あさくまろん

排水口バスケットをきれいに保つ簡単な方法

f:id:asakumamasaru:20170717212312p:plain

その排水口バスケットヌメってますよ。

ごきげんよう。
メガダンサーのアサクママサルです。

排水口バスケット、ヌメって詰まりやすくなってませんか?

ボクの家の台所の「排水口バスケット」さんも、ご多分に漏れず詰まりやすくなってました。

ということで、排水口バスケットをきれいに保つ簡単な方法について、お話をしていきますね。


排水口バスケットをきれいに保つ簡単な方法

参考にしたのは、「ももせいづみ」さんが書かれた記事です。

浅型の排水口バスケットを「2つ」用意します。

「2つ」って発想、まったくなかったでしょ?

ボクも、目からウロコ状態でびっくりしましたよ。

で、毎日「洗い替え」をしていきましょう。2つあればローテーションで、交互に回せますよね。

はい、終わり。


浅型の排水口バスケットをおすすめする理由

排水口バスケットは、ごみ箱じゃないですからね?

ここ重要ですよ。

あくまでも、排水口にゴミが落ちて詰まったりしないように、簡易的にバスケットを設置してるんです。

ですので、本来的に「浅型」が適しているわけですね。

パッとバスケットを外して、たまったゴミは「すぐ」ごみ箱に捨てましょう。

「浅型」だと、着脱も簡単ですからね。


まとめ

服は洗い替えするのに、排水口バスケットは洗い替えしないって、よく考えたら変ですよね。むしろ、排水口バスケットの方が、湿ってる分よごれやすいですから。

排水口バスケットを2つ準備してみると、台所が今より「心地よい空間」になるかもしれませんよ。

トップへ戻る