あさくまろん

「他人に笑われる」ことを「楽しむ」思考を持てば「最強」

f:id:asakumamasaru:20170711201234p:plain

「他人に笑われる」ことを「楽しむ」思考を持てば「最強」っていう話。

メガダンサーのアサクママサルですぜ!!

他人に笑われることを、極度に気にしてませんか?

2017年7月11日の今日、近所の大学で「ダンス」の練習をしてきました!!!

三人くらいで固まってる女子学生さんが、やたらこっちを見て「笑って」ましたね、、、。

ということで、「他人に笑われる」ことを「楽しむ」思考を持てば「最強」っていう内容で、話を進めていきますね。



他人を「笑う」という「思考」はどういうことか

「自分は優位だ」って思い込んでる人の思考ですよ。他人を「笑う」っていうのは。

ボクは、「他人を笑う」って思考は、あまり好きではない!!!

お笑い芸人が、「笑わせようとしている」のだったら全然いいんですけどね。

かと言って、じゃあ「笑ってる」人が、能力的に優れているかというと、そうでもない。

彼女たちのダンスに「光る」ものをまったく感じませんでしたし。

ボクが思うに、「能力値が高い人」ほど、他人に対して、「馬鹿にする」ような行動をとることがないんですよ!!!

なので、やたらこっち見て「笑ってるな」と思った瞬間に、「大したことないな」とボクは即座に判断して、黙々とダンスの練習をします。



「他人に笑われる」ことを「楽しむ」思考を持てば「最強」

面白いことに、ボクが「ひたすら」練習してると、ボクの「本気」を感じ取ったのか、いつのまにか「静か」になって、彼女たちも練習をしていました。

そんなもんなんです。「他人を笑う」なんて行動は。

「熱心」に練習してる人間を、そんな長い時間「笑う」ことができる「アホ」なんてそうそういません!!!!

全く気にもしないで、ダンスに「没頭」して、3時間位踊ってました。

いつのまにか、「彼女達」はいなくなっていたという「オチ」です。

ボクが言いたいのは、

他人に「笑われた」とかそんなことくらいで、「やりたいこと」を辞めるのはもったいないよ!!!!!

ってことです。

人のことを「ああだこうだ」言って、笑うような人間は、「ひとカド」の成功者になることはまずない。客観的に見て、「感じが悪い」と評価されるだけです。

なので、「人に笑われること」を最近は、「楽しむ」ようにしてます。

言い換えると、「人を笑わせること」を楽しんでいるという方が、いいかもしれません。

ジム内で、ボクと話してる方は、たいてい「楽しそうに笑って」いますからね。

ほんとにみなさん、とても「いい笑顔」で話してくれるんです。ありがたいことです!!!!

「人に笑われること」「人を笑わせること」に慣れると、案外「快感」に近い感覚になるかもしれませんよ!!!!

ちょっと「おかしな人」みたいですねw



まとめ

どうでしたでしょうか?

「笑われる」という感覚を、「楽しむ」思考を持てば「最強」になれますよ!!!!!

自分の「狭い殻」から抜け出して「一歩」踏み出したような「感覚」を身につけれるかもしれません!!!



トップへ戻る