ダンスが大好き

バレエダンスの基礎技解説!足のポジション1~5番のやり方も!

バレエ(ballete)ダンスの基礎技
バレエ(ballet)ダンスは、チャイコフスキーの白鳥の湖をイメージしてもらうとわかるように、人体の美しさを最大限に引き出したような動きが特徴的です。身体が、360度あらゆる方向に、しなやかにかつ美しく動いていきます。ということで、バレエ(ballet)ダンスの基礎技についてお伝えしていきます。

バレエ(ballete)ダンスの由来

www.youtube.com

バレエ(ballet)ダンスは、もともと劇中でセリフを言う代わりに、ダンスや身振り手振りで演劇の内容を表現したものです。始まりは、古代ギリシャ時代のシャレード(無言劇)までたどる説もありますが、基本的には、イタリアの貴族の館で中世の時代に開かれていた、舞踏会で踊られていたものが、バレエ(ballete)ダンスの由来だと言われています。

クラシックバレエと呼ばれるものは、19世紀ロシアで、マリウス・プティバが作り上げた、チャイコフスキーの白鳥の湖のような作品が原型となっています。今現在に通じるバレエ(ballete)ダンスの動きは、この時代に生まれたと考えられています。上の動画は、Swan Lake(白鳥の湖)を踊っているものです。4人の動きが、完全に一体化していて、素晴らしい芸術作品に仕上がってます。では、バレエ(ballet)ダンスの基礎技について、お伝えしていきます。

バレエダンスの基礎技解説動画

とってもスリムで足のスラッとしたバレエダンサーさんの動画を参考にして、バレエダンスの基礎技をマスターしていきましょう。

1番から5番までの足のポジション

www.youtube.com

バレエ(ballet)ダンスの、1番から5番までの足のポジションについて、お伝えしていきます。動画では、最後のパラレル(平行)の位置を6番と表現していますが、基本的には、1番から5番までが使われます。

  1. 両足をまっすぐ揃えて、内ももの力を使って開いたものが、1番ポジションです
  2. 次、右足を横に伸ばして、体重を真ん中に乗せたものが2番ポジションです
  3. 左に体重を乗せて、ももとももを閉じてきたのが、3番ポジションです
  4. このまま一歩前に出ます。かかとを内側に向けて、体重を真ん中に乗せたものが4番ポジションです
  5. 体重を後ろに乗せて、前の足を伸ばして、ももとももをしっかり寄せて、さきほどよりもさらにターンアウト(足を開いた状態)にしたものが5番ポジションです
  6. 最後に両足を平行にして、6番ポジションです
これが、バレエ(ballet)ダンスの1番から5番までの足のポジションです。

ターンアウト

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、ターンアウトというバレエならではの基本姿勢について、お伝えしていきます。先程も少しやってみましたが、両足を揃えて、外旋(外に開くこと)しました。つま先を持ち上げたら、両足を外にひらきます。で、これは何故かと言うと、内ももの力を使って足を外に外旋してるんですけども、股関節を外に開いて、足を高く上げるために、必要になってきます。もう一度やってみます。かかとに重心を乗せて、内ももに何か挟んでいるようなイメージで、それを落とさないように、足を開いたときも内ももの力を使って、外旋するのがターンアウトです。
これが、バレエ(ballet)ダンスのターンアウトです。

アンバー

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、アンバーという基本的な腕(アームス)の形について、お伝えしていきます。

  1. まずは、両手をももの前10センチに出してください
  2. 親指は、中に閉まった状態で、あとの4本の指は、しっかりと揃えている状態にします
  3. 次は、脇の下に、生卵を一個挟んでいるような状態をキープしたままで、下のポジションがアンバーというポジションです
アンバーの腕を横から見てみると、ももの少し前に手先が来ているのがわかると思います。これが、バレエ(ballet)ダンスのアンバーという基本的な腕(アームス)の形です。

