ダンスが大好き

アクロバットの基礎技解説!バク転のやり方も!

アクロバットの基礎技解説!バク転のやり方も!
アクロバットでは、身体の柔軟性が大事になってきます。普段から、しっかり柔軟運動をやり込みながら、練習していきましょう。

側宙、ロンダート、バク転、バク宙と、まずは、基本的な動きをしっかりやりこんで、動作を頭に叩き込んでください。

その上で、フラッシュキック、タッチダウンライズ、コークスクリューなど、難易度の高い技に、徐々に挑戦していきましょう。

アクロバットの基礎技を動画で解説

イケメンパルクール男子であるZENさんの動画を参考にして、アクロバットの基礎技をマスターしていきましょう。

側転

www.youtube.com

これから、アクロバットについて、お話ししていきます。

その上で、注意してもらいたい点が、3つあります。

まず1つ目は、首です。

首は、大事な神経がいっぱい詰まってます。アクロバットをやっていると、首で落っこちたりということが、すごくよくあります。

ですので、首のストレッチをしっかりやるようにしてください。

2つ目は、足首です。

足首も同じようにストレッチをしっかりやるようにしてください。身体を温めてから、アクロバットの練習を始めていきましょう。

3つ目は、ひざです。

ひざは、すごく壊しやすい部分です。思いっきり床を蹴ったりしないようにしてください。なるべく自分の身体を押し上げてあげてください。

筋肉を使って跳ぶということを、意識してください。

ということで、側転について、学んでいきましょう。

今回お話する側転は、いわゆる一般的な、まっすぐ身体が伸びた状態でやる側転ではありません。次の技に繋げるための、助走になる側転について、お話ししていきます。

側転をやっていく上でのポイントは、まず、かかとです。かかとの振り上げで、しっかり勢いを作って上げましょう。

このときに、手を床につきに行くんですけど、バラバラに手をつきに行くんじゃなくて、なるべく2つが同時に、もしくはなるべく近い間隔で、床に手がつくようにやっていきます。

ポイントは、足の振りと、手のつきです。そして、このとき、手をしっかり跳ね返します。

跳ね返すことによって、身体を上に浮かしてみてください。

なるべく身体が上に起きてくるっていうのが、ポイントです。

これが、寝たままの状態で次に繋げようとすると、そのまま低いままの状態で次の技に行くことになります。

ですので、なるべく高く、胸を上に持ってくるような意識で、やっていきましょう。

さらに、次に繋げていくときのポイントとして、しっかり反対の足でも踏み切ってあげることです。右足の振りに、軸足である左足の跳ねも使います。

その勢いを使って手をついて、最後に手を押して、胸を上に持ってきます。

ポイントをまとめておきます。

  1. かかとの振り上げで勢いを作ります
  2. 両手はできるだけ同時につきます
  3. 片足でしっかり踏み切ります
  4. 最後はしっかりと身体を起こします

