あさくまろん

疲れやすい方必読!!ボクが実践してる疲れない方法

f:id:asakumamasaru:20170621001504p:plain

疲れやすい方必読!!ボクが実践してる疲れない方法っていう話。


ごきげんよう。

北九州市のブロガー、アサクママサル@M_Asakumaです。


「体質的に疲れやすい方、無理してませんか?」

ボクは、かなり神経質な性格なので、ちょっといつもと違うことして無理すると、すぐにバテてしまいますw

最近は、毎日のようにジムに通ってるので、頭痛が発症することはなくなったんですが、ジムで得た経験を元に、疲れない方法を考えてみました。

疲れる原因っていうのをよくよく考えてみると、対策方法が見えてきます。

ボクが頭痛を完治させた方法については、頭痛持ちさんは絶対見るべし!!ボクが偏頭痛を完治させた方法の記事で書いてますので併せてどうぞ。


ボクが実践している疲れない方法

疲れるっていうのは、いつもと違うことを無理して頑張っているから起こる現象なんです。

ということは、いつもやっているリラックス法を、いつでもどこでも実践することで、疲れにくい身体を作ることができるんです。


忙しくても食事は3食きっちり食べる

疲れやすい方の傾向として、忙しいときに食事を抜いていることが挙げられますね。

食事というのは、身体中にエネルギーを送り出す大事な作業ですので、基本的にどんな忙しい状況でも、抜かないようにしましょう。

「食事なんて言うものは、テーブルに座って、きちんとしたものを食べることにこだわる必要はないですw」

栄養学的に言うと、バランスの良い食事が理想ですが、そんなひまがないほどに忙しいときは、コンビニで、牛乳とサンドイッチでも、牛乳とおにぎり2個でもいいので買って、どこでもいいので座れるところを見つけて、食べることです。

食べることで、身体の血流が良くなり、栄養が全身にいきわたります。

昔から3食きちんと食べましょうって言われるのは、それなりに意味のある先人の知恵なんですね。

むしろ疲れやすい方は、お昼のあとの3時のおやつも軽く食べたほうが、より疲れにくくなるはずです。

「おやつの食べ過ぎは、晩御飯に影響が出るのでよくないですけどw」

ボクは2017年6月20日の今日、ものすごく忙しかったので、朝はセブンイレブンの卵ロールと牛乳、昼はセブンイレブンのガーリックバターチキン弁当と豚汁を買って食べました。

朝昼とまとめて買っておけば、食いっぱぐれることもありませんw


どこにいてもストレッチをする

いつもと違う状況にいると、人間の身体は硬直してしまいやすいんです。

硬直しているっていう状態は、ものすごく血流が悪いです。

血流の悪化と体調不良は、即連結してますからね。

病院の待合室でじっとしてるとか、もう最悪の状況です。血流が滞って、体調を崩しやすくなります。

ボクはばあちゃんの退院手続きと、もともといた施設への移動手続きの間の空き時間に、頻繁にストレッチをしてました。

具体的に言うと、病室から出て、病院内にある、電話可能区域に移動して、ウォークマンで音楽を聴きながら、足のストレッチから始めます。

「立ったまま足を横に広げていき、すもうのシコのポーズをとり、肩から上に腕を伸ばして、、、」

と自分の好きなストレッチを10分位かけて、入念にします。

同じストレッチ動作を、何度も繰り返して行うことで、身体中に血が巡っていくのがわかります。

少し汗ばむくらいがちょうどいいです。

ストレッチすること前提で出かけてますので、汗拭き用のタオルは必ず持参してます。

このストレッチ動作を、時間を見つけては何度も実践しましょう。

一回だけでもいいんですが、何度も合間を見てストレッチをすることで、常に血流がよい状態を保てます。

ただでさえいつもと違うことをして、身体がストレス状態にあるんですから、ストレッチして身体をいたわりましょう。

実践してみると、身体が疲れていないことに気付くはずです。

ボクは、毎日練習するくらいダンスが好きなので、その場から動かないでできる、ハンドウェーブの動きや、ショルダーの動きもストレッチと一緒にやってます。

「テンションも上がって、最高に気持ちいいですw」



では、インターネットの世界でまた会いましょう。


トップへ戻る