アンナバン

www.youtube.com

次は、バレエ(ballete)ダンスの、アンナバンという基本的な腕(アームス)の形について、お伝えしていきます。アンバーの形を変えずに、高さを胸の前まで上げてきたものが、アンナバンになります。ポイントは、両肘の向きを、左右にしっかり向けておくことが、ポイントです。横から見ると、空気を腕で抱えているような形になります。これが、バレエ(ballet)ダンスのアンナバンという基本的な腕(アームス)の形です。

アンオー(En haut)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballete)ダンスの、アンオー(En haut)という基本的な腕(アームス)の形について、お伝えしていきます。アンナバンから、形を崩さずに、肩を降ろしながら、おでこの高さまでひじの位置がおでこの高さまでくるように腕を上げたものが、アンオーになります。ポイントは、肩が上がってしまうと腕が高くなりすぎてしまうので、肩甲骨を下にグッと引き寄せるようなイメージで、縦長の円形を作ってください。横から見ると、おでこの前あたりのラインに、手先がくるようになっているかと思います。これが、バレエ(ballet)ダンスのアンオー(En haut)という基本的な腕(アームス)の形です。

アラセゴンド

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、アラセゴンドという基本的な腕(アームス)の形について、お伝えしていきます。アンオーから、均等に両側に、腕を開いていったものが、アラセゴンドになりますが、今度はひじの向きを、内側に仕舞い込みます。このときに、肩よりも下に、そして少し前の方に手を置くようにしてください。これが、バレエ(ballet)ダンスのアラセゴンドという基本的な腕(アームス)の形です。

アロンジェ(Allongee)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、アロンジェ(Allongee)という基本的な腕(アームス)の形について、お伝えしていきます。アラセゴンドの指の向きを変えていくんですが、両側の指を外側に引っ張って、ひじを少しほぐした状態が、アロンジェです。アロンジェは、伸びるという意味なので、しっかり指先を伸ばすようなイメージを持ってください。横から見ると、人差し指がサイドに、中指・薬指・小指が少し斜め下に向いてるような形です。これが、バレエ(ballet)ダンスのアロンジェ(Allongee)という基本的な腕(アームス)の形です。

アームス5つを繋げる動き

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、アームス5つを繋げる動きについて、お伝えしていきます。つなげてやってみましょう。

  1. 最初が、アンバーで、ももの前10センチから、始めます
  2. 形を変えずに、胸の高さでアンナバンです
  3. 肩甲骨を下げて、おでこの前まで持ち上げたのが、アンオー(En haut)です
  4. そこから均等に左右に開いたら、今度ひじを前に向けて、アラセゴンドです
  5. 指先を横に引っ張って、伸びるという意味のアロンジェ(Allongee)です
最後は、ひじから下がっていきます。脇の下の卵をイメージして、潰さないで、アンバーに戻ってきたら、おしまいです。これが、バレエ(ballet)ダンスのアームス5つを繋げる動きです。

アテール、ドゥミポイント、ポイント

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、アテール、ドゥミポイント、ポイントについて、お伝えしていきます。かかとの高さについて、説明していきます。

  1. まず、足の裏全体を床にピタッとくっつけている状態が、アテールというポジションになります
  2. 続いて、ドゥミポイントと、ポイントの説明をします
  3. アテールの状態から、かかとを持ち上げて、足の指全体が床についているのが、ドゥミポイントです
  4. ここからさらに、かかとを真上に、さらに高いところに上げたのが、ポイントです
ポイントのときの注意点なんですけども、先程お伝えしたターンアウト、股関節から足を外側に開くイメージを忘れないようにしてください。ひざが中に入っていると、インと言って、あまり良くないので、かかとはなるべく前に押し出すように、つま先を伸ばしてください。これが、バレエ(ballet)ダンスのアテール、ドゥミポイント、ポイントです。

ルルベ

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、ルルベについて、お伝えしていきます。では、バランスを取る練習をしてみましょう。