ロンダート

www.youtube.com

ロンダートという技を、マスターしていきましょう。

ロンダートというのは、体操でよく使われる、宙返りやバク転などに入っていくための、助走をつける技です。

ロンダートをやるときに、一番意識してほしいのは、身体をなるべく真っすぐ伸ばした状態でやるということです。

このときになるべく、かかとが、自分の身体から、遠くを通るような意識でやってください。

これを縮こまってやってしまうと、勢いがつかなくなります。

なるべく、身体が伸びて、かかとが、自分の身体から、遠くを通るような意識で、ひたすら繰り返し練習してみてください。

手が入るときに、なるべく手を回して、半分ひねった形で、入ってください。

側転とちょっと違っていて、側転は、まっすぐ入ります。

ですが、ロンダートは、ちょっと開いた状態で、身体を入れていきます。

そこから、側転のように入って、途中で足で抑えます。

このときも、先程の側転と同じように、足をしっかり後ろに振って、勢いをつけて、回転力を使って、それを手でしっかり押して、上に飛ばしてあげるのが、ポイントです。

先程お話ししたポイント3つを、意識してください。

かかとをしっかり振ること、身体を伸ばすこと、かかとが遠くを通るようにすることの3つを、意識しながら、出来るようになるまで、ひたすら繰り返し練習してみてください。

ポイントをまとめておきます。

  1. かかとをしっかり振ります
  2. 身体をしっかりと伸ばします
  3. かかとを遠くに通します

バク転

www.youtube.com

バク転という技について、マスターしていきましょう。

一番簡単な跳び方をやっていきます。

まず、手を前に出します。前に出した手を下げると当時に、ひざを曲げます。

このときに、ひざが前に出てしまうと、真上に跳ぶ軌道になってしまうので、しっかりひざを曲げたときに、ひざが前に出ないように注意してください。

イスに座るような感じで、後ろに倒れちゃうくらいに下げて大丈夫です。

この状態から、身体が後ろに倒れながら、上に跳ぶというのが、バク転の入りになります。

一連の流れとしては、1で手を伸ばして、2で手を下げると同時に、膝を曲げて、3で後ろに倒れながら、上に跳びます。

次は、飛び込みに入ります。

手をしっかり耳の横まで持ってきて、目線は上です。先程の入り方で、跳びます。

まずは、回らないで、この跳び方を繰り返し練習してみてください。

このとき気をつけて欲しいのが、真上に上がりすぎないようにすることです。

真上に上がりすぎてしまうと、首がガンっとなってしまいます。手をついたときにも、力が入りません。頭をぶつけてしまったりもします。気をつけてください。

実際に回るときは、まずは、地面を見にいってください。まっすぐグーッと身体を反って返して、地面を見に行くようなイメージです。

地面を見て、手をつくところから、やっていきましょう。

これがある程度できてきたら、ちょうど地面が自分の真下にきたときに、足を返して、足を弾いて元に戻すという動作をしてあげてください。

そうすると、最後まで勢いが伝わって、身体が上に起きてきます。

次に繋げるときなども、身体を起こすという動作を忘れないで、繋げるときは、上に飛んでください。

ポイントをまとめておきます。

  1. ちゃんと膝を曲げて、そのときにひざが前に出ないようにします
  2. しっかり跳んだときに、耳の横に手が来て、肩に引っかかる位置で、跳んでいきます
  3. 地面を見にいきます

バク宙

www.youtube.com

バク宙という技について、学んでいきましょう。

バク宙で大事なポイントは、全部で3つあります。

1つ目は、入りです。しっかり真上に跳んであげることです。

先程のバク転とは違って、胸をやや斜め後ろに飛ばします。

2つ目は、抱え込みです。跳んでから、腰を浮かして、ひざを胸につけるように持ってきます。

3つ目は、開きです。着地のときに、抱え込んだままだと、回りすぎてしまいます。回転が終わって、戻ってきたときに、足を下ろします。

このときに、途中で開いてしまうと、前のめりに倒れてしまいます。しっかり一回転して、身体が上がってくるときに下ろします。ですので、足は、真下に伸びます。

この3つのポイントを意識して、やってみてください。

ということで、まず、胸をやや斜め後ろに飛ばして上げて、ジャンプします。

今度は、上げた手のひらに、ひざを当てに行くような形で、足を持ってきてあげてください。足を持ってきたときに、ももの裏を掴むようにします。

これが、基本のバク宙の形です。

さらに、バク宙のクオリティーを上げたい方は、前を向きます。

跳んだ瞬間に、すぐ首を返すのではなくて、前を見て、空中で胸を倒すのを待ってあげます。その分、高さが上がります。

抱え込みが、先程は、ももの裏だったのを、ひざにします。こうすることで、より深く抱え込むことができます。

ポイントをまとめておきます。

  1. しっかりと真上に跳びます
  2. ひざが胸につくように抱え込みます
  3. 着地前に足を降ろします

フラッシュキック

www.youtube.com

バク宙の応用である、フラッシュキックという技について、学んでいきましょう。

これは、バク宙がもう簡単になって、もうそろそろ次の技にいってみようかなという人向けの技です。

まずは、バックレイアウトという、バク宙の心身、いわゆるまっすぐではないんですけど、バク転の手をつかないようなものです。

これは、バク転とは少し違って、跳び方は、バク宙と同じです。ですが、すごく反ります。

ずっと反っていって、地面が見えたところで、足を返していきます。このときに、足が曲がらないように意識してください。しっかりまっすぐ降りてくるようにします。という感じの技です。

これは、すごく腹筋とか、筋肉をすごく使う技です。ですので、バク宙に慣れた人は、挑戦してみてください。

さらにこれを、最後足をばらして、片足ずつ着地すると、フラッシュキックという技になります。

フラッシュキックのポイントは、足を先ほどと同じように、バックレイアウトの要領で、足を降ろしてくるときに、片足を置いてくるような意識で、最後の着地のときに、身体が落ちる前に、片足を入れてきます。入れ込んで、落とします。

