あさくまろん

水泳「バタフライ」のキックをマスターするためのドリル練習

f:id:asakumamasaru:20170703223607p:plain

水泳「バタフライ」のキックをマスターするためのドリル練習っていう話。

ごきげんよう。
メガダンサーのアサクママサルでありんす。

バタフライ泳いでますか?

2017年7月3日の今日から、ボクの尊敬するコーチのバタフライ中級レッスンに入り始めました。

ということで、ボクが今日コーチから教わったバタフライのキックをマスターするためのドリル練習をご紹介しますね。


足を伸ばしてから、膝を緩めてキックする

足をしっかり後ろまで伸ばします。伸びたら膝を緩めて、勢いよく「ドルフィンキック」をします。キックした後、膝が曲がっているので、そこから「お尻」を浮かせるイメージを持ってください。

お尻が浮いてきたら、今度は「かかと」を浮かせます。かかとも浮いてきたら、足をしっかり伸ばします。伸びたら膝を緩めてドルフィンキック!! 基本的に、この動作の繰り返しが、バタフライのキック動作です。

お尻とかかとを浮かせるイメージを身体に覚え込ませましょう。

普段意識してないと、足が伸びていない状態で、膝が曲がったままキックをしてしまう方が多いです。足が伸びた状態から、膝を緩めてキックすることで、勢いよく前に進むキックが打てるようになりますよ。

練習するときは、ゆっくりした動作で、足の動きを意識しながら泳いでみてください。25メートルを数本、休みながらでいいので繰り返し泳ぎましょう。だんだん感覚がつかめてくるはずです。

バタフライは、体力がいる泳ぎなので、しっかり休憩をはさみましょう。無理は禁物。


では、インターネットの世界でまた会いましょう。

トップへ戻る