  1. まず、足の形なんですけども、一番ポジションから、かかとを浮かせていきます
  2. 足の指全体に、体重があります
  3. あとは、バレエバーから手を離すだけです
  4. 手は、アンナバンの形で、腕で、胸の前で空気を抱えます
  5. で、バレエバーに掴まったら、内ももの力で、ゆっくりと降りていきます
  6. しっかりと内ももを合わせていくように降りて、かかとが床についたら、ゴールです
これが、バレエ(ballet)ダンスのルルベです。

バレエバーと手の位置

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、バレエバーと手の位置について、お伝えしていきます。

  1. まず、バーと垂直に立ってください
  2. そのまま、バーに捕まるんですけども、近すぎたり、遠すぎると良くないので、まずこの距離をしっかり測っていきたいと思います
  3. バーに手首をかけて持ったときに、ひじがしっかりと伸びきるところに、掴まるようにしてください
これが、バレエ(ballet)ダンスのバレエバーと手の位置です。

バレエバーのつかまり方と持ち方

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、バレエバーのつかまり方と持ち方について、お伝えしていきます。

  1. まず、手の指の感覚なんですけども、手は上から添えているだけの状態にします
  2. 親指を下において、握りしめないように注意しましょう
  3. 肩は、楽にした状態です
  4. 腕の間の幅は、今から測っていくんですけども、肩幅よりも少し広いくらいか、肩幅と同じかのどちらかがちょうどいい距離と言われています
  5. 狭すぎると、脇の下が潰れてしまうので、しっかりと肩幅くらいか、もう少し広いくらいの位置に掴まるようにしてください
これが、バレエ(ballet)ダンスのバレエバーのつかまり方と持ち方です。

1番のドゥミプリエとグランプリエ

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、1番のドゥミプリエとグランプリエについて、お伝えしていきます。

  1. プリエは、折りたたむという意味なんですけども、ひざとつま先を同じ方向に開いていきます
  2. 股関節を開いて、半分の位置が、ドゥミプリエです
  3. 内ももの力を使って戻っていきます
  4. 続いて、グランプリエにいきます
  5. グランプリエは、ドゥミプリエを通過して、かかとを剥がしていきます
  6. かかとをしっかり押して、ドゥミプリエを通ったら、内ももから近づいてきて、おしまいです
これが、バレエ(ballet)ダンスの1番のドゥミプリエとグランプリエです。

2番のドゥミプリエとグランプリエ

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、2番のドゥミプリエとグランプリエについて、お伝えしていきます。まず、ドゥミプリエです。ドゥミプリエは半分です。続いて、グランプリエです。ドゥミプリエを通過して、ひざより少し後ろにお尻の位置が来て、ドゥムプリエを通過して戻っていきます。これが、バレエ(ballet)ダンスの2番のドゥミプリエとグランプリエです。

4番のドゥミプリエとグランプリエ

www.youtube.com

次は、バレエ(ballete)ダンスの、4番のドゥミプリエとグランプリエについて、お伝えしていきます。先ほどと同じように、最初は半分におりて、ドゥミプリエで、戻っていきます。グランプリエになるときは、かかととかかとの間にしっかりと、自分の腰を落としていきます。かかとを押してからももを寄せていったら、おしまいです。これが、バレエ(ballet)ダンスの4番のドゥミプリエとグランプリエです。

5番のドゥミプリエとグランプリエ

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、5番のドゥミプリエとグランプリエについて、お伝えしていきます。まず、ドゥミプリエ、ひざをしっかりと爪先と同じ方向に開いていきます。股関節をしっかり動かしていきます。次は、グランプリエです。ドゥミプリエを越えて、なるべくかかととかかとを離さないようにして、下がっていきます。かかとをしっかり押してから、ももとももがしっかり重なったら、おしまいです。これが、バレエ(ballet)ダンスの5番のドゥミプリエとグランプリエです。

タンジュ(Tendu)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、タンジュ(Tendu)について、お伝えしていきます。バーレッスンをしていきます。バットマンタンジュの説明です。