ですので、体重は、片足に全部乗ってます。後から来た足は、下に降りてきます。同時に、上半身を起こしてきます。

今までのバク宙よりも、顔が地面に近い技なので、すごく危険な技です。ですので、バク宙の基礎を押さえた上で、挑戦してみてください。

ポイントをまとめておきます。

  1. 着地前に片足を降ろします
  2. 後からきた足が、下に降りてくると同時に、上半身を起こします

サイドフリップ

www.youtube.com

サイドフリップという技を、マスターしていきましょう。

サイドフリップというのは、側宙という意味です。側宙には、いくつも種類があります。いわゆる男側宙というものと、女側宙といわれるものが、あります。

女側宙というのは、身体を開いたものですが、今回やるのは、男側宙です。

男側宙のポイントは、台の上で転がるような形で、真横に転がっていくような、背中が地面と平行になる抱え込みの仕方をして、着地をします。

踏み切りの仕方ですが、側宙と言われているので、横に踏み切ると思う方が多いと思います。

ですが、実際は、前に踏み切ります。まっすぐ、前宙のような意識で、まっすぐ踏み切って、左手を引きます。左手の引きを使って、身体が横になります。

これも、側転やロンダートと同じように、かかとを後ろに振り上げるような意識で、軸足もしっかり上に飛ばしてあげます。引き手を使って、まっすぐ跳んでいきます。

まっすぐ上に跳んで、そこから抱え込みます。抱え込みのときには、しっかり足が引っかかって上がった状態で、太ももの裏を掴むような形で、ぐっと胸に引き寄せてください。

足の振り上げと、手の引きと、軸足の押し、この3つをしっかり注意して、練習してみてください。

ポイントをまとめておきます。

  1. 軸足で身体を押し上げます
  2. 後ろ足を振り上げます
  3. 手を引いて、身体の向きを横にします

ダブルレッグ

www.youtube.com

ダブルレッグという技について、学んでいきましょう。

ダブルレッグというのは、先ほどお話しした側宙の、足が伸びた状態で、回る技です。

コツは、まず、ステップです。

片方の足を出して、そこに両足を揃えに行きます。腕を一回引いて、両足が揃ったところで引っ掛けます。だいたい脇の下くらいの筋肉で引き上げるような感じで、ここで身体を上げていきます。

身体を引っ掛けて、上げて、上げた状態から、かかとにある重りごと、棒を持ち上げるように、回っていきます。腹筋の力で、足をまっすぐ通してあげます。

このときに、一つ気をつけてほしいのが、腕を引っ掛けるんですけど、上半身が上がらないように、胸の位置を固定させて、回転させます。上がりもしないし、下がりもしない位置です。

ステップが、特殊な技なので、自分の中で引っかかるポイントを探しながら、跳ばし方を見つけて、練習してみてください。

ポイントをまとめておきます。

  1. 腕を引きます
  2. 両足を揃えます
  3. 脇の下の筋肉で身体を持ち上げます
  4. 腹筋で足を真っ直ぐにキープします
  5. 2つめの項目
  6. 3つめの項目

アックスエアリアル

www.youtube.com

アックスエアリアルという技を、マスターしていきましょう。

アックスエアリアルというのは、女側宙と言われる、身体が伸びた状態で、やる技になります。

アックスというのは、片足を振って跳ばすやり方です。

ですので、その場でやる女側宙になります。

まず、足を上げます。振る側の足と、軸足です。振り足と軸足に分かれるんですけど、振り足を引きます。このときに、身体が一緒に倒れていかないように、なるべくここでは耐えます。

振った瞬間に身体を下に、降ろしていきます。上げた状態で、振り足が、軸足の間を通ったぐらいから、身体を下げていって、引っかかった位置で、もう片方の足である右足を跳ばしてあげます。

