あさくまろん

読みやすいブログ記事の「レイアウト」

f:id:asakumamasaru:20170629205456p:plain

読みやすいブログ記事の「レイアウト」っていう話。

ごきげんよう。
メガダンサーのアサクママサルでありんす。

「ブログ記事の見た目のことを考えてますか?」

改行もなく、ただ文章を書きなぐったようなブログって読む気失せますよねw 逆に、芸能人ブログのように、「改行を連発」しまくる記事も正直読みたくないです。

というとこで、ボクが有名ブロガーさんのブログを読んで気づいた読みやすいブログ記事の「レイアウト」を紹介しますかね。


行数を揃えずあえて「ランダム」にする

同じ行数でずっと、

一行の文章
一行の文章
一行の文章
一行の文章

と、一行ずつ書いては「改行」されてる方も多いですね。改行を活用しているようで、返って読みづらい記事になってます。何度も繰り返しますが、「改行連発」の芸能人ブログはものすごく読みにくいです。

改行するときの文章の「行数」は、

一行の文章
三行の文章
二行の文章
四行の文章

と文章の長さを「ランダム」にして改行したほうが、読みやすくなります。人間の脳は、同じ行数ばかりを見ることを好みません。これは、実際に有名ブロガーさんの記事を読んでいくと肌感覚としてわかってきます。


文字の大きさと行間を調節する

CSSで、文字の大きさと行間を調節しましょう。文字は、小さすぎると一気に読む気が失せますからね。ある程度大きい方がいいでしょう。

「行間」は、ボクはイケダハヤトさんのブログ記事の行間が好きなので、マネして使っています。イケダハヤト氏のブログ記事は、改行しなくてもある程度「行間」が広がっているパターンです。

.entry-content {
    font-size:17px;
    line-height:2.1em;
}


数値は、自分好みに調整して使ってください。はてなブログの場合、「デザインCSS」にコードをコピペするだけで、調節ができます。


難しい漢字は、あえてひらがなやカタカナにする

「自分はこんなに難しい漢字を知ってるんだぜ」感を出して、ここぞとばかりに難しい漢字を使って記事を書くのは、地頭の悪い証拠です。ほんとうに頭のいい人ほど、簡単な言葉で、誰にでもわかるように説明します。「ユーザビリティー」的に言うと、むしろ簡単な漢字だけを使って書いた記事のほうが、断然読みやすいですよ。

「或いは」「然し」「云々」など、キーボードで変換すればすぐ出てきますね。それがブログ記事中に出てきたら、「わずらわしくて読む気が失せる」ということです。



どうでしたか?参考になりそうな箇所だけでも良いので、上記のやり方で記事をカスタマイズしてみてください。今よりもっと、読みやすいブログになるはずですよ。

では、インターネットの世界でまた会いましょう。




トップへ戻る