  1. タンジュというのは、床から足が一回も離れないという意味です
  2. ターンアウトしている状態で、かかとをまずは前にそのまますり出していきます
  3. 続いて、土踏まずが少し持ち上がって、先程お伝えしたドゥミポイントを通ったら、かかとを真上に持ち上げて、ポイントです
  4. ここから、いま出てきた道順と同じ道順を通って、帰っていきます
  5. ドゥミポイントを通って、土踏まずが帰ってきて、かかととかかとが合わさります
ポイントは、しっかりと足の裏で床をすりだすということです。ドゥミポイントを通って、土踏まずをゆっくりと降ろしていきながら、かかとが戻ってきたら、おしまいです。実際に、実際にバーレッスンをやるときは、前2回、横2回、後ろ2回、最後に横2回です。これが、バレエ(ballet)ダンスのタンジュ(Tendu)です。

バットマンジュッテ(Battement Jeté)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、バットマンジュッテ(Battement Jeté)について、お伝えしていきます。

  1. バットマンジュッテは、投げるという意味です
  2. 空中に足を、すりあげていきます
  3. ポイントは、かかとが浮いて、ドゥミポイント、ポイントと、そして、前ではなく、そのまま真上に上げていくのがポイントです
実際に練習するときは、まず、前に2つ、横に2つ、後ろに2つ、横に2つでおしまいです。これが、バレエ(ballet)ダンスのバットマンジュッテ(Battement Jeté)です。

クッペ(クドゥピエ)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、クッペ(クドゥピエ)について、お伝えしていきます。

  1. つま先を足首につける動きのことを、クッペと言います
  2. クッペというのは、切るという意味で、クドゥピエというのは、つま先を足首につけている形のことを言います
  3. 5番ポジションから、片方の膝を曲げて、つま先を反対側の足首の内くるぶしあたりにつけるように動かしていきます
  4. 前のクッペは、横から見て、かかとが軸足から少し離れています。くっつけてしまったり、体重を軸足に預けてしまわないように注意しましょう
  5. 後ろのクッペは、前のクッペの形を保ったまま、後ろに持ってきます。かかとが前に来て、つま先が後ろに来ている状態です。これが反対になってしまうと、バレエらしさのない、カマ足になってしまうので、注意しましょう
つま先だけで、軸足をちょこんと触るようなイメージでクッペをやってみてください。これが、バレエ(ballet)ダンスのクッペ(クドゥピエ)です。

パッセ(ルティレ)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、パッセ(ルティレ)について、お伝えしていきます。つま先をひざにつけて、曲げる動きをやっていきます。パッセは、回転にも使う形ですので、是非やってみてください。

  1. ルティレは、つま先を膝の高さまで持ち上げて、曲げた方のひざもしっかりと開きます
  2. そうすると、足の隙間が大きく見えるようになります
  3. 閉じてしまうと、内股になってしまってる状態ですので、しっかり開いていきます
  4. ルティレに持ってくる形のことを、パッセとも言います
ルティレとパッセは同じような意味で使われることも多いので、どちらの言い方も覚えておきましょう。パッセをするときに気をつけたいのは、かかとです。よくかかとをべたっと軸足につけてしまうことが多いんですけど、つま先をしっかりと伸ばして、かかとを浮かせるイメージを持ってください。ほんの少し、つま先で軸足を触ってるくらいが、パッセのベストなポジションです。これが、バレエ(ballet)ダンスのパッセ(ルティレ)です。

デベロッペ(Developpe)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、デベロッペ(Developpe)について、お伝えしていきます。
まず、クッペに足を持ち上げて、パッセまで足を持ち上げてきたら、ひざの角度はそのままの状態で、つまさきからまっすぐ前に伸ばします。そのまま、足を下ろして、5番に入れてください
横も、クッペを入れて、パッセを入れて、つま先からまっすぐサイドに伸展して、足を下ろして、5番に入れます
デベロッペの後ろも、クッペとパッセを通って、つま先からまっすぐ後ろへ動かしていきます。そのときに、膝の裏がしっかり伸びるように、まっすぐ伸ばしきった状態で、足をおろして、戻ってきたら、おしまいです
これが、バレエ(ballet)ダンスのデベロッペ(Developpe)です。