練習方法としては、まず、両手をつくやり方があります。

慣れてきたら、最初は、右手だけをつきます。

徐々に身体を浮かせられるようになってきたら、今度は、最後に、左手をつきます。

両手をついて、身体を跳ばすことに慣れてきたら、ちょっとずつ、手を減らしていってください。

最終的に、手がつかなくなる状態を目指していきましょう。

アックスエアリアルは、足の振りがすごく大事になってきます。身体の柔らかさも必要になってくるので、柔軟をしっかりして、やってみてください。

ポイントをまとめておきます。

  1. 振り足を引きます
  2. 身体を降ろします
  3. 軸足で跳びます

タッチダウンライズ

www.youtube.com

タッチダウンライズという技について、学んでいきましょう。

タッチダウンライズというのは、体操でいうロンダートのような、助走をつける技になります。

練習方法は、まず、ステップからです。

すごく独特なステップなので、入り方を、身体になじませてください。

右足に重心を置いて、左足を振っていきます。このときに、重心が左足にいってしまうと、引くときに身体が、流れやすくなってしまいます。

ですので、重心は、なるべく右足に乗った状態で、左足を引いていきます。

このときに、腕の振りは、下に落ちているものを、取りに行くように、振っていきます。

右手は、床にあるものを取りに行って、左手は、後ろに引き上げていきます。

まず、最初のステップは、先程の入りを使って、緩やかな軸で跳んで上げることです。この状態から、少しずつ腰を上げるような意識をして、上に跳ばしていきます。

慣れてきたら、最後に、手をつきにいきます。最初は、地面が見えてから、手をついて構いません。このときつく手は、後ろに引いた方の手になります。

跳んで地面が見えてから、手をつくようにしてください。

このときに、地面が見えていない状態で、手をついてしまうと、ひじが反対側に入ってしまったりだとか、手が潰れてしまったり、手首を痛めてしまったりということにもつながります。なるべく地面が見えた状態から、手をつきにいくようにしてあげてください。

ちょっとずつ慣れてきたら、自分の耳に近づけていく意識を持って、少しずつ軸を縦にしていきます。

最後の手をついて、最終的に身体が、上に戻ってきます。身体が戻ってくるときに、しっかり足を振ってあげます。止めないで、足を振ってあげてください。このときに、身体をしっかり起こします。そして、身体を跳ばしてあげてください。

最後に、次の勢いにつながるように、終わりの形を調整してあげてください。

難しい技ですけど、回数を重ねて、身体に慣らしていってあげてください。

ポイントをまとめておきます。

  1. 右足に重心を置きます
  2. 床にあるものを拾うように右手を振ります
  3. 左手を床につきます
  4. 右足を振り上げながら、状態を起こします

コークスクリュー

www.youtube.com

コークスクリューという技について、学んでいきましょう。

コークスクリューというのは、バッファローの1回ひねりなんですけど、バッファローはTAISUKE先生の、ブレイクダンス講座の動画を参考にしてみてください。

www.youtube.com

まず、片方の足を出して、次に軸足となる足を出すときに、最初に出した足を引いてあげます。このときに、振り足を身体の真っ直ぐ後ろに置くように、してあげてください。

この状態から、足を真っ直ぐ振って、跳びます。そして、バッファローと同じ跳び方をしていって、その途中に上げた足に、軸足をくっつけるような意識で持ってきてあげてください。

振り上げてしっかり身体を跳ばしてあげてから、引きつけてください。これを、跳ぶ前から引きつけてしまうと、高さが出ないまま、落っこちてしまいます。

しっかり跳んだのを確認してから、空中で身体をしめてあげてください。

このときに、手も、まっすぐ上げた状態から、脇をしめるように、雑巾を搾るような意識で、集めてあげてください。

着地のときには、まっすぐ一本だったこの軸から、片足を外してあげるように、一個ずつ外して、そこから軸ごと身体が降りてくるという意識でやってみてください。

コークスクリューのポイントは、しっかり身体を上げた状態で、ひねってあげることです。これをなるべく、後にひねればひねるほど、高さが上がってきます。練習、頑張ってください。

ポイントをまとめておきます。

  1. 軸足を出します
  2. 振り足をまっすぐ振って跳びます
  3. 振り足に軸足を引きつけます
  4. 踏み切り足を外します

スクート

www.youtube.com

スクートという技を、マスターしていきましょう。

スクートというのは、身体を跳ばすための、助走の動きになります。

入り方は、一歩足を引いて、左手を前に置きます。このときに、後ろの手は、引いた状態にして、胸がやや開いた状態になるようにしてください。

ここから左足が、外側を通って、回ってくる意識をしながら、身体を跳ばします。このときに、右足でも、しっかり跳んであげてください。左足が離れてから、すぐ右足も押してあげます。

