あさくまろん

「強調タグ」を使うとブログ記事が読みやすくなる

f:id:asakumamasaru:20170718123514p:plain

強調タグでズバッと撃ち抜く。

メガダンサーのアサクママサルです。

ブログ記事に強調タグ使ってますか?

同じ調子で淡々と記事を書くのもいいですが、「これはちょっと強く言いたい」なんて箇所は、強調した方がいい。


「強調タグ」は読者の視線を引きつける

ボクの視線は、強調タグの太字に釘付け。

ボクが、面白いなと思うブログ記事は、ほぼ全て、「強調タグ」が使われています。

何度でもいいますが、視線が強調箇所に引きつけられます。斜め読みしてても、そこに目が行く。

他人のブログ記事を、隅から隅まで読むことはそんなにないでしょ?

ざっと見渡す感じで読むことが多いハズ。

その「ざっと」見た感じでも、言いたいことが伝わるように、強調するわけで。

短い時間で、読者にブログ記事を印象づける効果もあります。


「強調タグ」と「ただの太字」は違う

ただの太字はSEO的に効果ゼロ。

強調タグは、文章を強調するためのタグ。

ただの太字は、文字通り「装飾」するだけのただの太字。

グーグル先生は、強調タグの強調もしっかり拾ってくれる。

装飾の太字を使っているなら、今日から強調タグを使ってみて欲しい。

<strong>ここにテキストを入力</strong>

「ストロングタグ」で強調したいテキストを囲むだけです。簡単。


どうして強調タグを使うとブログ記事が読みやすくなるのか

印象に残るんですよ。

「読んでためになったな」とか、「読みやすかったな」って文章をよく見返してみてください。

たいてい、文章の何箇所か「強調」されてたり、「赤などの色文字での強調」がされてませんでしたか?

理由は単純。

淡々とした文章よりも、視線が引きつけられるような「工夫」がしてある文章のほうが、読んでて楽しいから。

ちょっとの工夫で、格段に文章が読みやすくなる。

ボクも、まだまだ試行錯誤してる段階ではあるんですけど。


まとめ

ズバッと強調しましょう。

とにかく、読みやすさを創意工夫していくことが、ブログ記事を多くの人に見てもらうことにつながるはず。


トップへ戻る