ロンデジャンブアテール(Rond De Jambe)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、ロンデジャンブアテール(Rond De Jambe)について、お伝えしていきます。

  1. まずは、1番ポジションからで、前のタンジュの位置と、横のタンジュの位置と、後ろのタンジュの位置を通って、1番ポジションに帰ってきます
  2. 連続でやると、前・横・後ろと時計回りに半円を描くように通って、1番に戻ってきます
  3. これが、外回しになります
  4. 今度内回しは、後ろのタンジュの位置と、横のタンジュの位置と、前のタンジュの位置を通って、1番ポジションに戻ります
  5. 繰り返すと、後ろ・横・前と反時計回りに半円を描くように通って、1番に戻ってきたらおしまいです
これが、バレエ(ballet)ダンスのロンデジャンブアテール(Rond De Jambe)です。

アッサンブレ(Assemble)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、アッサンブレ(Assemble)について、お伝えしていきます。続いて、センターレッスンをしていきます。

  1. アッサンブレは、足を集めて跳ぶという意味です
  2. 左足前の、5番ポジションで、両手は、アンナバンで、足は、プリエをして、右足を横にすりだします
  3. 足を上げていって、両足を集めて着地します
  4. 後ろの足をサイドに出して、足を上げて、両足を集めて着地します
しっかり両足のプリエを入れて、後ろの足をサイドに出して足先をポイントにします。足を上げて両足を集めて、着地します。反対側も同様に、後ろの足をサイドに出して足先をポイントにします。足を上げていって、両足を集めて着地します。これが、バレエ(ballet)ダンスのアッサンブレ(Assemble)です。

グランバットマン(Grand Battement)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、グランバットマン(Grand Battement)について、お伝えしていきます。

  1. グランバットマンは、タンジュとジュッテを越えて、足を大きく上げていく動きです
  2. まず、前のグランバットマンは、タンジュとジュッテを越えて、前に蹴り上げています
  3. 続けて、横のグランバットマンは、タンジュとジュッテを通って、横に蹴り上げています
  4. 後ろのグランバットマンは、タンジュとジュッテを通って、後ろに蹴り上げています
  5. もう一度横のグランバットマンにいって、タンジュとジュッテを通って、横に蹴り上げていったらおしまいです
これが、バレエ(ballet)ダンスのグランバットマン(Grand Battement)です。

パドシャ(Pas De Chat)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、パドシャ(Pas De Chat)について、お伝えしていきます。パドシャは、猫のステップという意味です。

  1. 横に、だんだん跳んで移動していきます
  2. 右足前の、5番ポジションでスタートします
  3. 腕は、アンバーです
  4. まず、プリエを入れて、左足と右足を上体を起こして、パッセを入れていきます
  5. プリエの5番に戻って、もう一度左足と右足を上体を起こして、パッセを入れていきます
つなげてやっていくと、ジャンプして跳ぶように、サイドに移動していきます。腕は、アンバーから、上に大きく開いてサイドに下ろしていくように動かしていきます。
これが、バレエ(ballet)ダンスのパドシャ(Pas De Chat)です。

アラベスク(Arabesque)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、アラベスク(Arabesque)について、お伝えしていきます。 アラベスクは、バレエダンスのポーズの中で、最も美しいと言われるポーズの一つです。

  1. アラベスクは、唐草(からくさ)模様という意味です
  2. 腕は、アンナバンデ空気を抱えるようにします
  3. 足は、左足前の5番ポジションです
  4. 右足で、後ろで、クッペとパッセを通って、足をデベロッペに、後ろに曲げて上げていきます
  5. デベロッペから足を伸展させて、まっすぐにしたポーズが、アラベスクです
  6. 腕を付けた、アラベスクをやってみます
  7. 腕はアンナバンで空気を抱えるようにして、デベロッペのひざが伸展していくのと同時に、腕が前に伸びていきのが同じタイミングになります
これが、バレエ(ballet)ダンスのアラベスク(Arabesque)です。

