あさくまろん

【AA絵文字を】アスキーアートで表現の幅が広がる【使いこなそう】

クマー。

AA(アスキーアート)の読み方すら知らなかった系男子のアサクママサルです。

氷太さんが書かれたAAについての記事に触発されたので、ぼくなりの使い方を書いてみますネ☆☆☆

www.already-match.com


【AA絵文字を】アスキーアートで表現の幅が広がる【使いこなそう】

f:id:asakumamasaru:20170830001400p:plain

アスキーアート(ASCII art)とは、プレーンテキストによる視覚的表現技法のこと。


テキストアート、活字アート、絵文字などとも呼ばれる。しばしばAAと略される。


アスキーアートは1行(数文字〜数十文字)の顔文字から、


複数行(数百〜数千文字)に及ぶ大掛かりなものまで様々である。


古くはタイプライターやテレタイプ端末で同様の表現を試みた者もいたが、


この語が普及するようになったのは、パソコン通信の電子掲示板が知られるようになってからである。


インターネットの普及とともに一般人がコンピュータ文字を多く扱うようになり、


誰でも日常的にアスキーアートを見たり、コピーペーストして使ったり、


ツールを使ってアート表現を行ったりすることが可能になった。


文章引用元:アスキーアート - Wikipedia

アスキーアートは、テキスト文章で作る絵なんです。


文字を使って、まるで1つの絵のように表現する高度な技術ですね。

こんなふうに、

f:id:asakumamasaru:20170829232536p:plain



感情を大きく、視覚的にわかりやすく表現できるわけです。






喜び。

f:id:asakumamasaru:20170829233025p:plain






怒り。

f:id:asakumamasaru:20170829233238p:plain





哀しみ。

f:id:asakumamasaru:20170829233434p:plain





楽しみ。

f:id:asakumamasaru:20170829233537p:plain






感情の高ぶり。

f:id:asakumamasaru:20170829233751p:plain






寂寥感。

f:id:asakumamasaru:20170829233928p:plain







CMを表現。

f:id:asakumamasaru:20170829234132p:plain





と、使い方は、無限大に広がりますね☆☆☆




ブログ記事作成に使うなら、おすすめはAAMZ Viewer

f:id:asakumamasaru:20170830001437p:plain



氷太さんもブログ記事でおっしゃっていましたが、ブラウザによって、閲覧者の閲覧状況によって、文字化けが起こったり、正常に表示されなかったりすることがあります。

なので、そのままソースをコピーして貼り付けない方がイイですよ。


文字として使うよりも、画像として使いましょう

AAMZ Viewer


1,AAMZ Viewerのページに飛んで、自分が使いたいAAを探して

2,画面の右側に表示される、サムネイル作成ボタンをクリック

3,サムネイル画像の上にカーソルを合わせ、画像をコピーして

4,ブログ記事に直接貼り付ける

って作業をすることで、どんな閲覧状況でも、AAが正しく表示されますよ☆☆☆



表示文字を変えたいなら、AA(アスキーアート)の画像化Webツール!を使おう

f:id:asakumamasaru:20170830001459p:plain



AAのテンプレ文字と違う文字で感情を表現したくなることも、ありますよね。

そんなときは、AA(アスキーアート)の画像化Webツール!を使いましょう。

ysklog.net




1,AA(アスキーアート)の画像化Webツール!で、AAのソースをコピペして

2,文字部分を直接修正して

3,画像として保存して記事に貼り付ける


はい、終わり。

簡単でしょ?

文字部分を修正するときに、文字で表現した画像も一緒にずれちゃうことがあるので、自分で文字画像を調整してくださいネ☆



まとめ

AAを使うことで、多彩な感情表現をわかりやすく、大きく見せることができるようになりますよ。

ボクも、今現在勉強中です。

じゃんじゃん使って、AAを使いこなしちゃいましょう☆☆☆



【54時間】ニコ生で動かない鳥ハシビロコウさんをひたすら観察www【生中継】っていう記事も書いてますぜ(`・ω・´)シャキーン

www.asakumamasaru.com

トップへ戻る