あさくまろん

初心者でもできる!!うねりを使って平泳ぎを泳ぐ方法

f:id:asakumamasaru:20170621113758p:plain

初心者でもできる!!うねりを使って平泳ぎを泳ぐ方法っていう話。


ごきげんよう。

北九州市のブロガー、アサクママサル@M_Asakumaです。

平泳ぎで前に進まないってこと、初心者ではよくありますよね。それでも、早く泳いでる気分を味わいたいときは、ボクが自己流で編み出した、平泳ぎを早く泳ぐコツをご紹介します。正式な平泳ぎとは異なるため、平泳ぎのバリエーションとして、活用してみてください。


うねりを使って平泳ぎを泳ぐ方法

2016年9月頃の水泳初心者の僕でも、うねりを使うことで平泳ぎを速く泳ぐことができました。


上下動のうねりを使って泳ぐ


うねるという動作は、バタフライ初級の動きで出てきます。バタフライの練習で、イルカ飛びというのを教わるんですが、深く潜って浮かび上がってくる動きです。バタフライを習得するために、必要な動きですね。

バタフライのうねりの要領で、キックで伸びながら拳2つ分くらい水中に向かって斜め下に潜っていきます。上半身が浮かび上がるタイミングに合わせて、腕の搔きで浮力を使って斜め上前方に向かって上半身を上昇させ息継ぎをします。

うねりを活用することで、平泳ぎのキックがヘタでも、前にすすめるようになります。


足のキックは、ウィップキックをする


ウィップキックというのは、足の裏のかかとで水を後ろにけるキックです。後ろに蹴るっていうのがポイントで、足を大きく開いて足の間に水を挟んで泳ぐ、ウェッジキックとは別の方法ですね。ボクは、ウェッジキックが苦手でしたので、よくウィップキックの練習をしてました。

キックは、体を水平に保つために、斜め前方下に向かって頭から水に突っ込んで、背中から腹にかけてが水に浮かぶイメージで後方の斜め上にけりましょう。この背中から腹にかけて水に浮かぶイメージができると、いい感じに前にすすめるようになります。そうすると、足が自然と浮かんでくるため水平姿勢を保ちやすくなります。


腕の搔きは、斜め上に向けてハートを描くようにかく


腕をハートを描くように動かすやり方は、平泳ぎ初級の動きです。腕を開いて、閉じて、水を抱えるイメージですね。腕の搔きは、上半身が浮かび上がるタイミングに合わせて、斜め上に向けてハートを描くように掻きましょう。脇を閉めて水を抱えるときは、手のひらは上向き、水上に向けます。


うねりを使った平泳ぎのまとめ


バタフライのうねりの泳ぎ方をイメージして25メートル泳いでみましょう。前後と上下動のうねりを使った推進力で、前に進んでいきます。泳ぎ方は、うねりを使ったウェーブ泳法です。かかとを使った斜め上後方へのキックで水中に潜って、斜め上前方に向かってハートを描くように腕をかいて水面に上がります。



では、インターネットの世界でまた会いましょう。そしてボクと一緒にガンガンやりたいことやっていきましょう。

トップへ戻る