押してあげることによって、身体がねじれた状態から、まっすぐ回っていけます。

足を引いて、左手をついて、左足を回しながら、右足も押してあげます。押してあげるときに、右足を前に蹴りに行く意識を持って、真後ろに置いてあげてください。

真後ろの状態になると、ここからまた、身体を起こしていきます。これによって、バッファローや、コークスクリューだとかに繋げていくために、しっかりと胸を起こしてあげてください。

このとき大切になってくるのが、右足の勢いです。ねじれを使って、左手をついた後に、すべての勢いが右足に乗っているような感覚で、跳ばします。

このときしっかり、右足が、軸になっていると、跳んだときの高さに繋がってきます。

スクートは、比較的簡単なので、コンビネーションに取り入れてみてください。

ポイントをまとめておきます。

  1. 左足を引きます
  2. 左手をつきます
  3. 左足を回します
  4. 右足で押します

スタンフルツイスト

www.youtube.com

スタンフルツイストという技について、学んでいきましょう。

スタンフルツイストというのは、バク宙の一回ひねりです。その場の一回ひねりになります。

バク宙の応用でお話しした、バックレイアウトを、しっかり練習したうえでやってみてください。

バックレイアウトとの違いは、あまり反らないことです。身体をすぐに反ってしまうと、回転が低くなってしまうので、やや斜め上に引き上げてください。

このときに、手をすぐにひねりにいかないようにしてください。しっかり身体の上を通してから、横にひねってあげてください。

意識としては、しっかり上半身と下半身が、繋がっているという意識を持ってやってください。この意識をしっかり持ってないと、跳んだときに、上半身と下半身が、外れてしまって、ひねりの途中で、回転力がなくなって落ちてしまいます。

しっかり跳んでひねった後に、このとき下半身もしっかりついていく意識をもってやってみてください。

スタンフルツイストの一番のポイントは、最初にお話ししたように、しっかり真上を通してから、ひねってあげることです。これができていないと、すごく低い軸で回ってしまって、落ちてしまいます。

まっすぐ宙返りをして、ひねってあげてください。

ポイントをまとめておきます。

  1. 手を身体の上へ通してから身体をひねります
  2. 下半身も、上半身の動きについていきます

技のまとめ

www.youtube.com

今までお話ししてきた技を、動画でまとめて見ることが出来ます。しっかり見て、ひたすら練習して、自分のものにしてみてください。

これで、アクロバットのレッスンを終わります。

これまでのレッスンでのポイントをしっかり押さえて、柔軟運動をしっかりして、できるだけ、ケガのないように、練習してみてください。

まとめ

www.youtube.com

今回動画のZENさんが教えてくれたのは、アクロバットの中でも、トリッキングといわれる、武術と回転技が組み合わさって、見せることに特化したジャンルです。

ZENさん自身も、体操経験などはないので、教え方はけっこうぐちゃぐちゃかもしれないそうです。ですので、そこは、自分なりに解釈して練習してみてください。

トリッキングの魅力というと、人それぞれだと思います。僕は、実際に人を殴ったり蹴ったりは、好きじゃないので、いわゆる格闘技には、興味が無いです。

トリッキングというのは、ダンスに近いものがあって、実際に人と戦ったり、技を当てたりとかもしません。

そういう意味で、武術がベースになってはいるんですけど、人を傷つけるためのものじゃなくて、僕は、表現の一つだと思っています。

人間の限界っていうのを、感じさせない部分があって、そういうところが、トリッキングを始めたきっかけです。

今回は、ZENさんが、トリッキングのレクチャーをしてくださいました。

普段ZENさんは、パルクールというカルチャーの普及活動をやっているそうです。

パルクールというのは、簡単に言うと、トレーニングのカルチャーです。もし興味があれば、調べてみてください。

とにかく、ケガだけは、しないようにしてください。

もっといろんな技もありますし、もっともっといろんなコンビネーションとか、それこそオリジナルの技とかも自分で少しずつやっていけるようになると思います。

ケガをして、長い間練習をできなくなったりだとか、それこそ踊れなくなってしまったりすると、すごくもったいないです。

ときには、勢いも大事なんですけど、ちゃんと自分の力量の範囲で、しっかりテクニックを、ポイントを押さえたうえで、挑戦するようにしてください。

ZENさんは、ダンサーではないですが、このレッスンを通して、日本のダンスシーンの盛り上がりに、少しでも力に慣れたらなと考えて、動画の撮影に臨まれたようです。

練習、頑張ってください。

トップへ戻る