる足が、つま先立ちで、ひざが曲がって前に出るようにすることです。前に出る足が、伸ばしっぱなしにならないように注意してください。

慣れてきたら、他の動きと組み合わせて、いろいろ動きのバリエーションを増やしてみてください。

Cwalk基本ステップも大詰め「Xhop」講座

www.youtube.com

シーウォークの基本形のステップは、全部やり尽くしたかと思っていたら、まだありました。エックスホップという技について、お話ししていきます。

足を前後にクロスさせて、足を開くときに、両足ともかかとで開きます。この動きを、連続でやっていきます。

足をクロスしたときは、後ろの足は、つま先立ちになります。前の足は、かかとを床に着けます。後ろつまさき、前かかとのイメージです。開いたときに、両足ともかかとにします。

練習するときは、クロスさせて開くよりは、開いた状態から、足を引いてクロスさせてみてください。開いた状態からスタートして練習したほうが、ひざへの負担が少ないかと思います。

クロスから足を開いていくと、体重がノッちゃうんで、足に負担がかかります。足を開いたときに、ひざでしっかりクッションをつくることを意識してください。

できれば、底のソールが厚いクッション性の高い靴で、練習したほうがいいかと思います。

前に出す足を、つまさきで着いてみたり、足の開き方を細かくしてみたり、大きくしてみたり、いろいろバリエーションを変えてやってみてください。

ポイントは、足を開くときにかかとでしっかり着いてあげることです。足がベタ足にならないように注意してください。

やりすぎにも、注意してください。コンクリートとかでやる場合は、特に注意しましょう。いろいろな技とのコンボに使えますので、是非、覚えてみてください。

ムーヴに挑戦!Cwalkのコンボ

www.youtube.com

シーウォークのステップを、今までいろいろお話してきました。ここからは、いよいよ動きをつないでいきましょう。

すでにお話したステップの組み合わせです。やるときの注意ですが、ゆったりやってください。いきなり速いBPMでやるんじゃなくて、ゆったりした平和な曲でやってください。

どんな曲で練習してもいいかと思います。ゆったりした曲だと、難易度は、初級です。速めの曲だと、それなりの難易度になります。

流れは、Vステップバック、ヒールトゥー、シャッフル入れて、前に飛んで、足を引っ掛けて、つま先でターンします。バランスを崩さないように、腕はあまり振らないほうがいいです。

一回転したら、2回シャッフルを入れます。右に、2回Vステップバックします。左に、クラウンホップを入れます。真ん中に戻ってきて、シャッフルストンプを、右斜め前と、左斜め前に連続してやります。方向を切り替えるときは、跳んで切り替えます。

真ん中に重心を戻してきたら、右に開いて閉じて、左に開いて閉じます。クラブステップの、足を開いたときに、かかとで軸をとるんじゃなくて、つま先で軸をとるイメージです。イメージは、Vステップのバリエーションみたいな感じです。

最後は、右足を上げて、足を払って終わりです。これは、音に合わせてもいいし、合わせなくてもいいです。

まとめ

シーウォークのVステップを、まずは、しっかりやりこんでみてください。Vステップを覚えることで、チャールストンや、クラブステップ、クリップウォーク、ステップバックなどの動きに、対応できるようになります。

Vステップバック、Vステップフロントなども、Vステップの派生技です。Vステップをしっかりマスターして、いろいろ技のバリエーションを増やしてみてください。

トップへ戻る