グリッサード(Glissade)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、グリッサード(Glissade)について、お伝えしていきます。

  1. グリッサードは、横に滑るという意味です
  2. 左足前の、5番ポジションで立ちます
  3. まず、プリエを入れて、腕は、アンナバンで空気を抱えます
  4. アッサンブレと少し似ているんですが、横に右足を1歩出したら、右足のところに、左足がすぐ、追いかけてくる状態になります
右足を出したら、左足で右足を追いかけて、5番ポジションに戻してきたらおしまいです。これが、バレエ(ballet)ダンスのグリッサード(Glissade)です。

アッサンブレとグリッサードのつなぎ

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、アッサンブレとグリッサードのつなぎについて、お伝えしていきます。アッサンブレと、グリッサードの説明を今までやってきましたので、それを応用として、つなげてやってみたいと思います。

  1. 最初は、グリッサードからいきます
  2. グリッサードで左に移動してアッサンブレを入れて、グリッサードで右に移動してアッサンブレを入れます
左右にグリッサードとアッサンブレを繰り返し入れていきます。これが、バレエ(ballet)ダンスのアッサンブレとグリッサードのつなぎです。

ソーテ(Saute)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、ソーテ(Saute)について、お伝えしていきます。ソーテは、炒める意味のソテーとすごく意味が似ています。

  1. 左足前の5番ポジションで立ちます
  2. 腕は、アンナバンで空気を抱えます
  3. 左足を4番ポジションに持っていって、ドゥミポイントで軽くつま先を立てます
  4. 左足を上げて、左足から前にジャンプしていきます
  5. ジャンプしているとき、後ろ足は、アラベスクになります
  6. ジャンプするとき、左腕は前に、右腕は、後ろサイドに伸ばしていきます
これが、バレエ(ballet)ダンスのソーテ(Saute)です。

シャッセ(Chasse)

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、シャッセ(Chasse)について、お伝えしていきます。シャッセは、追いかけるという意味です。

  1. 右足前の5番ポジションでスタートします
  2. 腕は、アラスゴンドで左右に開きます
  3. 右足を4番ポジションに踏んだら、後ろの足ですぐに追いかけるようにします
  4. 追いかけられた左足は、逃げるように、前に、4番ポジションに移動します
これが、バレエ(ballet)ダンスのシャッセ(Chasse)です。

ソーテ(Saute)とシャッセ(Chasse)の連続技

www.youtube.com

次は、バレエ(ballet)ダンスの、ソーテ(Saute)とシャッセ(Chasse)の連続技について、お伝えしていきます。 ソーテとシャッセをつなげてやってみましょう。

  1. まず、ソーテからいきます
  2. ソーテで右に行ったら、シャッセで左に行って、ソーテを入れます
  3. シャッセで右に行って、ソーテを入れます
シャッセ、ソーテ、シャッセ、ソーテと左右交互に繰り返していきます。これが、バレエ(ballet)ダンスのソーテ(Saute)とシャッセ(Chasse)の連続技です。

まとめ

バレエダンスは、基礎動作を覚えることが、とても大事な踊りです。1番から5番までの足のポジションを覚えることから、スタートしましょう。腕のアームスも、アンバー、アンナバン、アンオー(En haut)、アラセゴンド、アロンジェ(Allongee)と、決まったポジションがありますので、しっかり覚えてください。
足の位置も、ターンアウト(開いた状態)、パラレル(平行な状態)と使い分けできるようにしましょう。クッペ、パッセ、デベロッペと足を徐々に上げる段階も、きちんとおさえておきましょう。
バレエダンスの基礎動作を、とにかく繰り返し練習してみてください。何も考えずに、自然と基礎動作ができるようになれば、あなたのバレエダンスは、美しいものになると思います。がんばってください。

その他の参考になる記事も、載せておきます。

トップへ戻る